日本郵政グループのIPO仮条件が公開!日本郵政は1100~1400円!

日本郵政2015年10月7日、日本中の投資家が注目している今年最大の上場イベント「日本郵政」・「かんぽ生命保険」・「ゆうちょ銀行」のIPOの仮条件が遂に発表されました。
日本郵政(証券コード:6178)は1100~1400円。かんぽ生命保険(証券コード:7181)は1900~2200円。ゆうちょ銀行(証券コード:7182)は1250~1450円とほぼ想定価格通り。ブックビルディング(需要申告)は、明日の10月8日からスタートします。

日本郵政株式会社 株式会社かんぽ生命保険 株式会社ゆうちょ銀行
銘柄コード 6178/東 7181/東 7182/東
仮条件 1100~1400円 1900~2200円 1250~1450円
国内売出し株式数 3億9600万株 5280万株 3億2995万3800株
申込株数単位 100株単位
ブックビルディング期間 10/8~10/23 10/8~10/16
売出し価格決定日 2015年10月26日 2015年10月19日
購入申込期間 10/27~10/30 10/20~10/23
上場予定日 2015年11月4日

日本郵政グループについて

日本郵政は、郵便・物流事業、金融窓口事業、銀行業、生命保険業等を手掛ける国有の巨大グループです。郵便事業株式会社と郵便局株式会社が統合した「日本郵便株式会社」、「株式会社かんぽ生命保険」、「株式会社ゆうちょ銀行」などによって構成されています。

2005年に郵政民営化法が成立し、2007年に日本郵政公社は解散。その後、民主・社民・国民新党の閣議決定により郵政株売却が凍結されるなど紆余曲折ありましたが、東日本大震災の復興財源を確保するために日本郵政株の売却凍結が解除。東京証券取引所にて日本郵政グループの3社同時上場が正式に承認されました。

日本郵政グループの業績

日本郵政の売上高は安定していますが、国民の年賀状離れに代表される取扱量の減少が原因で近年は低迷傾向にあります。
そこで「日本郵政グループ中期経営計画 ~新郵政ネットワーク創造プラン2017~」というプランを掲げ、グループが一体となってトータル生活サポート企業としての発展を目指す方針を打ち出しています。これまで国内の事業にのみ専念してきた日本郵政が海外事業を拡大しつつ少子高齢化社会に対応していけるのか、関係者の手腕が問われています。

日本郵便株式会社 株式会社かんぽ生命保険 株式会社ゆうちょ銀行
総資産 5.4兆円 84.9兆円 208.1兆円
純資産 9787億円 1.9兆円 11.6兆円
経常利益 220億円 4931億円 5694億円
純利益 154億円 817億円 3694億円

2015年3月期

総括

今回の日本郵政グループ3社同時上場は、国内最大と言っても過言ではないほどの大型規模です。少数の株を取り合う一般的なIPOのように初値が高騰する可能性はそれほど高くありません。しかも現在の日経平均は2万円を大幅に下回り1万8000円前後を推移している状態であり、地合いも極めて不穏です。

しかし、今回の計画には財務省が関与しています。上場を成功させるために政府も全力でサポートしてくることが予想されるため、公募価格割れのリスクは低そうです。
日本郵政は国民にとって非常に馴染み深いブランドであり、安心して保有できるのが魅力。すぐに売り抜けるのではなく、長期保有を意識して応募するのも一つの手です。

主幹事に指名されたのは、大和証券、野村證券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、ゴールドマン・サックス証券、シティグループ証券、JPモルガン証券、UBS証券、岡三証券、東海東京証券の計11社。その他、SBI証券松井証券カブドットコム証券などでも申し込むことが出来ます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

エルテスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1650~1790円に!

出典:エルテス 2016年11月8日、東証マザーズで11月下旬に新規上場を控えて …

ニュートンフィナンシャルコンサルティング
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングのIPOには慎重な姿勢を取るのが無難!?

東証ジャスダックスタンダードにおいて、「ニュートン・フィナンシャル・コンサルティ …

クックビズのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,070~2,250円に!

出典:クックビズ 2017年11月8日、東証マザーズで11月下旬に新規上場を控え …

11月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年11月に新規上場した7種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の …

幸和製作所のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3,220~3,520円に!

出典:幸和製作所 2017年11月9日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬 …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新 …

カチタスのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の1,500~1,640円に!

出典:カチタス 2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えてい …

SKIYAKI(すきやき)のIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同水準の3,200~3,400円に!

出典:SKIYAKI 2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を …

グレイステクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3000~3100円に!

出典:グレイステクノロジー 2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規 …

IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確 …