2015/10/15

新規上場したメディカル・データ・ビジョン。初値はプラスリターンを予想!

東証マザーズにおいて、「メディカル・データ・ビジョン」(証券コード3902)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は4980円、仮条件は4980円から5180円、ブックビルディング期間は12月2日(火)から12月8日(月)までとなっています。

メディカル・データ・ビジョンはシステム開発や保守、テータ提供やコンサルティング提供などを医療機関・健康保険組合・製薬会社などに対して行う企業です。

膨大な健康や医療に関するデータを高いセキュリティー環境で蓄積することにより、これを活用した医療消費者や生活者に対するメリットの創出を目指しています。

本社の所在地は東京駅と秋葉原駅の中間あたりとなる、東京都千代田区神田美土代町7番地です。トーマツが監査法人です。

メディカル・データ・ビジョン(医療情報データ管理事業)が新規上場します

医療情報データ管理事業を主たる業務とするメディカル・データ・ビジョンの新規上場が行われます。

メディカル・データ・ビジョンは

従業員数142人
社員の平均年齢38.5歳
社員の平均勤続年数3.1年
平均給与額およそ495.0万円

の企業です。メディカル・データ・ビジョンでは、健康や医療に関するデータの蓄積を行い、また医療機関等に対する経営支援システムの開発・企画・販売・保守などの業務を行う「データネットワークサービス」と、

蓄積した健康や医療に関するデータの二次利用許諾権をデータ元である医療機関等から得た上で、各種法人(製薬会社や研究機関など)に対してデータの提供を行う「データ利活用サービス」を事業の中心として行っています。

データネットワークサービスについて

メディカル・データ・ビジョンでは医療機関や保険組合などに対して、経営支援システムを提供するのと同時に医療や健康に関する情報を収集する事業を行っています。

病院向けのシステムとしては「Medical Code」「EVE」「EVE-ASP」、

診療所向けのシステムとしては「カルテビジョン」、

保険組合向けのシステムとしては「けんぽアナライザー」などの展開を行っているのです。

病院向けのサービス

急性期病院に対するDPC制度の導入が、平成15年度において厚生労働省により決定されました。

これにより急性期病院では診療行為の内容に関する精査を行うと共に、DPC制度への移行による収益構造への影響を分析する必要が生じたのです。

またDPC制度では全国統一形式による診療情報の生成や厚生労働省に対する届出を行うことを急性期病院に義務付けていますので、これまで独自のフォーマットを採用していた急性期病院では自院における経年変化分析やベンチマーキング分析などを行うことが困難となりました。

このような背景に基づいてメディカル・データ・ビジョンでは「MedicalCode」「EVE」「EVE-ASP」などのシステムの提供を行っています。

これらのシステムを提供することによりDPC制度を導入した急性期病院に対して、ベンチマーキング・医療資源・在院日数・原価などの様々な経営や臨床のサポートを行っているのです。

メディカル・データ・ビジョンが提供するシステムは医療の質と経営の両面で急性期病院を支援しています。

診療所向けのサービス

2025年(平成37年)には団塊の世代が75歳を迎えることになります。

これに向けて医療機関・薬局・介護事業所などが連携して対応を行うことが求められており、特に診療所の医師に対しては地域医療の担い手となることが期待されているのです。

このようは背景に基づいてメディカル・データ・ビジョンでは診療所向けのサービスとして「カルテビジョン」の提供を行っています。

カルテビジョンには慢性疾患の患者の重症化を防ぐための継続的な診療を行うことなどによって、地域患者の信頼獲得のために貢献する「電子カルテ」などの機能が搭載されています。

健康保険組合向けのサービス

医療費供給元のひとつである健康保険組合に対しては、医療費の高騰が叫ばれる中でジェネリック医薬品の利用促進や生活習慣病の予防などによる医療費の適正化が求められています。

このようは背景に基づいてメディカル・データ・ビジョンでは健康保険組合向けのサービスとして「けんぽアナライザー」の提供を行っています。

加入者に関する医療費や健康課題の分析、また保険事業の評価などを行うことができる機能により医療費の適正化をサポートします。

データ利活用サービスについて

・法人向けのサービス

メディカル・データ・ビジョンではDPCデータの提供を同社サービスを導入している医療機関などから受けることにより、民間最大級の規模となるデータベースの構築を行っています。

また構築したデーターベースに蓄積されたデータにより、

「MDV analyzer(WEB分析システム)」
「アドホック調査サービス(個別調査サービス)」

などを研究機関や製薬会社などに提供しているのです。

従来では十分なデータを得ることができなかったため病院における薬剤などの処方実績を把握することが難しかったのですが、メディカル・データ・ビジョンではデータベースを構築することによってこれらに関するデータの把握や分析などを可能にしました。

例えばどの製薬会社のどの薬剤に効果が現れているのか、またどの製薬会社のどの薬剤がどのような診療科でどのように患者に処方されているのかなどについて、具体的に把握や分析を行うことができるのです。

