2015/09/26

IPOの売り時のタイミングは初値が基本であるワケを理解しておくべき理由

売り時IPO株を手に入れた場合、どこかのタイミングで売ってしまわないと売却益は得られません。長期投資で保有するつもりであれば別ですが、基本的には売るタイミングを知っておきましょう。
当然ながら、買った値段よりも売る値段が高くないと利益が出ないのはどんな株式取引でも同じです。IPOも最も高くなったときに売るのが理想です。その中ではリスクが比較的低く済む、最初に市場で値段がつくとき、つまり初値で売ることです。これが基本になります。

では、売却の際の方法を紹介します。IPO株は成行売りか指値売りで注文を出すことになります。
まず、成行売りは上場した日に初値でIPOを売却する注文方法です。例えば初値が2000円であれば2000円で約定となります。初値がついた時点で売れるので、とてもシンプルな方法になっています。ただし、稀に上場日で初値がつかないこともあり、そのときは売り注文は出せません。
次に指値売りはIPOの希望売却価格を示して取り引きする方法です。これを利用する投資家は主に証券会社から発信されるIPO初値予想データなどを参考に指値を決定しています。例えば、指値を3000円に設定すると、初値が2000円では約定されず、初値3000円で即約定です。また、初値が4000円と上回っているときは指値ではなく初値の4000円で約定されます。つまり、指値売りは指値以上の値段で約定させる注文方法ということになります。
しかし、指値注文は設定額を高くしてしまうと約定せずにIPOが手元に残るリスクがあります。場合によってはその後にどんどん値が下がることもあるので注意です。もし成行であればその後にIPOが高騰しようが暴落しようが、気にする必要はありません。高騰したらがっかりするかもしれませんが。

上場初日に初値がつかないこともあります。その際はいずれにせよ約定はしません。これは人気銘柄だと特別気配の状態になって売買が成立しないからです。特別気配というのは、買いたい人とが売りたい人が一方に偏ってしまった状態のことを指します。買いが多いと株価が上がるとされ、売りが多いと株価が下がるとされています。
注意したいのは成行注文の場合、注文有効期間は当日のみなので、初値が翌営業日に持ち越された場合は改めて成行売りの注文を出さなければなりません。再注文を忘れないようにする必要があります。

なぜ初値で売るのがいいのか

IPOを初値で売ることには大きな意味があります。
IPOは上場後に相場が必ず変動していきます。有名企業の子会社や勢いのある会社だけが上場するとは限りません。ですので、基本的には初値は公募価格よりもずっと高くなる傾向にはあるのですが、場合によっては下がることもありますし、初値はそこそこになっても、それ以降の相場変動が不利に働き、初値や公募価格よりも株価が下がってしまうこともあります
ですので、高確率で初値が高くなるIPOをリスクを負うことなく売却するとすれば、初値のときが最もいいのです。

今一度IPOの売り方のパターンをまとめてみると、次のような3種類になるかと思います。

  • 初値で売却
  • 初値が形成されたあとにさらなる株価上昇時に売る
  • 初値が形成されたあとに、相場が反転して株価下落した瞬間に売る

初値で売ってしまうと、その後値上がりした場合はもっと儲けられたかもしれないという後悔があるかもしれませんが、多くの場合、買値よりも高くなっているので利益は確実に出ているかと思います。少なくともそこにはリスクはありません。

初値で売らずにさらに株価上昇を待って売る場合、この3パターン中では最も利益が出るかと思います。しかし、株価が上がる保証はどこにもありません。初値よりも下がる可能性だってありますし、タイミングを逃せばピークを過ぎているかもしれません。そういったリスクがあります。

相場が反転した時点で売ると、ピーク時に売れていればという後悔と同時に、売れなかったら損をするという焦り、精神的なプレッシャーがかかってきます。初値より高ければいいですが、そうでない場合はただ損をするだけです。これもテクニックで行う投資家もいるかもしれませんが、やはり相場の読み込みに自信がないとできない技です

というわけで、売るタイミングというのは最もリスクの低い初値で売るというのが一番いいということになります。投資は遊びではないので、冒険をする必要はありません。堅実に儲けるべきなのです。株取引もオンライン化が進んでいるので、ネットに詳しい方も多いかと思います。ネット上でIPOの売るタイミングなどが議論されたり、特定の銘柄の株価の動きの予想が書かれていることもあるかと思いますが、あまり当てにするべきではありません。
とにかく、IPOを手に入れたら初値で売る。これが鉄則です。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

鎌倉新書のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る920~1000円に!

出典:鎌倉新書 2015年11月17日、東証マザーズで12月上旬に新規上場を控え …

ヨシムラ・フード・ホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの820~880円に!

出典:ヨシムラ・フード・ホールディングス 2016年2月16日、東証マザーズで3 …

Fringe81のIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る2,400~2,600円に!

出典:Fringe81 2017年6月6日、東証マザーズで6月下旬に新規上場を控 …

マーケティングソリューション事業ALBERT(アルベルト)のIPOは大幅なプラスリターンを予想!!

東証マザーズにおいて、「ALBERT(アルベルト)」(証券コード3906)のIP …

インターネットマーケティング業のサイジニアが新規上場!初値プラスリターンに大きな期待

東証マザーズにおいて、「サイジニア」(証券コード6031)のIPO(新規上場)が …

ジェネレーションパスのIPO情報!投資スタンスは「強気」で行く

出典:株式会社ジェネレーションパス 東証マザーズにおいて、「ジェネレーションパス …

オイスターバー経営のヒューマンウェブが新規上場!気になる初値は?

東証マザーズにおいて、「ヒューマンウェブ」(証券コード3224)のIPO(新規上 …

グレイステクノロジーのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る3000~3100円に!

出典:グレイステクノロジー 2016年12月1日、東証マザーズで12月下旬に新規 …

トレードワークスのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2,000~2,200円に!

出典:トレードワークス 2017年11月7日、東証JASDAQスタンダードで11 …

エムケイシステムのIPO。クラウドサービスの注目度の高さが初値にも反映されるか。

東証JASDAQスタンダードにおいて、「エムケイシステム」(証券コード3910) …