2015/09/28

IPOの公募価格がどう決まるのか知っておこう!

公募IPO株は公募価格という、市場に出る前の値段で買うことができます。もちろん当選してからの話ですが。申し込み時に仮条件で応募し、実際に抽選後に決定した公募価格でIPOを手に入れることができます。
そんな公募価格ですが、どのような経緯で決定するのでしょうか。主幹事が決めるものなのは知っているかと思いますが、IPOの公募価格のプロセスを詳しく知っている方は意外に少ないです。ここでは、公募価格が決まるまでを段階を追って説明します。ただ、主幹事になる証券会社によって細かい部分は異なるので、あくまで一般的な流れです。

流れ1 主幹事証券が仮の価格を決める

主幹事の証券会社が上場する企業と似た業種ですでに上場している会社のPERや成長性、資産内容、業績予想などを参考にして仮の価格を決めます。ちなみに、PERというのは「Price Earnings Ratio」の略で、株価収益率と言います。株価判定によく利用される指標で、株価が純利益の何倍であるかを示します。

流れ2 機関投資家などに聞き取り調査

投資のプロである機関投資家などに聞き取り調査します。機関投資家個別に上場する企業の責任者(社長など)が訪問して、企業の説明を行って様子を探ります。

流れ3 仮条件を決める

聞き取り調査の結果から主幹事が上場する企業と協議をし、IPO株を募集をするための価格である仮条件を決定します。仮条件は○○○円~■■■円と幅を持たせておきます。

流れ4 公募価格が決まる

投資家からの需要の申告(仮条件の範囲内で希望購入価格を提示)を受け、主幹事が各価格帯ごとに集計します。この方式はブックビルディング方式と呼ばれています。そして、その結果から公募価格が決まります。昨今のブックビルディングでは仮条件の上限で申告するのが一般的になっています。

公募価格はこのように決まっています。主幹事が仮の値段を決めてから公募価格が決定するまで、大体1ヶ月程度の時間がかかっています。

公募価格は高確率で初値より安くなるその仕組みとは?

IPOが人気なのは、公募価格が高確率で初値より安くなる、つまり、安く買って高く売ることができる可能性が高いからです。株式だけでなくFXなどもそうですが、投資の基本は安く買い高く売るキャピタルゲインが目的なわけですが、それには情報収集や分析をして株価の動きを予測した上で投資をしなければ、そう簡単に儲けることはできません。しかし、IPOはその確率がかなり高くなるので、投資家はみんなIPOに手を出したがるわけです。

では、なぜIPOは高い確率でも儲かるのでしょうか。その仕組みを詳しく見ていきましょう。

まず、公募価格はディスカウントされているという事実があります。先の流れ4では仮条件の申告を受けたあとに、主幹事と上場したい企業で協議して公募価格を決定しています。このときに主幹事と上場企業ではある程度株価の動きを予測しています。その際に、分析した予測上ではありますが適正価格を算出し、公募価格はそれよりもやや安くしているのです。
上場したい企業もIPOに成功しなければなりません。上場する以上、評価を下げるわけにはいかないのです。ですので、見た目に悪くならないように、とにかく初値よりも公募価格が下になるように設定し、初値以後も安定して株価が推移することを狙っています。
ですので、公募価格は主幹事が調査した予測適正株価から20%くらいディスカウントしているのです。ですので、IPOが高確率で儲かるのは、公募価格が最初から儲かるために安めの価格に設定しているからなのです。

それから供給量と需要量のバランスも理由のひとつになります。大きな会社はすでに出尽くしていますから、IPOは規模の小さい企業ばかりになっています。そのため、発行する株数もそれほど多くありません。

しかし、IPOは儲かるという情報を聞いて、IPOを狙う投資家の数はどんどん増えています。ですので、発行数よりも投資家が多くなってしまい、需要量が供給量を完全に上回ることがほとんどです。そうなれば自然に価格は上昇するというものです。

ただ、気をつけたいのは株価や初値を決めるのは市場の需給バランスです。需要量が供給量よりも少なければ人気がない銘柄ということになるなので、初値が公募割れを起こしてしまうこともあります。

そのため、IPOといえども情報収集と分析は怠らず、不人気の企業は避けるようにしなければなりません。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

ネオジャパンのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2710~2900円に!

出典:ネオジャパン
2015年11月10日、東証マザーズで11月下旬に新規上場を控えている「ネオジャパン」の仮条件が発表されました。価格は2710~2900円。想定価格の2710円をやや上回る水準です。ブックビルディン …

IPOを信用取引すれば、間違いなくより大きく儲けられる?

よくある質問に、IPOも信用取引ができるのかどうか、というのがあります。
まず、信用取引について説明すると、証券会社から資金を借りて株の売買をするということです。FXのように自己資金にレバレッジをかけるようなもので、株の …

セラクのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1500円に!

出典:セラク
2016年6月15日、東証マザーズで7月上旬に新規上場を控えている「セラク」の仮条件が発表されました。価格は1360~1500円。想定価格の1360円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は …

FFRI(エフエフアールアイ)のIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「FFRI(エフエフアールアイ)」(証券コード3692)のIPO(新規上場)が行われます。
想定価格は1340円、仮条件は1340円から1450円、ブックビルディング期間は9月10日(水)から9月 …

ポバール興業のIPO!想定価格は930円、仮条件は930円~960円

出典:wikimedia
名証2部において、「ポバール興業」(証券コード4247)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は930円、仮条件は930円から960円、ブックビルディング期間は6月9日(月)から6月13日 …

ムゲンエステート
ムゲンエステート(3299)のIPO、想定価格1200円、仮条件は1100円~1200円

東証マザーズにおいて、「ムゲンエステート」(証券コード3299)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1200円、仮条件は1100円から1200円、ブックビルディング期間は6月2日(月)から6月6日(金)までと …

フリークアウトのIPOは人気のネット広告事業で初値は数倍に!?

出典:株式会社フリークアウト
東証マザーズにおいて、「フリークアウト」(証券コード6094)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1910円、仮条件は1910円から2000円、ブックビルディング期間は6月5日(木 …

ジェネレーションパスのIPO情報!投資スタンスは「強気」で行く

出典:株式会社ジェネレーションパス
東証マザーズにおいて、「ジェネレーションパス」(証券コード3691)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は1090円、仮条件は1090円から1200円、ブックビルディング期間は …

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

IPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれると、答えに窮してしまいます。このサイトでも何度も言っていますが、IPOは「高確率」で儲かるものであって、「必ず」利益が出せるのかというとそ …

鶏卵事業ホクリヨウのIPO,気になる初値はどれくらい??

東証2部において、「ホクリヨウ」(証券コード1384)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は460円、仮条件は430円から460円、ブックビルディング期間は2月2日(月)から2月6日(月)までとなっています。