2015/10/05

モッピー運営の「セレス」IPO!その成長性から高めの初値予想!

東証マザーズにおいて、ポイントサイトの「モッピー」などを運勢する株式会社「セレス」(証券コード3696)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1850円、仮条件は1660円から1860円、ブックビルディング期間は10月3日(金)から10月9日(木)までとなっています。

セレス(インターネットメディア事業)が新規上場します

インターネットメディアの企画・開発・運営などを主たる業務とするセレスの新規上場が行われます。

セレスは

従業員数35人、
社員の平均年齢31.6歳、
社員の平均勤続年数1.9年、
平均給与額およそ407.6万円

の企業です。

セレスでは
「ポイントメディア事業」「HRメディア事業」を事業の中心としています。

登録会員が広告を閲覧することを収入源とするのがポイントメディア事業であり、検索エンジンなどから訪れたユーザーが求人広告に応募することを収入源とするのがHRメディア事業になります。

ポイントメディア事業について

セレスではポイントメディア事業として「モッピー」「モバトク通帳」などを運営しています。

それぞれ

スマホアプリのダウンロード、
広告閲覧
アンケート回答
提携サイトでの買い物
アルバイト応募
資料の請求

などによりポイントを獲得することができますし、一定以上のポイントを貯めれば現金や電子マネー、またギフトカードや提携ポイントなどに交換することができるのです。

一般消費者はこれらのサービスを無料で利用することができます。

HRメディア事業について

セレスではHRメディア事業として「モッピージョブ」を運営しています。

モッピージョブは採用課金型のパート・アルバイト求人サイトです。広告の出稿だけでは料金は発生せず、広告を見たユーザーが求人に応募して実際に採用された場合に料金が発生する採用課金型となっていることが大きな特徴だといえます。

この採用課金タイプのサービスは史上最年少で株式公開・上場を果たした村上太一氏(年齢25歳と1ヵ月)の「ジョブセンス」と同じスタイルになります。最近ではこのような採用課金制によるサイトが増えているようです。

業績の推移について

セレスの業績については、売上高は前期において一気に増加しました。

また今期第2四半期の時点においてすでに前期における年間売上高を超えているのです。

経常利益や純利益についても同様に前期において過去最高を記録し、さらに今期第2四半期の時点においてすでに前期分を超えているのです。

セレスの業績についてはモメンタム(勢い)が大きく加速しているといえるでしょう。自己資本比率は28.2%、また自己資本利益率は46.1%となっています。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できるという傾向があります。

トピックスなどと比較すると東証マザーズでは上値の重い展開が続いていますが、今後については長期的には上昇傾向が期待できるでしょう。

上場規模について

最大で11.8億円ですから、セレスの新規上場の規模は小さいといえます。上場規模が小さい方が初値は高くなるようです。

また公開比率については14%と低めです。公開比率が低い方が高い初値リターンを期待できるようです。

90日間のロックアップが

VC、住友商事、シーエー・モバイル、一部従業員

に対して設定されています。ロックアップの解除は1.5倍です。また同様に90日間のロックアップがジュノーアンドカンパニー、経営陣に対して設定されていますが、こちらについてはロックアップの解除条項は設定されていません。

セレスのIPOについてまとめてみました

セレスはインターネットを活用するメディア企業ですので、その事業内容についてはIPO人気が高いといえるでしょう。

事業内容の独創性などは薄いのですが、一方でIPOの規模や公開比率が低めであることや高い成長性が期待できることなどから、初値については高めとなることが予想されています。

SBI証券が主幹事であり、野村證券が副幹事となっています。その他には岩井コスモ証券、SMBC日興証券、みずほ証券、カブドットコム証券、三菱UFJモルスタなどでも申し込みが可能です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

バリューデザインのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1860~2040円に!

出典:バリューデザイン 2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …

ニーズウェルのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,590~1,670円に!

出典:ニーズウェル 2017年8月28日、東証JASDAQスタンダードで9月中旬 …

020ソリューション事業のアイリッジ。新規上場初値は大幅プラス予想で注目度大!

東証マザーズにおいて、「アイリッジ」(証券コード3917)のIPO(新規上場)が …

2月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年2月に新規上場した6種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

6月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年6月に新規上場した7種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最 …

JESCOホールディングスのIPO、プラスリターンはどれほど期待してよい?

東証2部において、「JESCOホールディングス」(証券コード1434)のIPO( …

グレイステクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3000~3100円に!

出典:グレイステクノロジー 2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規 …

topix01
IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになか …

ブラスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る4000~4370円に!

出典:BRASS 2016年2月18日、東証マザーズで3月上旬に新規上場を控えて …

ラクト・ジャパンのIPO,気になる初値は?

東証2部において、「ラクト・ジャパン」(証券コード3139)のIPO(新規上場) …