2015/09/30

ジェネレーションパスのIPO情報!投資スタンスは「強気」で行く

ジェネレーションパス

東証マザーズにおいて、「ジェネレーションパス」(証券コード3691)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1090円、仮条件は1090円から1200円、ブックビルディング期間は9月3日(水)から9月9日(金)までとなっています。本社は西新宿であり、京王プラザ、ヒルトン東京、ハイアットリージェンシー、新宿中央公園、都庁などの近くです。あずさ監査法人が監査を担当します。

ジェネレーションパス(ECマーケティング事業など)が新規上場します

ECマーケティング事業とECサポート事業を主たる業務とするジェネレーションパスの新規上場が行われます。
ジェネレーションパスは従業員数36人、社員の平均年齢30.23歳、社員の平均勤続年数2.04年、平均給与およそ259.4万円の企業です。「優良な商材を創る企業の思いを消費者へと伝える橋渡し役を担いたい」を企業理念とするジェレレーションパスは、ポンパレモールにおいて3月度のポンパレモールグランプリを獲得しました。

ECマーケティング事業について

ジェネレーションパスでは自社ECサイトやAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場などのECモールやインターネットサイト全体からマーケティングのための基礎データを収集・分析して、取引先であるECサイトに対して購買力を高めるためのデータ販売を行っています。ビッグデータ(膨大な量のマーケティングデータ)を継続的かつ適時に収集して分析する独自のシステムを自社開発していますし、さらに「リコメン堂」の屋号による積極的な店舗展開も行っています。店舗の展開は複数のモールにおいて行われ、スポーツ、美容コスメ、ファッション、インテリアなどの分野において合計25店舗の出店を行っているのです。
収集したデータによる計画・施策を行い、それに基づいた販売の結果について再度計画・施策を行うEPO(EC Platform Optimization)というマーケット手法を採用しています。取り扱い商品については制限を行わずスポーツ、美容コスメ、ファッション、インテリア、日用品、食品、家電、キッズ、ベビーなど幅広く商品販売を行っています。
リコメン堂については出品費用がかかりませんので、出品者は低リスクでネット販売を行うことができますし、またマーケッティングテストのためにリコメン堂を活用することもできるのです。

ECサポート事業について

ECサポート事業ではECサイトを運営している企業やこれから運用することを検討している企業などに対して、ジェネレーションパスの優れたECマーケティング技術を提供することを事業の内容としています。
対象となるECサイトに対しては、適切な商品ページの作成と最適な検索キーワードの選択、顧客対応や集客のための支援、サイトデザインの編集や商品情報の提供などを行います。成果報酬型のビジネスプランを採用していますので、ECサイトでは低コストでサポートを導入することができるのです。
またジェネレーションパスではその他に写真及びアルバムのデジタル化サービスや、七五三・卒園卒業・ブライダル・自分史・社史などの映像制作事業も行っています。

業績の推移について

ジェネレーションパスの業績については、売上高・経常利益・純利益のすべてが美しい右肩上がりとなっています。ただし営業キャッシュフローについては前期においてはマイナスとなりました。自己資本比率は30.8%、自己資本利益率は24.8%です。

市場トレンドについて

初値については、上昇トレンドが上場直前3ヶ月間続いていると高いリターンが期待できます。東証マザーズでは上昇を続けた後に一定期間の調整があり、現在では再度上昇を続けているようです。

上場規模について

最大で5.1億円ですから、ジェネレーションパスの新規上場の規模は東証マザースへの上場としてもかなり小さいといえるでしょう。上場規模が小さい方が初値が高くなるという傾向があるようです。また公開比率については標準的な28%となっています。創業者である岡本一族を対象としてロックアップが90日間設定されています。

ジェネレーションパスのIPOについてまとめてみました

ジェネレーションパスはECサイトを業務の対象としたネット関連企業ですので、IPOにおいては人気が高い業種だといえるでしょう。マーケッティングにビッグデータ解析を活かすというテーマは注目性が高いですし、上場規模が小さいことも有利です。初値については大幅なプラスが予想できるのではないでしょうか。
野村證券が主幹事であり、SMBC日興証券が副幹事です。その他松井証券、岩井コスモ証券、藍澤証券、SBI証券、東海東京証券、みずほ証券などでも申し込むことができます。

結果

公開価格の1200円に対し、初値は2.2倍の2630円となりました。9月時点での株価は1500円前後を推移しています。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

GMOリサーチが新規上場しました!右肩上がりの売上高で、堅実なリターンか。

東証マザーズにおいて、「GMOリサーチ」(証券コード3695)のIPO(新規上場 …

チェンジのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1080~1200円に!

出典:チェンジ 2016年9月5日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控えている …

オプティマスグループのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,710~1,800円に!

出典:オプティマスグループ 2017年12月7日、東証2部で12月下旬に新規上場 …

ipo_shukanji
株式投資でIPOを狙うなら主幹事を攻めるのが常識!?

株式投資で資産を増やそうとしている方が、ネットで取り引きできるようになったこのご …

シンクロ・フードのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1960~2100円に!

出典:シンクロ・フード 2016年9月8日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …

レアジョブのIPO総まとめ!格安オンライン英会話屋さんの初値は大幅なプラスと予想

出典:レアジョブ 東証マザーズにおいて、「レアジョブ」(証券コード6096)のI …

介護医療関連分野の事業を展開するエランが新規上場!徹底分析しました!

東証マザーズにおいて、「エラン」(証券コード6099)のIPO(新規上場)が行わ …

はてなのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る700~800円に!

出典:はてな 2016年2月5日、東証マザーズで2月下旬に新規上場を控えている「 …

ユニフォームネクストのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,460~2,800円に!

出典:ユニフォームネクスト 2017年6月27日、東証マザーズで7月中旬に新規上 …

G-FACTORYのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3080~3240円に!

出典:G-FACTORY 2016年9月12日、東証マザーズで9月下旬に新規上場 …