2015/09/11

IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと

topix01
値上がりが高確率であり、しかも値上がり幅もかなりなIPO株ですが、人気ゆえになかなか当たらないというのが常識です。

しかし、現実にはIPOをゲットしている人も少なくありません。どのようにしたらIPOを確実に手に入れることができるのか、考えてみましょう。実際にどうすればいいのか。どうすることで当選確率を上げることができるのかを見てみます。

まず、身も蓋もない、でもほぼ確実に当選確率が上がる方法を教えます。それは、主幹事や引き受け証券会社の大口顧客、もしくは優良顧客になることです。頻繁に取り引きを行い、多くのお金を証券会社に落としていれば、向こうから優良な客であると認めてくれ、その際にIPOを優先的に回してくれることになります。

IPOは公募数に対して応募者が多いことがあります。

いや、実際にはほぼ100%、応募者が多いので、抽選になってしまいます。その際に平等なように見えても、事前に優良顧客でIPOを応募している人には優先的に渡っていってしまうのです。

ですので、自分がそういった立場にいればいいのですから、最もシンプルな獲得方法はたくさんの資金を用意して、多くの取引実績を残すことで、証券会社が優先的に回してくれるようになります。

確実な方法ですが、たくさんの資金がないといけないので、そう簡単にはなれないというのがデメリットですね。現実的には、このサイトを読んでくださっている方は個人投資家で、ごく普通のレベルで取り引きを進めている方ばかりでしょうから、次の項でもう少しまじめに当選確率を上げる方法を考えたいと思います。

基本中の基本はたくさんの口座を作ること

IPOは上場したい企業をサポートをする主幹事という証券会社と、IPO株を引き受ける引き受け証券会社から買うことになります。主幹事が最も多く割り当てられることになりますので、口座開設はできるだけ主幹事を狙うのが一番です。

しかし、公募が始まった時点で口座開設しても間に合わないので、事前に開設するのは必須です。

主幹事も引き受け証券会社も、上場する企業によって違います。

なので、証券会社数社に口座開設をしておいて、常にその会社が公募を始めるかどうかをウォッチングしていなければなりません。主幹事に口座があれば割当数が多い分、当選の可能性も高まります。引き受け証券会社も数社に口座開設できていれば、各社で申し込めばいいので、その分当選の可能性が上がりますね。

IPO株を狙う場合、基本中の基本テクニックとして、事前にたくさんの証券会社で口座開設をしておきましょう。

その際に、可能であれば家族や親戚などにも協力してもらい、一緒に口座開設をして応募数を増やすようにしましょう。基本的に応募の権利はひとりにひとつなので、協力者と共にその数を増やせば当選確率が上がるのです。

ネット証券会社でIPOに応募するのも有効手段

先ほど大口顧客などに優先的に回されてしまうという話を書きましたが、ただでさえ競争率が高くてなかなか手に入りにくい状況なのに、それをされてしまってはなおさら手に入らないのではないかと思ったかと思います。

そうなんです。確かに、主幹事などの店頭販売をするような、対面販売をする窓口を持っている証券会社はそういったことがごく普通に起こります。大切な顧客のためのサービスのひとつなのです。ですので、こういった証券会社では競争率はより高くなってしまいます。

しかし、窓口を持たないネット証券では抽選もシステム上で行うことが多く、当選確率が応募者誰もに平等になるというメリットがあります。個人投資家でも機関投資家でも、同じようにIPOを得るチャンスが出てくるのです。

ネット証券会社が主幹事になることは少ないので、引き受け証券会社としてやや少なめの割り当てで抽選が行われますが、それでも不透明性がないので、当選確率は優先的に顧客に配ってしまう証券会社よりはマシです。

当たらなくても諦めない気持ちも大切

精神論みたいになりますが、当たらなくても落胆せず、何度でも応募する気概を持つべきです。何度も申し上げているように、IPOは当選確率は平等ではないですし、そもそも応募者が多くて抽選になる以上、基本的には当たらないというのが普通です。

逆にIPOは当たってラッキーなくらいに思い、諦めないで何度でも応募することが大切なのかもしれません。何度も申し込めば、その分抽選される回数が増え、そのうち当選するかもしれません。

根性ではないのですが、何度も何度も、諦めることなく応募しまくることが当選確率を上げるコツですし、IPOゲットへの近道なのです。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

イトクロのIPO投資、吉と出るか凶とでるか?

東証マザーズにおいて、「イトクロ」(証券コード6049)のIPO(新規上場)が行 …

アルヒのIPO仮条件が公開!想定価格とほぼ同じ1,150~1,340円に!

出典:アルヒ 2017年11月27日、東証1部で12月中旬に新規上場を控えている …

ラクト・ジャパンのIPO,気になる初値は?

東証2部において、「ラクト・ジャパン」(証券コード3139)のIPO(新規上場) …

デュアルタップのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1010~1110円に!

出典:デュアルタップ 2016年6月30日、JASDAQスタンダードで7月下旬に …

九州旅客鉄道(JR九州)のIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る2400~2600円に!

出典:九州旅客鉄道 2016年10月6日、東京証券取引所と福岡証券取引所で10月 …

ミドルウエアを中心とするソフトウエアの開発企業、CRIミドルウエアが新規上場!初値は大きくプラスとなるか!?

東証マザーズにおいて、「CRIミドルウェア」(証券コード3698)のIPO(新規 …

新規上場仮条件
IPOを手に入れるには仮条件の上限を狙わないとだめ!

IPO株を手に入れたいときは、主幹事や引き受け証券会社で口座開設し、抽選を受けな …

メタップスのIPO投資スタンスは「中立」です!

東証マザーズにおいて、「メタップス」(証券コード6172)のIPO(新規上場)が …

新規上場した日本ヘルスケア投資法人。高齢社会を背景に、安定感抜群?

東証REITにおいて、「日本ヘルスケア投資法人」(証券コード3308)のIPO( …

バリューデザインのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る1860~2040円に!

出典:バリューデザイン 2016年9月6日、東証マザーズで9月下旬に新規上場を控 …