2015/09/29

IPOを信用取引すれば、間違いなくより大きく儲けられる?

儲けよくある質問に、IPOも信用取引ができるのかどうか、というのがあります。

まず、信用取引について説明すると、証券会社から資金を借りて株の売買をするということです。FXのように自己資金にレバレッジをかけるようなもので、株の信用取引では自己資金の約3倍の取り引きが可能です。信用取引の内容を細かく言えば、資金を借りて株を買うことを信用買い、証券会社から株を前借りして株を売ることを空売りと呼びます。
そして、信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」という区別があります。前者は比較的金利が安いなどのメリットがあります。後者は金利が高いのですが、証券会社が独自にルールを設定しているので、各社で魅力が違います。
株式投資での信用取引はリスクを背負う危険もありますが、リターンも大きく得られるチャンスがあります。言わばハイリスク・ハイリターンの投資方法になります。

そんな信用取引はIPO投資でも利用できるのでしょうか。

その答えは、一応可能です。一応というのは、証券会社によってそのルール設定が違うので、できるところもあればできないところもあるからです。できるとすると、よくあるのが金利が日割りでつくなど、わりと短期で資金を借りるような設定になっていることが多いです。
よって、信用取引を利用してIPO投資をすれば、少ない資金で大きく利益をあげられる可能性があり、リスクはありますが非常に魅力のあるものになります

IPOを信用取引で行うメリット・デメリット

信用取引を行う大きな意味は、投資余力が増えることです。例えば500万円の投資をしたいときに自己資金だけで全額を用意すると大変ですし、なにかあったときにほかの投資にリスク分散することも難しくなります。しかし、投資余力が増やせる、つまり500万円用意したうちの半分を信用取引の資金にすれば、2倍で500万円分の投資ができますし、あまった250万円を別の投資先に充てれば、バリエーションを増せてリスクヘッジになるわけです。

また、株式投資での信用取引は、株の現物が時価の80%程度の評価で保証金となります。ですので、なにかあったときに背負ってしまう負債が軽減されるというメリットがあります。同時に、株が保証金になるということは、ほかに現金がなくても取り引きを行うことが可能になり、保証金内でIPO投資を行うことも可能です。これも投資余力の一種ですね。金利が年2~3%かかるので、この金利分がIPO投資のコストにはなりますが、高確率で初値が高くなるIPO投資なら、十分見合った利益を得ることができるはずです。

しかし、信用取引でのIPO投資にはデメリットもあります。

まずひとつは、先ほども書きましたが、金利などの諸経費がかかる点です。上場日まで日が少ない間にIPO株を買い、初日に売却してしまう場合はまだ借り入れている日数が少ない分、金利も大きな負担になりませんが、投資スタイルで中長期の保有を考えている方には信用取引は向いていないかもしれません。株式投資の信用取引はデイトレードなどの超短期派の方が向いています。

それからふたつめは保証金が必要なことです。自己資金を少なくと言いながらも、結局ここで現金を一定以上は用意しておかなければなりません。一応保証金は現金でなくてもよく、先に書いたように株式や投資信託を時価80%レベルとして担保に代用も可能です。

信用取引はFXのレバレッジと同じようなものです。自己資金以上の取り引きができるので、気を引き締めないと負債も大きくなります。また、大きな数字を見ていると気持ちが大きくなって、取り引きが大胆、悪く言えば雑になってしまう人もいます。うまく回っているうちは利益もその分増えるのは間違いないでしょうが、失敗すれば損失も膨らんでしまいます。平常心を保つことを忘れないようにしましょう。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

IPOが創業者利益を得る手段のトレンドになっている!?

IPOで利益を得るのは投資家だけではありません。創業者にも大きなメリットがあるのです。立ち上げた企業を上場させて莫大な利益を得るために行うのもまたひとつのトレンドとなっています。
そもそも創業者利益というのがどんなものか …

パーティクルボード等製造事業の東京ボード工業のIPOはどうなる?徹底分析!

東証2部において、「東京ボード工業」(証券コード7815)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2180円、仮条件は1980円から2180円、ブックビルディング期間は12月8日(月)から12月12日(月)までと …

デファクトスタンダードのIPO仮条件が公開!想定価格をやや下回る1500~1630円に!

出典:デファクトスタンダード
2016年8月12日、東証マザーズで8月下旬に新規上場を控えている「デファクトスタンダード」の仮条件が発表されました。価格は1500~1630円。想定価格の1630円をやや下回る水準です。 …

ミドルウエアを中心とするソフトウエアの開発企業、CRIミドルウエアが新規上場!初値は大きくプラスとなるか!?

東証マザーズにおいて、「CRIミドルウェア」(証券コード3698)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2300円、仮条件は2100円から2400円、ブックビルディング期間は11月7日(金)から11月13日(木 …

新規上場した、Webクリエイター集団「カヤック」。初値は大幅なプラスを予想!

東証マザーズにおいて、「カヤック」(証券コード3904)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は530円、仮条件は530円から560円、ブックビルディング期間は12月9日(火)から12月15日(月)までとなってい …

インターネット・マーケティングを手掛けるGMO TECH(GMO テック)のIPO情報!業績はキレイな右肩上がり!

東証マザーズにおいて、「GMO TECH(GMO テック)」(証券コード6026)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は5760円、仮条件は5000円から5800円、ブックビルディング期間は11月26日(水)か …

串カツ田中のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3610~3900円に!

出典:串カツ田中
2016年8月29日、東証マザーズで9月中旬に新規上場を控えている「串カツ田中」の仮条件が発表されました。価格は3610~3900円。想定価格の3610円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要 …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル
2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミル」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,100円。想定価格の2,050円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日 …

IPOで得た利益を節税する唯一の方法は絶対に押さえておこう

IPOは高確率で買った価格よりも上場したときの価格が高くなります。つまり、高い確率で利益を得られるのです。そのため、人気が高く、多くの投資家がIPO株を手に入れたいと思っています。
しかし、IPOも株式投資であることを忘 …

アトラエ(Atrae)のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る5030~5400円に!

出典:アトラエ
2016年5月27日、東証マザーズで6月中旬に新規上場を控えている「アトラエ」の仮条件が発表されました。価格は5030~5400円。想定価格の5030円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告 …