IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

節税IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確率で利益を得られるのです。そのため、人気が高く、多くの投資家がIPO株を手に入れたいと思っています。

しかし、IPOも株式投資であることを忘れてはいけません。遊びだとかお小遣い稼ぎではなく、儲かったらその分税金がかかってくるのです。IPO株の売買で得た利益に対して控除などもありますが、20%も課税されることになっています。

例えば、公募価格が3000円で購入単位が100株単位だったとします。投資金額は3000円×100株なので、最低でも30万円は必要です。仮に初値が2万円になったとしましょう。このIPO株全部をを初値で売りきれたとしたら、2万円×100株分なので200万円になります。投資金額を差し引けば170万円が利益になったことになります。単純計算ですが、もし200万円に税金20%をかけたとすると、40万円が支払うべき税金になるわけです。
せっかく170万円も利益が出ても、税金を差し引けば130万円へと大幅に減ってしまうわけです。結構大きな金額です。これはもったいないですね。

そこでIPOで得た利益をなんとか節税する方法を探してみました。2015年10月現在、ほぼ唯一で、しかも比較的簡単に始められる節税対策はNISA口座を作ることです。NISAはニーサと呼ばれるもので、個人投資家のための優遇税制になっており、投資額が年100万円分までの利益にかかる税金が0%になります。
IPOで取り引きをしたい方で、節税もしたいという場合はNISA口座を証券会社で作りましょう。

NISA口座とは?

では、ここで今一度NISA口座がどういったものなのか、詳しく説明します。
NISAはニーサと読み、日本語では少額投資非課税制度と言います。IPOをNISAで始めるには、IPOを取り扱う証券会社でNISA専用口座を開設します。この口座でIPO投資をすれば、売却益にかかる税金が投資額100万円分まで免税になるのです。IPOのほかには株式や投資信託(MMFやMRFなどを除く)の売却益や配当金にも同様の措置を受けることができます。

これはイギリスの優遇税制を真似たもので、日本では2014年1月から始まっています。投資期間は5年間なので、合計で500万円分の投資に対する利益などが非課税になるのです。100万円を超えた時点でその年の非課税枠は終了し、逆に年間100万円に満たなくても残りの投資可能枠を翌年へ繰り越しすることはできません。また、NISAは日本のすべての金融機関において、基本的にはひとり1口座しか開設できません

NISA口座は満20歳以上の日本居住者であれば誰でも開設可能です。身分証明書など各種必要書類に加えて、住民票も用意しましょう。非課税の措置を行うために様々な手続きが必要になるため、ほかの投資とは違い、住民票も必要になるのです。
基本的にNISAはひとりあたり1口座しか開設できませんが、2015年1月からは一定の手続きを行えば金融機関の変更は可能になりました。ただ、金融機関の変更を行ったり、複数の金融機関でNISAの口座を作っても、各年においてはひとり投資額100万円分までしか非課税になりませんし、ひとつのNISA口座でしか対象金融商品を購入できません。投資案件は口座変更したあとに変更先に移管することもできません。なので、特にIPO投資で利用する場合は実質的にはひとつの金融機関でしかNISA口座を持てないと思っていいでしょう。

IPOの投資を利用して高確率で利益があげられるならば、確実に節税もしたいですね。ですので、その際はNISA口座をIPOを取り扱う証券会社で開設しましょう。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

トランザスのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1,240~1,300円に!

出典:トランザス
2017年7月20日、東証マザーズで8月上旬に新規上場を控えている「トランザス」の仮条件が発表されました。価格は1,240~1,300円。想定価格の1,300円をやや下回る水準です。ブックビルディング …

シルバーライフのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2,300~2,500円に!

出典:シルバーライフ
2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規上場を控えている「シルバーライフ」の仮条件が発表されました。価格は2,300~2,500円。想定価格の2,400円をやや上回る水準です。ブックビ …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル
2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミル」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,100円。想定価格の2,050円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日 …

弁護士をもっと身近に!高い初値リターン期待の「弁護士ドットコム」が新規上場!

東証マザーズにおいて、「弁護士ドットコム」(証券コード6027)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1000円、ブックビルディング期間は11月25日(火)から12月1日(月)です。

「専門家をもっと身近にする」 …

バリューデザインのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1860~2040円に!

出典:バリューデザイン
2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている「バリューデザイン」の仮条件が発表されました。価格は1860~2040円。想定価格の1860円をやや上回る水準です。ブックビルディ …

9月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2016年9月に新規上場した11種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の市況データをまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘柄コー …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2490円、仮条件は1920円から2040円、ブックビルディング期間は1月30日(金)から2月5日(木) …

Gunosy(グノシー)の新規上場、初値は可もなく不可もなく。

東証マザーズにおいて、「Gunosy(グノシー)」(証券コード6047)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1520円、仮条件は1460円から1520円、ブックビルディング期間は4月10日(金)から4月16日 …

7月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年7月に新規上場した4種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘 …

セグエグループのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1600~1700円に!

出典:セグエグループ
2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を控えている「セグエグループ」の仮条件が発表されました。価格は1600~1700円。想定価格の1,650円とほぼ同水準です。ブックビルディン …