2015/10/05

介護医療関連分野の事業を展開するエランが新規上場!徹底分析しました!

東証マザーズにおいて、「エラン」(証券コード6099)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1620円、仮条件は1620円から1750円、ブックビルディング期間は10月20日(月)から10月24日(金)までとなっています。

本社は長野県松本市であり、新宿から特急あずさで行くことができます。またその他に支店が札幌、相模原、名古屋、金沢、大阪、広島、四国、福岡にあります。

エラン(介護医療関連事業)が新規上場します

介護医療関連事業を主たる業務とするエランの新規上場が行われます。エランは

従業員数114人
社員の平均年齢30.2歳
社員の平均勤続年数3.5年
平均給与額およそ479.5万円

の企業です。

エランでは病院、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどへの入院患者や入居者を対象として、日常生活用品の提供衣類・タオルなどの洗濯サービス付きレンタルを組み合わせた「CSセット」の展開を行っています。

CSセットのサービス内容について

エランの提供するCSセットの「CS」はケア・サポートを意味しています。日常生活用品や衣類・タオルなどを提供しますので、これにより準備の手間を省くことができるのです。CSセットを利用すれば手ぶらで入院や入所をして、手ぶらで退院や退所をすることも可能です。

入院や入所の際に必要となる日常生活用品の補充や、衣類やタオルなどの洗濯の手間などがありませんので、入院患者や入所者やその家族などの負担を軽減することができるのです。

CSセットの利用料金は入院日数や入所日数を基準として計算されます。そのため衣類やタオルなどは料金を気にすることなく自由に使うことができるのです。また入院や入所などに伴う経費の計算がしやすいことなどもメリットだといえるでしょう。

CSセットのサービス提供について

CSセットのサービスは、病院・介護老人保健施設、日常生活用品販売業者、リネンサプライ業者(シーツ・枕カバー・タオル・衣料などのレンタル業者)などによって提供されます。

保険が適用されないサービスについて病院や介護老人保健施設などが患者や入所者に料金請求を行うためには、厚生労働省が定めた基準に適合した対応を行うことが必要となります。

エランではCSサービスを厚生労働省による行政指導に合致する形態で提供していますので、病院や介護老人保健施設などは安心してCSサービスを利用することができるのです。

またその他にエランでは患者や入居者に対する説明業務や物品の保管業務などの病院や介護老人保健施設等への委託も行っていますので、病院や介護老人保健施設等の収益の向上のためにも役立つはずです。

業績の推移について

エランの業績については、売上高・経常利益・純利益ともに右肩上がりで美しく増加しています。

自己資本比率は35.9%、自己資本利益率は35.7%です。営業キャッシュフローは純利益を上回りプラスで推移しています。

市場トレンドについて

初値については、インデックスの上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるようです。好調な展開が東証マザーズでは続いていたのですが、現在では反落により苦しい展開が続いているようです。

上場規模について

最大で18.9億円ですから、エランの新規上場の規模は東証マザーズとしては標準的なものになります。上場規模が小さい方が初値は高くなるという傾向があるようです。

また公開比率については33%と大きめです。櫻井一族と経営陣に対してはロックアップが90日間設定されています。ロックアップの解除は1.5倍で行われます。

エランのIPOについてまとめてみました

エランの業務内容はタオル・衣類のレンタルや日用品の提供であり、それ自体は平凡なものだといえます。

ただし介護医療関連は現在重要性が増している分野であり、多くの注目を集める成長性の高い分野であるともいえるのです。エランの公開規模は標準的ですが、株式市場の状況がイマイチであることなどはマイナスです。初値についてはプラスのリターンが予想されています。

野村證券が主幹事で、みずほ証券が副幹事となっています。またその他には日本アジア証券、高木証券、岡三証券、エース証券、岩井コスモ、いちよし証券。マネックス証券、SBI証券、SMBC日興証券などでも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

不動産総合リートのトーセイ・リート投資法人が新規上場!初値は一体どうなるのか?

東証REITにおいて、「トーセイ・リート投資法人」(証券コード3451)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は100000円、仮条件は100000円から103000円、ブックビルディング期間は11月13日(木) …

イグニスのIPO初値はプラス予想!スマホ向けサービスの成長分野を手掛ける

出典:株式会社イグニス
東証マザーズにおいて、「イグニス」(証券コード3689)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1540円、仮条件は1700円から1900円、ブックビルディング期間は6月27日(金)から7月 …

IPOが宝くじ? いや、それ以上です!

IPOは人気ゆえに抽選になることが多く、当選するだけでも大変なので「まさに宝くじだ」という投資家も少なくありません。当選すれば高確率で利益が得られるので、むしろわりのいい宝くじです。
IPO抽選方法は資金量に関わりなく1 …

モバイルオンラインゲーム開発・運営事業を運営する「gumi」が新規上場!投資の参考情報を徹底分析しました!

東証1部において、「gumi」(証券コード3903)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3300円、仮条件は3000円から3300円、ブックビルディング期間は12月2日(火)から12月8日(月)までとなってい …

土木管理総合試験所のIPO投資スタンスは「中立」です!

東証2部において、「土木管理総合試験所」(証券コード6171)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1250円、仮条件は1200円から1250円、ブックビルディング期間は8月10日(月)から8月14日(金)、上 …

テモナのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,400~2,550円に!

出典:テモナ
2017年3月21日、東証マザーズで4月上旬に上場を控えている「テモナ」の仮条件が発表されました。価格は2,400~2,550円。想定価格の2,400円を上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は明 …

スマホのオンラインゲームを手掛けるAimingのIPO、初値はまずまずのプラスリターンと予想。

東証マザーズにおいて、「Aiming」(証券コード3921)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は900円、ブックビルディング期間は3月9日(月)から3月13日(金)までです。また上場予定日は3月25日(水)と …

リアルワールドのIPO情報まとめ!強気での投資スタンスを推奨

出典:リアルワールド
東証マザーズにおいて、「リアルワールド」(証券コード3591)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2530円、仮条件は2330円から2530円、ブックビルディング期間は9月2日(火)から9 …

デジタルコンテンツ開発のシリコンスタジオ!高い成長性に期待大!

東証マザーズにおいて、「シリコンスタジオ」(証券コード3907)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は4900円、ブックビルディング期間は2月4日(水)から2月10日(火)までとなっています。
シリコンスタジオ …

日本郵政グループ3社が新規上場!超大型のIPOは言うまでもなく大注目!!

2015年9月をメドに「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」の日本郵政グループ3社が新規上場を行う予定です。

これらは超大型のIPOであり、投資家としては見逃せない注目のIPOだといえるでしょう。
これまでには19 …