2015/10/06

ビーロットのIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「ビーロット」(証券コード3452)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1750円、仮条件は1810円から2010円、ブックビルディング期間は11月25日(火)から12月1日(月)までとなっています。

本社はコンラッド東京、汐留シティ、オレのイタリアンGINZAなどの近くである東京都港区新橋2-19-10となっています。

ビーロット(不動産事業)が新規上場します

不動産投資開発事業、不動産コンサルティング事業、不動産マネジメント事業などを主たる業務とするビーロットの新規上場が行われます。

ビーロットは

従業員数23人
社員の平均年齢35.9歳
社員の平均勤続年数2.2年
平均給与およそ885.8万円

の企業です。

ビーロットは投資家様向けに最適な不動産投資商品を提供することをその目的として、不動産事業を営んでいます。

事業展開は本社を中心とする関東圏の他、支社を設置している北海道圏と九州圏でも行っていますし、その他には政令指定都市圏である大阪などにおいても実績があります。

不動産投資開発事業について

ビーロットでは収益性や遵法性などの問題により価値が本来よりも過小評価された不動産の取得を行い、ビーロットの有する再生ノウハウや企画開発力により資産価値や収益性を高めた上での再販売を行っています。

不動産の収益性に問題があると判断された場合には、長期修繕計画の策定の見直し、設備の適切な回収、管理コストや管理体制の見直し、有効活用のためのテナントの誘致や用途の変更、稼働率の向上や賃料水準の改定などによる収益性の向上を目指します。

また不動産開発として大規模な建て替えやリニューアル工事を実施する場合もあります。

遵法性の問題がある不動産に関しては関連当事者や公共機関との権利調整・意見調整、また是正のための設備投資などを行います。

さらに適正な施工管理や建築企画を行い、市場の需要などについても事前に綿密な調査を行うのです。

また不良債権化した不動産への対応や、不動産情報に関する守秘製の厳守などにも力を入れています。

不動産コンサルティング事業について

不動産コンサルティング事業としては、不動産売却希望者・不動産購入希望者のニーズを把握した上で迅速な不動産の調査・査定を行うコンサルティング型不動産売買仲介事業を幅広く展開しています。

サービスの対象となる主な不動産売却希望者・不動産購入希望者は個人富裕層、個人資産管理会社、不動産法人、不動産ファンド、一般投資法人などです。

昨今では個人富裕層や個人資産管理会社を対象とした投資不動産の売買取引や、ビーロットと関連の深い専門家のアドバイスによる不良債権化した不動産資産の売却などのケースが増えています。

また東京や大阪などを中心としてビーロットが有する豊富なネットワークを活用して不動産情報の収集を行い、中期・長期的な安定した収益が期待できる不動産を探している顧客に紹介する事業なども行っています。

その他には「関東財務局長(金商)第2235号」の第二種金融取引業の登録を活用した賃料・地代の改定、土地有効活用・不動産交換などに関する提案、不動産賃貸仲介、信託受益権の売買仲介などの事業にも幅広く取り組んでいます。

ビーロットには売却不動産に関する様々な情報の蓄積がありますので、不動産投資開発事業や不動産コンサルティング事業などにおいても物件検索の際などに相乗的に情報を活用することができるのです。

不動産マネジメント事業について

ビーロットでは不動産マネジメント事業として顧客に対する投資顧問業務や顧客が有する不動産の管理運営業務などを行っています。

不動産の資産価値や不動産が生み出すキャッシュフローを向上させ最大化するために、顧客の有する不動産についてはプロパティ・マネージャー(管理運営者)として、またビーロット自身が有する不動産については不動産経営者として、不動産に対する付加価値を高めるためのマネジメント業務を行っているのです。

また不動産への投資を不動産ファンドを活用して行う顧客の資産運用に関するニーズをしっかりと把握することにより、投資物件の選定や投資期間中の管理・運営や資産売却などの各プロセスにおける効率的なサポートを実現しているのです。

