2015/10/15

新規上場した、Webクリエイター集団「カヤック」。初値は大幅なプラスを予想!

東証マザーズにおいて、「カヤック」(証券コード3904)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は530円、仮条件は530円から560円、ブックビルディング期間は12月9日(火)から12月15日(月)までとなっています。

カヤックではインターネットサービスを提供することによって、「受け止めた人の心に驚きや感動をもたらすような」事業活動を行うことを目標としています。

社員のおよそ9割がWebクリエイターであり、新しいオリジナルなコンテンツやサービスをユーザーに対して様々な形で提供しているのです。

本社は鶴岡八幡宮の近くである神奈川県鎌倉市小町2-14-7にあります。また横浜支社(ヨコハマ展望台オフィス)が横浜市西区高島1-1-2にあります。トーマツが監査法人です。

カヤック(インターネット関連サービス事業)が新規上場します

インターネット関連サービス事業を主たる業務とするカヤックの新規上場が行われます。
カヤックは

従業員数200人、
社員の平均年齢29.1歳、
社員の平均勤続年数2.6年、
平均給与額およそ429.7万円

の企業です。

カヤックには

「カヤックは魔法の言葉”ありがとう”をすごく大切にする組織でありたい」
「ブレインストーミングを活用する」
「チーム戦が好きな仲間が集まっているが馴れ合いの集団ではなく1人1人が強さを持って仲間を助け合える集団でいたい」
「主体性を持った人が増えれば増えるほど人も社会も面白くHappyになる」
「何事も面白がれる社員ばかりの組織にしたい」
「アイデアいっぱいの人は深刻化しない」
「仲間を助ける力を持て」
「仲間に助けてもらう勇気を持て」
「作る人を増やす」
「面白法人」
「ありがとう」

などのように、様々な経営理念や大切にしている言葉があります。

またカヤックの主な事業内容については、

「クライアントワーク(クライアントのマーケティング及びブランディングを新しい技術やアイディアを用いたインターネット広告で支援する事業)」
「ソーシャルゲーム(Apple Inc.が運営するApple StoreやGoogle Inc.が運営する Google Playなどのプラットフォームを通じてゲームを提供する事業)」
「LOBI(ユーザー間の交流を活性化するスマートフォンゲームに特化したコミュニティ事業)」

の3つがその中心となっているのです。

クライアントワークについて

クライアントワークはカヤックの創立時から行っているサービスです。クライアントワークではインターネット広告コンテンツを企業向けに制作しています。

最近ではスマートフォンアプリとアクションホラー映画「貞子3D2」(角川書店配給)を連動させた「スマ4D」など、

セカンドスクリーン等の高付加価値な最新技術を活用したコンテンツ制作やWebキャンペーンなどを行っています。

またインターネット上にとどまらず、さらにオキュラスを使って渋谷パルコ前で放課後デートが体験できる、「明治エッセルスーパーカップ」20周年記念イベントと連動した新しい広告キャンペーンの企画や運営などにも取り組んでいるのです。

最先端のノウハウや技術などを新しい取り組みにチャレンジすることで蓄積して、さらにそれらを活用することで高付加価値・高品質なサービスの提供を実現しています。

またSNSを積極的に活用することによって、SNS上で話題を集めることで相乗効果が期待できる広告活動などの展開にも力を入れています。

ソーシャルゲームについて

スマートフォン向けネイティブアプリとして、カヤックではソーシャルゲームを提供する事業も行っています。Apple StoreやGoogle Playなどが主な提供先です。

ユーザーが他のユーザーと協力することでゲームを有利に楽しめることが、ソーシャルゲームの大きな特徴となっています。

そのためカヤックではユーザーが強い仲間意識を感じながらコミュニケーションを図れるようなゲームの提供に力を入れているのです。

これまでには累計480万ダウンロードを記録した「僕らの甲子園!」シリーズなどのタイトルの提供を行っています。

また「面白法人」として、オリジナリティのある個性的な新しいコンセプトによるタイトルをユーザーに提供することを今後の方針としているのです。

また他社と共同でタイトルの開発を行い、開発リスクの低減やブランド・技術・ノウハウなどの共有化を図る事業展開なども行っています。

Lobiについて

カヤックでは「Lobi(スマートフォンゲームに特化したゲームコミュニティ)」の企画や運営などを行っています。

Lobiにはランキング機能、プレイ動画の録画機能、ユーザー間のチャット機能などが搭載されています。

ユーザーはLobiを活用することでスマートフォンゲームをより深く楽しむことができるのです。

SAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダー)が導入しやすいサービスを提供することによりタイトルのARPU等の指標や継続率を向上させながら、口コミによる拡散効果などによりさらにユーザー数の拡大を図ることを目指しています。