個人向けのサービス

メディカル・データ・ビジョンでは、加入者自身が自らの受診記録や検診記録などに基づいて、健康保険組合に蓄積された検査結果や処方薬や医療費などに関する情報の閲覧ができる「めでぃログ」のサービスを展開し、現在その拡大のために積極的に取り組んでいます。

業績の推移について

メディカル・データ・ビジョンの業績については、売上高はこれまで年度によりまちまちでしたが、ここ数年は右肩上がりの美しい上昇が続いています。

経常利益や純利益についても年度によってまちまちですが、こちらは若干不安定な傾向が続いているようです。2014年3月期における自己資本比率は82.1%、自己資本利益率は20.7%です。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていれば高いリターンが期待できるでしょう。
東証マザーズではこれまで順調な上昇が続いていましたが、10月半ばをピークとして現在は下落が続いています。

上場規模について

最大で13.8億円ですから、メディカル・データ・ビジョンの新規上場の規模は東証マザーズの上場としては標準的だといえるでしょう。

上場規模については小さい方が初値が高いことが多いようです。

また公開比率も25%と標準的です。

第一生命保険株式会社、三菱商事株式会社、シミックホールディングス株式会社、

富士フイルム、コムコ株式会社、株式会社ヒューマンテクノシステム、

株式会社メディパルホールディングス、西武しんきんキャピタルTAMAファンド2号、

代表取締役社長岩崎博之、専務取締役浅見修二、取締役柳澤卓二、

取締役木村右子、監査役中川治、棚岡滋

に対してはロックアップが180日間設定されています。

ロックアップの解除条項などは特に設定されていません。

メディカル・データ・ビジョンのIPOについてまとめてみました

医療機関を対象としたシステムを提供するIT企業のIPOについては、これまでは比較的騰落率が高くなる事例が多かったようです。

高齢化社会の到来に伴う広義の健康関連銘柄ですから、テーマ性についても高いといえるでしょう。

また値嵩株であり1単元の金額が高いことなども有利だといえます。ただし各社のIPOが集中する上場スケジュールであることについては注意が必要かもしれません。

初値についてはプラスリターンとなることが予想されています。値嵩株であり相対的に高いリターンが期待できることからも、積極的に狙いたい銘柄だといえるでしょう。

SMBC日興証券が主幹事であり、その他にはエース証券、いちよし証券、岩井コスモ証券、みずほ証券、大和証券、SBI証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ロックオンのIPO情報!人気のネット関連企業で強気スタンス

出典:株式会社ロックオン
東証マザーズにおいて、「ロックオン」(証券コード3690)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1200円、仮条件は1200円から1300円、ブックビルディング期間は8月29日(金)から …

パートナーエージェントのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1160~1260円に!

出典:パートナーエージェント
2015年10月8日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を控えている「パートナーエージェント」の仮条件が発表されました。価格は1160~1260円。想定価格の1160円をやや上回る水準です …

ソフトウェア開発のsMedio。新規上場後の初値はどうなる?

東証マザーズにおいて、「sMedio」(証券コード3913)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2400円、ブックビルディング期間は3月12日(木)から3月18日(水)までです。
日本において創業したsMed …

ミドルウエアを中心とするソフトウエアの開発企業、CRIミドルウエアが新規上場!初値は大きくプラスとなるか!?

東証マザーズにおいて、「CRIミドルウェア」(証券コード3698)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2300円、仮条件は2100円から2400円、ブックビルディング期間は11月7日(金)から11月13日(木 …

プロパティエージェントのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1400円に!

出典:プロパティエージェント
2015年12月2日、JASDAQスタンダードで12月下旬に新規上場を控えている「プロパティエージェント」の仮条件が発表されました。価格は1360~1400円。想定価格の1360円をやや上 …

IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確率で利益を得られるのです。そのため、人気が高く、多くの投資家がIPO株を手に入れたいと思っています。
しかし、IPOも株式投資であることを忘 …

ユーザーローカルのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2,780~2,940円に!

出典:ユーザーローカル
2017年3月10日、東証マザーズで3月下旬に新規上場を控えている「ユーザーローカル」の仮条件が発表されました。価格は2,780~2,940円。想定価格の2,860円をやや上回る水準です。ブック …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2350円、仮条件は2600円から2800円、ブックビルディング期間は2月2日(月)から2月6日( …

クラウドサービス事業のジグソーが新規上場!初値は大幅なプラスを予想!

東証マザーズにおいて、「ジグソー」(証券コード3914)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2090円、仮条件は2090円から2390円、ブックビルディング期間は4月13日(月)から4月17日(金)までです。 …

モッピー運営の「セレス」IPO!その成長性から高めの初値予想!

東証マザーズにおいて、ポイントサイトの「モッピー」などを運勢する株式会社「セレス」(証券コード3696)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1850円、仮条件は1660円から1860円、ブックビルディング期間 …