2015/10/01

IPOで公募割れを避けるには簡単でもいいから分析をするしかない!

分析IPO株は公募価格で購入し、上場初日に市場でつく初値で売り抜くのが基本です。多くの場合において、初値は公募価格よりも高くなるのでキャピタルゲインが得られるというわけです。

しかし、稀にですが公募価格よりも初値が安くなってしまう、いわゆる公募割れという現象も少なからず発生しています。IPOは「必ず」儲かるものではなく、「高確率」で儲かるものなのです。ですので、なんでもかんでもIPOは手に入れればいい、というわけではありません。

この公募割れはちょっとした情報収集や分析で回避することが可能です。

そのひとつの方法に企業のステータスを見ることがあります。IPOを扱う会社では上場する企業の業務内容やステータスを表示していることが多いので、その情報を確認するだけです。ステータスはいわゆるランキングのようなもので、B、+B、-A、A、+A、Sという風にランクや星で表示されています。IPO初心者はこの情報を見て購入するかしないかを決めています。
それから、よく公募割れが起きるのは人気がない企業や業界でもあります。事前に人気情報も収集しておきましょう。そうすることで公募割れで損をすることを避けることが可能です。

簡単な情報収集で分析できるので、初心者でも安心!

公募割れを避けるために企業や市場、規模の情報を集め、分析を行いましょう。IPOも株式取引の一種です。ただ無闇に購入するのではなく、ほかの上場株を買うのと同じように、しっかり分析して、株価を予想していかなければなりません。
とはいえ、初心者の場合、公募割れを避けるためにはなにを分析すればいいのかわからないことかと思います。
これは決して複雑でもなく、難しくもない分析をするだけで大丈夫です。ネットなどで無料で手に入る情報を元に分析をすればいいだけなのです。
そういった情報は例えば下記のようなものがあります。上場する企業の情報です。

・企業名
・コード
・上場市場
・上場日
・主幹事
・ブックビルディングの期間
・ブックビルディングの上限・下限
・公募値
・公開株数
・売買単位
・事業内容
・過去の業績
・注目度

この中で、特に公開株数と公募値、ブックビルディングの上限・下限、事業内容、注目度を見るといいでしょう。では、これらからどんなことがわかるのかを見てみます。

公開株数と公募値

これらから上場規模が算出できます。規模が大きければ市場から吸収する資金が大きくなるということなので、公募割れリスクが高まるのです。

ブックビルディングの上限・下限

ブックビルディングの上限と下限における公募値の関係を見ればリスクを確認できます。ブックビルディングの上限が公募値と同じ場合、少なくともブックビルディングの段階では応募が殺到し、人気が高いことを示します。逆に公募値がブックビルディングよりも安いと人気がなかったことを示すので公募割れの可能性が出てきます。

事業内容

事業内容が人気業種であれば上場後にも人気が出てくる傾向にあります。逆に、事業内容が不人気であったり、新規性や将来性が乏しいと公募割れするリスクがでてきます。

注目度

これはIPOの市場での注目度を表したもので、ABCの3段階になっています。Aだと人気なので初値が上がる可能性が高く、Cだと公募割れする傾向があります。

このように、公募割れで損をすることがないように、事前に分析はしておくようにするべきです。漠然と買っても儲からないのはほかの投資と同じことですから、しっかりとどうなりそうかは予測しておきましょう。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

イオレのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,750~1,890円に!

出典:イオレ 2017年11月27日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控えて …

新規上場した、Webクリエイター集団「カヤック」。初値は大幅なプラスを予想!

東証マザーズにおいて、「カヤック」(証券コード3904)のIPO(新規上場)が行 …

リボミックのIPO予測!やや強気の投資スタンスを推奨!

出典:株式会社リボミック 東証マザーズにおいて、「リボミック」(証券コード459 …

ミドルウエアを中心とするソフトウエアの開発企業、CRIミドルウエアが新規上場!初値は大きくプラスとなるか!?

東証マザーズにおいて、「CRIミドルウェア」(証券コード3698)のIPO(新規 …

オイスターバー経営のヒューマンウェブが新規上場!気になる初値は?

東証マザーズにおいて、「ヒューマンウェブ」(証券コード3224)のIPO(新規上 …

ミダックのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,200~1,300円に!

出典:ミダック 2017年12月1日、名証2部で12月下旬に新規上場を控えている …

一大グループ・リクルートホールディングスが新規上場で初値価格はどうなる?

東証1部において、「リクルートホールディングス」(証券コード6098)のIPO( …

鳥貴族のIPO情報総まとめ -初値予想とMy投資スタンス

出典:ayustety 東証JASDAQスタンダードにおいて、「鳥貴族」(証券コ …

今さら聞けない!? IPOの申し込み→抽選→購入の流れをおさらいする

IPOはご存知のように非常に人気が高く、手に入れることがまず困難だと言われるほど …

エスユーエスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,220~2,300円に!

出典:エスユーエス 2017年8月25日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を控え …