2015/09/27

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

リスクIPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれると、答えに窮してしまいます。このサイトでも何度も言っていますが、IPOは「高確率」で儲かるものであって、「必ず」利益が出せるのかというとそれは難しいのです。

忘れてはいけないのはIPOも株式投資です。そして、株式投資におけるノーリスク売買などこの世のどこにも存在していないのです。IPOはリスクが少ないとは言われます。ある部分を抽出して見れば確かにそうかもしれません。しかし、リスクが「ない」とは誰も言っていません。

IPOは、上場したい企業が主幹事というしっかりとした証券会社のサポートを受けて上場します。主幹事も新しい投資先を得るわけですから、上場を成功させるためにあらゆる調査やサポートをします。その結果、投資家に予想される適正価格よりも少し安い公募価格でIPOを売り出し、上場初日に投資家も一緒に儲けることができるのです。
IPOは主幹事が調査した結果、仮条件として実際の企業価値からディスカウントした公募価格を設定します。ですので、上場初日の初値は容易にキャピタルゲインを得るケースが多くなります。そうなれば、狭き門を潜って抽選に当たれば、高確率で利益が得られるわけです。

しかし、誰が必ず公募価格より初値が高くなると言っているのでしょうか。市場は生き物のようなものです。絶えず動き、様々な出来事や人々の思惑で予想外の方向に変動します。場合によっては公募価格を割ってしまうことだってあるのです。
ですので、残念ながら、まったくリスクがないわけではないので、IPOにだって危険性はあります。その点は理解しておくべきです。投資は常に情報収集と分析です。IPOもそれは同じ。その点に注意すれば、どうにかそのリスクを最小限に抑えることはできるかと思います。

公募割れを防ぐための分析をしっかりする!

IPOに当選したからといっても必ずしも数倍の値がつくわけではなく、ときどき、公募価格を割ってしまうことがあります。人気のない企業や業種、上場時の社会や世界の情勢などによって、買った値よりも低い値になってしまうことがあるのです。そう滅多にあることではないですが、上場しようとした企業がその直前に不祥事を起こしてしまえば、それが原因になることだってありえます。
こういった公募価格を割ってしまうのを防ぐにはIPOも株式などの金融投資同様に、しっかりと情報収集をして人気を事前に調査し、不人気のIPOを買わないようにすればいいだけです。

情報収集や分析は非常に難しいもので、100%、そのIPOが公募割れするかどうかを予測するのは不可能ではあります。しかし、難しいからとそれを怠り、主幹事による企業分析を見るだけでIPOに手を出すのはやや危険です。適正にディスカウントされているのかどうか、それはちゃんと調べないとわかりません。公募株価は適正価格より安く設定されますが、それはあくまで予測であることも忘れてはいけません。人が設定する以上、プロとはいえミスも起こります。投資はスポーツでも職人芸でもないので、プロの投資家でも値動きを読み間違えることは普通ですから。
一般的には公募株数が少ないIPOや人気が高い企業の場合、公募よりも初値が数倍になることは多いようです。しかし、なんであれ分析をすることは必須です。

新規上場株はその直後が荒れやすい

IPO株が上場した直後は値が大きく上下することがよくあります。初値が公募価格の2倍3倍となった翌日は公募価格の10倍になるなんてこともあります。IPO投資の基本は初値で売り抜いてしまうことです。しかし、こういうことがあるので心理としてはもしかしたらと値上がりを待ってしまう投資家もいます。

しかし、逆に初値から急激にダウンして公募割れすることだってあります。上場から数日は値動きはプロでさえも読みにくいものです。ちょっとした出来事が影響して暴騰もすれば、暴落も起こります。ですので、IPOは高確率で儲かるかもしれない反面、ハイリスク・ハイリターンの一面も持ち合わせています。例え前評判が高い人気企業でさえも、ちょっとしたことで公募割れをしたり、信じられないくらいの高値をつけることもあり得ます。

投資テクニックやスタイルによってはIPOをわざと長期保有するという投資家もいます。それはあくまでそういった方針を持っている場合です。もしIPO投資を始めたばかりだとか、相場の読みがわからない場合は上場と同時に売却してしまうべきです。それでリスクの軽減が可能です。

このようにIPOにもリスクはあります。しかし、基本的なことを守っていればその危険も回避することは可能です。IPOは100%儲かるわけではないということを肝に銘じておけば、自ずと気をつけながら取り引きができるようになるかと思います。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

セグエグループのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1600~1700円に!

出典:セグエグループ 2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規上場を …

新規上場した、モバイルサービス事業のモバイルファクトリー!初値プラスリターンなるか。

東証マザーズにおいて、「モバイルファクトリー」(証券コード3912)のIPO(新 …

AWSホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2290~2490円に!

出典:AWS 2016年5月31日、東証マザーズで6月下旬に新規上場を控えている …

飲食事業の「ヨシックス」。IPO人気は若干イマイチかも…?

東証JASDAQスタンダードにおいて、「ヨシックス」(証券コード3221)のIP …

プロパティエージェントのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1360~1400円に!

出典:プロパティエージェント 2015年12月2日、JASDAQスタンダードで1 …

ポエックのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る670~750円に!

出典:ポエック 2017年11月8日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬に …

LITALICO(りたりこ)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る930~1000円に!

出典:LITALICO 2016年2月23日、東証マザーズで3月中旬に新規上場を …

テンポイノベーションのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3,000~3,100円に!

出典:テンポイノベーション 2017年10月5日、東証マザーズで10月下旬に新規 …

PCやデジタル家電のトラブルサポートを行う日本PCサービスが新規上場!右肩上がりの売上です!

名証セントレックスにおいて、「日本PCサービス」(証券コード6025)のIPO( …

ビーブレイクシステムズのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る1,550~1,670円に!

出典:ビーブレイクシステムズ 2017年5月25日、東証マザーズで6月中旬に新規 …