2015/09/11

IPOはなかなか当たらないのが常識ということはわかっておくべき

ipo_東京証券取引所
株式投資の中でも高確率で、しかも値上がり幅も大きいということでIPOは非常に人気の高い取り引きになっています。これまで上場していなかった企業が証券取引所に株を公開して上場するのですから、それなりに勢いがあるわけです。そんな企業の株価が安いなんてことはまずないわけです。

どれくらい値が上がるかと言えば、1日で30万円の利益を得るなんてことはよくありますし、最近は300%もの値上がりが見られるケースも多いので、投資家の多くがIPOに注目しています。

買い方はIPOを取り扱う証券会社に口座を作り、IPOの情報を掴んだら応募すればいいだけです。あとは抽選などで手に入るのですが、通常の株式取引とは違って、株価の値動きをチャートなどで追ったり、情報収集ののちに分析するといった手間はほとんどないままに高確率で値上がりしますから、とにかくIPOは魅力の固まりです。

しかし、そう簡単には行かないのも事実です。たくさんの投資家がIPOをほしがっています。個人投資家から機関投資家まで、誰もがなんとかして手に入れたいと思っているのです。

しかも、IPOは上場する際にメインでサポートする証券会社が主幹事となって発行数などを決定します。数に限りがあるのです。そこにたくさんの投資家が手を伸ばしてくるのですから、抽選の倍率も高くなってしまいます。

IPOは魅力が高い分、なかなか当たらないというのは常識です。この点はしっかり理解をしておき、例えば今回の応募で落選したからといってがっかりする必要はありません。経済が回っている以上、新しい企業が次々に上場します。また次のIPOを狙ってがんばりましょう。

IPOがなかなか当たらない理由

IPO株がなかなか当たらない具体的な理由を把握しておきましょう。簡単にでもその仕組みを憶えておけば、難関をかい潜ってIPOを手に入れるテクニックが身につくかもしれません。

まず、IPOが発行され、売買が始まる際のシステムを憶えておきましょう。IPOはどの証券会社で買えるものではなく、主幹事や引き受けをする証券会社でなければなりません。主幹事は上場する企業をサポートをしている分、引き受ける株数が最も多い会社です。引き受け証券会社は主幹事以外にIPO株を割り当ててもらって売買を行なう証券会社です。

主幹事も引き受け証券会社も上場する企業によって違います。必ずどこの証券会社がとはなりません。あえてあるとすれば、IPOの主幹事は店頭型証券会社がなることが多いということです。

しかし、そんな証券会社もいくつかあります。

よって、主幹事に口座があってIPOを申し込めれば、割当数が多い分、当選の可能性も高まります。逆に、主幹事にも引き受け証券会社にもなっていない会社で口座を持っていてもIPOにはいつまで経っても当たりません。

実は当たらない最も大きな理由がある

IPOは人気なので、公募数と応募数に差があれば抽選になります。でも、抽選ならば当たるか当たらないかは平等ではないのかと思うかと思います。

しかし、現実には当選確率は決して平等ではないという現実があります。

というのは、IPOは各証券会社の大口の投資家や優良顧客が求めた場合、優先的にそちらに割り当てられてしまうからです。一般的な企業だってそうかと思いますが、優良な顧客には差別化して融通してあげるというのは普通でしょう。証券会社も同じで、取引数の多い大口顧客や機関投資家、今後大口顧客になってくれそうな人には証券会社からの営業ツールのひとつとしてIPOが優先的に配布されてしまうのです。

ただでさえ数が少ない上に競争率の高い狭き門でありながら、実際には思ったほどが応募者に回ってこないので、IPOはやはり入手困難な金融商品ということなのです。

こういった点を踏まえて対策を練っていけば、少しは当選確率を上げられるかもしれません。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

4月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年4月に新規上場した5種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名
銘 …

電力事業のイーレックスが新規上場!将来性の高さは大きな魅力!

東証マザーズにおいて、「イーレックス」(証券コード9517)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1120円、仮条件は1120円から1170円、ブックビルディング期間は12月4日(木)から12月10日(水)まで …

ディーエムソリューションズのIPO仮条件が公開!想定価格を大幅に上回る2,300~2,500円に!

出典:ディーエムソリューションズ
2017年5月30日、東証JASDAQスタンダードで6月中旬に新規上場を控えている「ディーエムソリューションズ」の仮条件が発表されました。価格は2,300~2,500円。想定価格の2, …

安藤証券がインターネット取引においてIPO・POの取り扱いを開始します!

昭和19年に創立された老舗証券会社が「安藤証券」です。東海地方を営業の地盤としていますが、東京、大阪、兵庫、沖縄などにも店舗をおいています。そんな安藤証券ではIPOやPOの取り扱いを自らのインターネット取引サービスである …

新規上場仮条件
IPOを手に入れるには仮条件の上限を狙わないとだめ!

IPO株を手に入れたいときは、主幹事や引き受け証券会社で口座開設し、抽選を受けなければなりません。どこの証券会社でも買えるというものではなく、その企業が任せた証券会社に割り当てられた分を投資家で競争することになります。 …

IPOに本当に危険性は存在しないのか、と言われると・・・

IPOをなんとか抽選で手に入れたら、そのときは必ず儲かるのでしょうか。そう訊かれると、答えに窮してしまいます。このサイトでも何度も言っていますが、IPOは「高確率」で儲かるものであって、「必ず」利益が出せるのかというとそ …

FFRI(エフエフアールアイ)のIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「FFRI(エフエフアールアイ)」(証券コード3692)のIPO(新規上場)が行われます。
想定価格は1340円、仮条件は1340円から1450円、ブックビルディング期間は9月10日(水)から9月 …

インターネット・マーケティングを手掛けるGMO TECH(GMO テック)のIPO情報!業績はキレイな右肩上がり!

東証マザーズにおいて、「GMO TECH(GMO テック)」(証券コード6026)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は5760円、仮条件は5000円から5800円、ブックビルディング期間は11月26日(水)か …

マクロミルのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1,900~2,100円に!

出典:マクロミル
2017年3月6日、東証で3月下旬に上場を控えている「マクロミル」の仮条件が発表されました。価格は1,900~2,100円。想定価格の2,050円とほぼ同水準です。ブックビルディング(需要申告)は本日 …

メドピアのIPO情報と今後の行方予想総まとめ

出典:メドピア株式会社
東証マザーズにおいて、「メドピア」(証券コード6095)のIPO(新規上場)が行われます。想定価格は3680円、仮条件は3700円から4000円、ブックビルディング期間は6月11日(水)から6月 …