2015/10/02

次はあなた?上場最年少の歴史を振り返る

村上太一氏

日本のIPOで最年少上場した人が誰かご存知でしょうか。若くして起業し、見事な経営手腕で会社を大きく成長させる人物はどんな人なのでしょう。
2015年10月、この記事を執筆している時点では、日本の株式市場で最年少上場を果たしているのは「株式会社リブセンス」の村上太一氏です。上場時に26歳という若さでした。
それ以前に最年少記録を達成してきた企業の社長はいずれも現在、日本で有名な企業になっています。「株式会社サイバーエージェント」の藤田晋氏、そして、「株式会社アドウェイズ」の岡村陽久氏です。
若くして上場すると、その話題性や若さゆえの着眼点が斬新で、将来が期待できる企業であることが多いです。そのため、公募価格よりも高確率で初値が高くなりますし、その後も業績が伸びて、株価も上昇していきます。

ですので、IPO最年少というのはその後の株価変動にとって結構重要な要素となり得るのです。ですので、IPO購入を決定するか否かの分析では企業のトップのプロフィールもチェックするのは実は大切かもしれません。
また、こういった最年少のニュースというのは経済の活性化にも繋がります。決して簡単なことではないですが、そのニュースを見た人が勇気づけられて起業するかもしれません。その企業がその後日本の未来を担うかもしれないのです。IPOを盛り上げるのは、あなたが次の番かもしれません。

サイバーエージェントの藤田晋氏とはどんな人?

それではここで、これまでのIPO最年少を更新してきた近年の人物を見ていきましょう。まずは「株式会社サイバーエージェント」の藤田晋氏です。
藤田晋(ふじたすすむ)氏は1973年5月生まれ。1998年3月に同社を設立しました。当初はインターネット関連の企画営業を主目的とした企業で、設立には現在の「USEN」が関わっています。その後、クリック保証型バナー広告『サイバークリック』のサービスを開始し、インターネット広告事業に進出しました。そして、2000年3月に東証マザーズ市場に上場。このとき、藤田氏は26歳でした。その後、同社の株式発行数は63,213,300株になっています。
藤田氏は2000年代に同時期の起業で成功を収めた「ライブドア」の堀江貴文氏や「楽天」の三木谷浩史氏と並んでヒルズ族の筆頭格として語られていましたが、実は2009年に入居するまでは六本木ヒルズとはまったく関係なかったそうです。それほど知名度があり、成功者として見られていたということなのでしょう。
「株式会社サイバーエージェント」は今現在もインターネット関連で躍進を続けており、社風も欧米のような雰囲気があるといいます。単体役職員の内女性比率が30.7%となっており、女性の社会進出に対して積極的に取り組むなど、従業員の就労環境のよさもまた現代風で注目を浴びています。

アドウェイズの岡村陽久氏を詳しく知りたい!

岡村陽久(おかむらはるひさ)氏は1980年4月、埼玉県生まれの実業家です。経歴はとても変わっており、台東区立上野中学校を経て高校に進学したまではごく普通ですが、その後、「パナソニック」の創業者である松下幸之助の生き方に感銘し、2ヶ月で高校を中退してしまいます。中退後、ベランダの上を覆う屋根などの訪問販売をし、大阪に移って換気扇フィルターの訪問販売に転職。そのときに、なんと1ヶ月で150~200万円も稼ぐ、社内で全国2位になる優秀なセールスマンになりました。
そして、2001年に大阪で「株式会社アドウェイズ」を設立。インターネット広告代理店として起業しました。2004年には本社を東京に移転させ、26歳のときに東京証券取引所マザーズ上場しました。現在は本社を新宿に置き、インターネット広告代理店およびアフィリエイト・サービス・プロバイダとしてもよく知られた企業になっています。

現在の最年少記録保持者のリブセンスの村上太一氏

それから、現在、最年少記録を持つ村上太一(むらかみたいち)氏。1986年10月の東京生まれで、早稲田大学高等学院を経て、早稲田大学政治経済学部を卒業した高学歴の人物です。
「株式会社リブセンス」を2006年に設立。当時、村上氏はまだ大学1年生のころでした。業種はインターネットメディア運営で、当時は画期的だった求人広告の無料掲載や採用祝い金などを用いたアルバイト情報サイト『ジョブセンス』を始めてヒットしました。
そして、2012年10月の村上氏が26歳のとき、史上最年少で東証1部上場したのです。さらに2012年12月にはリクルートと賃貸物件情報掲載で提携することを発表するなど、業務をどんどんと拡大していっています。

IPO最年少の歴史を振り返ってみると、どうやら26歳がキーになっていますね。数ヶ月単位で記録を塗り替えているので、今後は25歳以下の人なら上場することで最年少記録を破ることができるでしょう。楽しみですね。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

IPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれ …

新規上場したハウスドゥ!一般的な業種ながら、初値リターン予想はプラスです!

東証マザーズにおいて、「ハウスドゥ」(証券コード3457)のIPO(新規上場)が …

人気アパレル店を展開するSTUDIOUSの新規上場!初値はどうなる?徹底分析!

東証マザーズにおいて、「STUDIOUS」(証券コード3415)のIPO(新規上 …

ソフトウェア開発事業を手掛けるエクストリームのIPOは大幅なプラス予想!

東証マザーズにおいて、「エクストリーム」(証券コード6033)のIPO(新規上場 …

スシローグローバルホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの3,600~3,900円に!

出典:スシローグローバルホールディングス 2017年3月13日、東証で3月下旬に …

グローバル・リンク・マネジメントのIPO仮条件が公開!想定価格を大きく上回る2,320~2,620円に!

出典:グローバル・リンク・マネジメント 2017年11月27日、東証マザーズで1 …

初値は果たしてどうなるか?気になる!デクセリアルズのIPO!

東証1部において、「デクセリアルズ」(証券コード4980)のIPO(新規上場)が …

ショーケース・ティービーのIPO、初値は大幅なプラス予想!!

東証マザーズにおいて、「ショーケース・ティービー」(証券コード3909)のIPO …

ヤマシンフィルタが新規上場!初値への期待値はどれくらいか?

東証2部において、「ヤマシンフィルタ」(証券コード6240)のIPO(新規上場) …

果たしてどうなる?!設備メンテナンス事業、「三機サービス」のIPO!

東証JASDAQスタンダードにおいて、「三機サービス」(証券コード6044)のI …