Lobiは平成26年10月の時点において、Apple StoreやGoogle Playにおける売上ランキングトップ20タイトル中の4タイトルに導入されています。

またトップ20タイトルの全てに対して、Lobi内において公式または非公式のコミュニティが存在しています。

「面白法人」ブランドについて

カヤックでは優秀な人材の確保やコンテンツの強化のために、「面白法人」ブランドの価値向上が今後重要になると考えています。

面白法人ブランドというカヤックの理念が浸透することで、これに共感する人材の採用強化につながるのです。

また新しい基準により獲得した人材によって今後さらにクリエイティビティの高いコンテンツが制作され、既存ユーザーに対するロイヤリティの向上と潜在的ユーザーに対するマーケッティングの強化に資することが期待されています。

ユーザーに対して新しいアイディアや技術を活用した「面白い」コンテンツを提供することにより、

カヤックのブランド価値自体が強化されてさらに「面白い」コンテンツを提供することができるという、スパイラル的な事業の拡大発展を目指しているのです。

業績の推移について

カヤックの業績については、売上高は美しい右肩上がりの成長が続いています。


また経常利益や純利益については年度によりまちまちであり赤字の年度などもあるようです。キャッシュフローについては純利益を大幅に上回るプラスとなっています。

2013年12月期における自己資本比率は39.8%、自己資本利益率は21.4%です。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるという傾向があります。

トピックスなどに比較すると東証マザーズでは上値の重い展開が続いていましたが、10月16日を底として現在では上昇が続いています。

上場規模について

最大で8.4億円ですから、カヤックの新規上場の規模は小さいといえます。上場規模が小さい方が初値は高くなるようです。

また公開比率については21%とやや低めです。公開比率が低い方が高い初値リターンを期待できるようです。

90日間のロックアップが

株式会社サイバーエージェント、株式会社スタートトゥデイ、貝畑政徳、久場智喜、柳澤大輔

に対して設定されています。ロックアップの解除は1.5倍です。

カヤックのIPOについてまとめてみました

カヤックは広告コンテンツの製作やスマートフォンゲームの提供、またスマートフォンコミュニティの企画運営などの事業を行っています。

事業内容については投資家の関心が高く人気化しやすい業種だといえます。
また「面白法人」というユニークなキャッチフレーズからもわかるとおり、特にネット上においてはかなりの知名度が期待できるようです。

2014年も終わりに近いクリスマスに上場を行うことなどもユニークです。

上場規模が小さめであることや、保有割合の大部分を創業者が占めていることなども有利ですし、話題性の高さなどと合わせて初値については大幅なプラスが予想されています。

大和証券が主幹事であり、その他にはいちよし証券、野村證券、マネックス証券、SBI証券などでも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

スシローグローバルホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの3,600~3,900円に!

出典:スシローグローバルホールディングス 2017年3月13日、東証で3月下旬に …

デファクトスタンダードのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1500~1630円に!

出典:デファクトスタンダード 2016年8月12日、東証マザーズで8月下旬に新規 …

SYSホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2,360~2,560円に!

出典:SYSホールディングス 2017年6月12日、東証JASDAQスタンダード …

プレミアグループのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,260~2,320円に!

出典:プレミアグループ 2017年12月4日、東証2部で12月下旬に新規上場を控 …

ティビィシィ・スキヤツト(TBCSCAT)のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,400円に!

出典:ティビィシィ・スキヤツト 2016年12月5日、JASDAQスタンダードで …

アークンのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1230~1360円に!

出典:アークン 2015年12月2日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えて …

ノムラシステムコーポレーションのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る920~960円に!

出典:ノムラシステムコーポレーション 2016年8月26日、東証JASDAQスタ …

イトクロのIPO投資、吉と出るか凶とでるか?

東証マザーズにおいて、「イトクロ」(証券コード6049)のIPO(新規上場)が行 …

オイスターバー経営のヒューマンウェブが新規上場!気になる初値は?

東証マザーズにおいて、「ヒューマンウェブ」(証券コード3224)のIPO(新規上 …

壽屋(コトブキヤ)のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1,980~2,000円に!

出典:壽屋 2017年9月6日、東証JASDAQスタンダードで9月下旬に新規上場 …