2015/09/30

今さら聞けない!? IPOの申し込み→抽選→購入の流れをおさらいする

注文IPOはご存知のように非常に人気が高く、手に入れることがまず困難だと言われるほどです。それほど多くの投資家が求め、しかも需要数に対して供給数が絶対的に少ないという狭き門です。もう今さらではありますが、今一度そんなIPOの申し込みから購入までの流れを見ていきましょう。狭き門を潜るために、改めて基本を押さえておくべきです。

その前に必ずやっておくことがあります。それは証券会社に口座を開設しておくことです。IPOはメインになる主幹事という証券会社、株を割り当てられて売る引き受け証券会社があります。これは決まったところではなく、上場したい企業が各々選ぶので、どこがいつ、割り当て株数の多い主幹事になるかわかりません。ですので、口座開設はできるだけ多くの会社で開くようにしましょう

また、証券会社での口座開設には最短でも4日、長めで2週間ほどかかります。ですので、企業の上場決定から口座が必要なブックビルディングまでそれほど時間がかからないことを考えると、事前に口座開設しておくことは必須事項になります。上場決定から口座開設を申し込んでも間に合わない可能性の方が高いのです。対面窓口を持たないネット証券会社なら口座開設と維持費は無料なので、その分の経費は不要です。資金が少ない人はネット証券会社を選ぶようにしましょう。

さて、本題ですが、IPOは次のような流れで動いています。

IPO承認 : 上場したい企業が主幹事のサポートで審査基準をクリアして東証やジャスダックなどで承認されます。

仮条件の決定 : 様々な調査後に適正価格よりもやや安い仮の値段を幅(上限・下限)を持たせて決定します。

ブックビルディング : 抽選に参加することを仮条件の範囲内のいくらでかを提示して表明します。

公募価格決定 : ブックビルディングで最も多かった値段が公募価格(IPOの販売価格)になります。

抽選 : 公募価格以上で抽選に参加した投資家の中から当選者を決定します。

購入 : 当選者がIPO株を購入できます。ここでキャンセルすることも可能です。

あとは上場日を待って、上場した日の初値で売るというのが基本です。リスクはありますが、翌日の値動きを見てから売る場合もありますし、中長期保有することもできます。
これがIPOの申し込みから購入までの一般的な流れです。

投資家は具体的になにをするべきなのか

IPO投資において、投資家は実際になにをどのように行うのでしょうか。

まず、ブックビルディングは日本語で需要申告と言い、IPOの仮条件の範囲内で自分が購入したい希望株価と株数を申告します。株の購入数量も最小単位が仮条件にあるので、その倍数で購入します。
例えば「銘柄●●の仮条件=1200円~1400円、購入単位100株」とあれば、1200円~1400円の間で購入したい金額を提示します。最近のIPO株はどれも人気なので、基本的には上限で申し込みます。この場合では1400円×100株なので、14万円が購入資金(投資金額)になります。このときに、公募価格よりも下回る価格で応募した人は抽選対象外になってしまいます。なので、できるだけ上限で申し込む方が当選確率が上がります。

ブックビルディングが終わったら抽選で当選通知が来ることを待ちます。当選か落選かの結果情報は証券会社の画面などで確認可能です。抽選時には当選者と補欠当選者を選出します。
このときに注意したいのは当選=購入ではないということです。ですので、当選した場合、購入をする、つまり注文を出すことを忘れないようにしてください。期間内に購入を選択しない場合、自動的に辞退とみなされます。狙っていたIPOが当選した場合には必ず購入の処理をしてください。

それから、当選が発表された時点でも自ら辞退(キャンセル)をすることも可能です。抽選申し込みをしたけれども、どうも公募割れ(初値が公募価格より安くなる)しそうであるなどの分析結果があれば、損をするので買うべきではありません。そのときに自分から購入を辞退することが可能なのです。
人気のIPO株では辞退はあまりないのですが、辞退者が出ると、先ほどの補欠当選した人が順次繰り上げ当選となります。繰り上げ当選もまた購入を選択しなければなりませんし、辞退することも可能です。
ブックビルディング時に証券会社によっては資金を前払いする場合もあります。もし抽選に外れたり、当選辞退をした場合でも、その資金は戻ってきますので安心してください。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ティビィシィ・スキヤツト(TBCSCAT)のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,300~1,400円に!

出典:ティビィシィ・スキヤツト
2016年12月5日、JASDAQスタンダードで12月下旬に新規上場を控えている「ティビィシィ・スキヤツト」の仮条件が発表されました。価格は1,300~1,400円。想定価格の1,340 …

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多くの場合において、初値は公募価格よりも高くなるのでキャピタルゲインが得られるというわけです。
しかし、稀にですが公募価格よりも初値が安くなって …

鎌倉新書のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る920~1000円に!

出典:鎌倉新書
2015年11月17日、東証マザーズで12月上旬に新規上場を控えている「鎌倉新書」の仮条件が発表されました。価格は920~1000円。想定価格の920円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告 …

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2090円、仮条件は2000円から2100円、ブックビルディング期間は10月3日(金)から10月9日(木)まで …

クラウドサービス事業のコラボス、IPOの初値は大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「コラボス」(証券コード3908)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は3620円、ブックビルディング期間は3月2日(月)から3月6日(金)までです。
コラボスではクラウドサービスを、企業 …

PCやデジタル家電のトラブルサポートを行う日本PCサービスが新規上場!右肩上がりの売上です!

名証セントレックスにおいて、「日本PCサービス」(証券コード6025)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は430円、仮条件は430円から480円です。ブックビルディング期間は11月7日(金)から11月13日( …

アクアラインのIPO、初値はどうなるのか?企業情報を徹底分析!

東証マザーズにおいて「アクアライン」(証券コード6173)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1200円、ブックビルディング期間は8月14日(金)から8月20日(木)、上場予定日は8月31日(月)となっていま …

日本ビューホテルのIPO投資スタンスは「やや弱気」です!

出典:日本ビューホテル
東証2部において、「日本ビューホテル」(証券コード6097)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は2250円、仮条件は1900円から2200円、ブックビルディング期間は7月7日(月)から7 …

IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確率で利益を得られるのです。そのため、人気が高く、多くの投資家がIPO株を手に入れたいと思っています。
しかし、IPOも株式投資であることを忘 …

SBI証券のIPOチャレンジポイント制度を活用すればS級IPOを確実にゲットすることができます!

投資に関する考え方は様々なのですが、あまりリスクを取りたくないと考えて定期預金や国債などにその資金の100%を集中させている投資家も多いようです。
しかし安全性ばかりを重視した投資を続けていると、チャンスの局面では機会損 …