2015/10/05

PCやデジタル家電のトラブルサポートを行う日本PCサービスが新規上場!右肩上がりの売上です!

名証セントレックスにおいて、「日本PCサービス」(証券コード6025)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は430円、仮条件は430円から480円です。ブックビルディング期間は11月7日(金)から11月13日(木)となっています。

新幹線の停車駅である新大阪駅から北に向かい車で7分ほど進んだ場所である、大阪府吹田市広芝町に本社があります。梅田まで電車で15分程度、また道頓堀までも電車で30分程度ですから、便利な場所だといえるでしょう。

日本PCサービス(PC関連サポート事業)が新規上場します

PC関連サポート事業を主たる業務とする、日本PCサービスの新規上場が行われます。

日本PCサービスは

従業員数158人
社員の平均年齢31.1歳
社員の平均勤続年数2.8年
平均給与額およそ334.9万円

の企業です。

日本PCサービスでは電話または訪問により、パソコンやタブレットやデジタル家電などネットワーク対応機器の設置やトラブルなどに対するサポートを行う事業を展開しています。

サポートの具体的な内容については、フィールドサポート事業と会員サポート事業がその中心となります。

フィールドサポート事業について

日本PCサービスではフィールドサポート事業として、年中無休・全国対応でパソコンやIT機器等のトラブル解決を行うサービスを提供しています。

直営店舗を関東・中部・関西・九州などの主要都市に設置し正社員を配置していますし、加盟店契約を締結したサポート業者を通じてそれ以外の地域でもサービス展開を行っています。

また即日訪問でデータの復旧や移行や廃棄、機器の設置や設定やトラブルの解決などをワンストップで行う「駆けつけサポート」や、ネットワーク対応危機などのセットアップを提携する企業に代わって日本PCサービスが代行する「代行設定サポート」などのサービス展開も行っています。

会員サポートセンター事業について

日本PCサービスでは会員サポートセンター事業として電話または遠隔操作(リモート)により、委託契約を締結している提携企業の会員に対して、パソコンなどネットワーク対応機器に関する設定や故障等に関するサポートサービスを提供しています。

コールセンターでは特殊なソフトなどを必要としないリモートソフトを使用していますので、インターネットに接続できる環境があれば簡単かつ安全に遠隔操作によるサポートを受けることができるのです。

パソコンはもちろんですがタブレットやスマートフォンやデジタル家電などの様々な機器に対応していますし、TwitterやFacebookなどのソフトに対するサポートにも対応しています。またさらに現地における対応が必要な場合には、訪問サポートの案内などを顧客に対して行っています。

業績の推移について

日本PCサービスの業績については、右肩上がりの美しい売上高の成長が続いています。

また経常利益や純利益についてはこれまでは会計期間ごとにまちまちだったのですが、今期の第3四半期において過去6年間で最高の数字を記録しました。自己資本比率は35.2%、自己資本利益率も35.2%となっています。

市場トレンドについて

上場直前3ヶ月間のインデックスが上昇トレンドの状況だと初値リターンが高い傾向となっています。名証セントレックスでは8月下旬をピークに下降トレンドが継続しているようです。

上場規模について

最大で1.25億円ですから、日本PCサービスの新規上場の規模は小規模だといえるでしょう。上場規模については小さい方が初値が高いことが多いようです。

また公開比率は標準的な24%となっています。

180日間のロックアップが

羽根田昭仁
守屋博隆
奥田恵一郎
家喜信行

に対して設定されています。

また90日間のロックアップが

ジャパンベストレスキューシステム株式会社、
ジャフコV2共有投資事業有限責任組合
明治キャピタル9号投資事業組合
ジャフコV2-W投資事業有限責任組合
ジャフコV2-R投資事業有限責任組合
に対して設定されています。

ただし

ジャフコV2共有投資事業有限責任組合の52,900株
ジャフコV2-W投資事業有限責任組合の4,900株
ジャフコV2-R投資事業有限責任組合の2,200株
については1.5倍でロックアップが解除されることになります。

日本PCサービスのIPOについてまとめてみました

日本PCサービスの事業内容はパソコン関連のサポートであり標準的なものとなります。

名証セントレックスへの上場ですので、参加するのは個人投資家がほとんどで機関投資家の参加はほとんど見込めないでしょう。

ただし最近では地方市場への上場であってもポバール工業(名証二部)が6.6%のプラス、アメイズ(福証)が9.2%のプラスなどと検討していますので、日本PCサービスについてもある程度の初値リターンが期待できるのではないでしょうか。

東海東京証券が主幹事であり、その他には岩井コスモ証券、マネックス証券、SMBC日興、SBI証券などでも申し込むことができます。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

鳥貴族のIPO情報総まとめ -初値予想とMy投資スタンス

出典:ayustety
東証JASDAQスタンダードにおいて、「鳥貴族」(証券コード3193)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2590円、仮条件は2590円から2800円、ブックビルディング期間は6月24日 …

クラウド関連サービス事業のオプティム(OPTiM)が新規上場しました。初値はどれほど期待できるのでしょうか?

東証マザーズにおいて、「オプティム(OPTiM)」(証券コード3696)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3930円、仮条件は3700円から4000円、ブックビルディング期間は10月6日(月)から10月10 …

不動産管理事業のシーアールイー、IPO初値は期待はずれに終わるか?

東証2部において、「シーアールイー」(証券コード6040)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3620円、仮条件は3450円から3620円、ブックビルディング期間は4月6日(月)から4月10日(金)まで、上場 …

グレイステクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3000~3100円に!

出典:グレイステクノロジー
2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「グレイステクノロジー」の仮条件が発表されました。価格は3000~3100円。想定価格の3,010円をやや上回る水準です。 …

topix01
IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになかなか当たらないというのが常識です。
しかし、現実にはIPOをゲットしている人も少なくありません。どのようにしたらIPOを確実に手に入れるこ …

シェアリングテクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,560~1,600円に!

出典:シェアリングテクノロジー
2017年7月14日、東証マザーズと名証セントレックスで8月上旬に新規上場を控えている「シェアリングテクノロジー」の仮条件が発表されました。価格は1,560~1,600円。想定価格の1, …

VOYAGE GROUPのIPO初値は強気予想!ECナビの運営や成長著しいアドテク分野で強み

出典:株式会社VOYAGE GROUP
東証マザーズにおいて、「VOYAGE GROUP」(証券コード6096)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2200円、仮条件は2200円から2400円、ブックビルディン …

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多くの場合において、初値は公募価格よりも高くなるのでキャピタルゲインが得られるというわけです。
しかし、稀にですが公募価格よりも初値が安くなって …

分譲マンション建設事業のファーストコーポレーションが新規上場!初値のプラスリターンは期待できる?

東証マザーズにおいて、「ファーストコーポレーション」(証券コード1430)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1530円、ブックビルディング期間は3月6日(金)から3月12日(木)までです。また上場予定日は3 …

ニュートンフィナンシャルコンサルティング
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティングのIPOには慎重な姿勢を取るのが無難!?

東証ジャスダックスタンダードにおいて、「ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング」(証券コード7169)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3320円、仮条件は3000円から3320円、ブックビルディング …