業績の推移について

ビーロットの業績については売上高・経常利益・純利益は2011年度までは横ばいでしたが、2012年度以降はいずれも右肩上がりで美しく増加しています。


自己資本比率は16.4%、自己資本利益率は32.3%ですが、営業キャッシュフローについてはマイナスが続いているため要注意です。

市場トレンドについて

初値については、インデックスの上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるようです。

東証マザーズではこれまで軟調な展開が続いていましたが、現在は下げ止り上昇に転じたようです。

上場規模について

最大で2.0億円ですから、ビーロットの新規上場の規模は東証マザーズとしても小型だといえます。

上場規模が小さい方が初値は高くなるという傾向があるようです。

また公開比率についても11%と低めになっています。

有限会社マーチャント・サービス・ジャパン、株式会社アイネット、
株式会社エムアンドエム、バウ設計株式会社、
有限会社ティーアンドユートレーディング、Bang-Joo Lee、Kwan-Young Kim、
望月雅博、宮内誠、望月文恵、岡島伸治、大崎宣哉、
出口康之、外川太郎、岡本康裕、長谷川進一、田代宏樹、
波光史成、越川淳平、江崎憲太郎、勝又清志

に対してはロックアップが90日間設定されています。

ビーロットのIPOについてまとめてみました

異次元緩和とリフレ政策の発動により、不動産業界は過去2年間回復傾向が続いてきました。

不動産という業種そのものについてはIPO人気はイマイチなのですが、リフレ政策の後押しにより近年の不動産関連企業IPOでは好調が続いているようです。

アズマハウスが10.0%
東武住販が12.0%
日本アクアが24.9%
イーグランドが27.3%
など堅調なリターンが続いていますし、さらに

オウチーノでは130.0%
エスクロー・エージェント・ジャパンでは290.8%

と大幅なプラスリターンを記録しました。

ビーロットのIPOについては同時期に複数のIPOが予定されていることには注意が必要ですが、上場の規模が小さいことなどからも好調な初値が期待できるのではないでしょうか。

SBI証券が主幹事となっており、その他には極東証券、エイチ・エス証券、東洋証券、東海東京証券、岡三証券、みずほ証券、SMBC日興証券でも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

インターネット・マーケティングを手掛けるGMO TECH(GMO テック)のIPO情報!業績はキレイな右肩上がり!

東証マザーズにおいて、「GMO TECH(GMO テック)」(証券コード6026)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は5760円、仮条件は5000円から5800円、ブックビルディング期間は11月26日(水)か …

ジャパンインベストメントのIPO初値予測!やや強気での投資スタンスを推奨

出典:株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー
東証マザーズにおいて、「ジャパンインベストメントアドバイザー」(証券コード7172)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2470円、仮条件は2350円から25 …

テモナのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,400~2,550円に!

出典:テモナ
2017年3月21日、東証マザーズで4月上旬に上場を控えている「テモナ」の仮条件が発表されました。価格は2,400~2,550円。想定価格の2,400円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明 …

串カツ田中のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3610~3900円に!

出典:串カツ田中
2016年8月29日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を控えている「串カツ田中」の仮条件が発表されました。価格は3610~3900円。想定価格の3610円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要 …

人気ラノベを多数出版する「アルファポリス」IPO投資は期待大?!

東証マザーズにおいて、「アルファポリス」(証券コード9467)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2100円、仮条件は2100円から2200円、ブックビルディング期間は10月15日(水)から10月21日(火) …

再生細胞事業のサンバイオ。IPOは大型の上場規模がマイナス作用か。

東証マザーズにおいて、「サンバイオ」(証券コード4592)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2170円、仮条件は1600円から2000円、ブックビルディング期間は3月23日(月)から3月27日(金)まで、上 …

IPOが創業者利益を得る手段のトレンドになっている!?

IPOで利益を得るのは投資家だけではありません。創業者にも大きなメリットがあるのです。立ち上げた企業を上場させて莫大な利益を得るために行うのもまたひとつのトレンドとなっています。
そもそも創業者利益というのがどんなものか …

グラフィコのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1970~2160円に!

出典:グラフィコ
2015年12月8日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「グラフィコ」の仮条件が発表されました。価格は1970~2160円。想定価格の1970円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申 …

アークンのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1230~1360円に!

出典:アークン
2015年12月2日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えている「アークン」の仮条件が発表されました。価格は1230~1360円。想定価格の1230円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告) …

IPOを信用取引すれば、間違いなくより大きく儲けられる?

よくある質問に、IPOも信用取引ができるのかどうか、というのがあります。
まず、信用取引について説明すると、証券会社から資金を借りて株の売買をするということです。FXのように自己資金にレバレッジをかけるようなもので、株の …