2015/09/11

株式投資でIPOを狙うなら主幹事を攻めるのが常識!?

ipo_shukanji
株式投資で資産を増やそうとしている方が、ネットで取り引きできるようになったこのご時世では非常に多くなっています。そんな中で、高確率で利益を上げられるからと今人気がものすごく上がっているのが、新規公開株、IPOと呼ばれるものになります。

非常に魅力があり、投資家の誰もがなんとか手に入れたいと日々思っているのですが、人気ゆえになかなか手に入りません。

まず簡単にIPOを紹介しておくと、これまで上場していなかった企業が証券取引所に株を公開して上場することを指します。

この上場するのとほぼ同時にその株を手に入れることになるので、いったんは値が高確率で上がるのです。投資家からすれば新しい投資先ができたわけですから、ほかの人も買いたいと思うため、大体値が上がります。

下がることも稀にあるのですが、かなりの高確率でIPOの売買価格である公募価格より、上場した初日の取り引きで決まる初値が高くなっています。2013年くらいからは公募価格から300%もの上昇で初値がついていることも多いです。

つまり、公募価格で買った値段の3倍にすぐに上がっているのです。それでなくても30万円くらいの利益は比較的簡単に出せています。たった1日でこれだけ得られるのですから、おいしい取り引きと言わざるを得ません。

IPOの利益は「初値-公募価格」なので、とにかく初値さえ公募価格よりも高ければ利益が出るのです。

そして、それはそんなに難しいことでもないのです。ただ、人気ゆえになかなか手に入らないのも事実なので、割り当て株数が多い主幹事を狙って口座開設をするのもテクニックになります。
では、主幹事とはいったいなんでしょうか。次の項で説明していきましょう。

主幹事って結局どんな証券会社のこと?

IPO株は一般的な株式取引とは違って、企業によって証券会社が違ってきます。どこからでも買えるものではないので注意しましょう。

IPO株は主幹事となる証券会社と引き受け証券会社に分かれて売りに出されます。

主幹事は上場したい企業が選びます。主幹事というのはその上場する企業を助けながらIPO株も売る証券会社です。それ以外の証券会社は引き受け証券会社となってIPO株を割り当ててもらって公募を行ないます。ですので、証券会社によってはその企業のIPOを取り扱えないわけです。なので、どこでも買えるわけではないのです。

IPOの主幹事には店頭型証券会社がなることが多い傾向にあります。店頭型はそれなりの規模がある会社だからでしょう。主幹事の役割は大きく分けて3つのものがあります。小規模ではとても対応できません。

・公開準備指導
まずはその企業の中期経営計画や業績動向に応じてIPOの時期を設定します。それに合わせて企業内の管理体制を整備したり、証券取引所への申請書類の作成を指導します。証券取引所との折衝も役割のひとつになります。

・公開審査
これは企業内容の審査や問題点の指摘、改善指導などです。

・株式の引き受けと販売
最後に公募と売り出しのために株式を引き受けます。適正な価格や投資株数単位の決定も主幹事の役割です。

主幹事をマークすることがIPO獲得の近道!

IPOは上場企業が株券を発行し、それを主幹事と引き受け証券会社に分けて、売りに出されます。その際に最も多く割り当てられるのが主幹事です。ですので、主幹事に口座を持っていることで、IPO株を得るチャンスが大幅に増大します。

例えば、ある企業がIPOを1万株発行した場合、主幹事に7000株、引き受け証券会社A社に2000株、引き受け証券会社B社に1000株が割り当てられるとします。割り当てを受けられなかった証券会社にしか口座がないと、その企業のIPO株を得ることはできなくなります。

そして、割り当てられたIPO株は投資家に抽選で分けられます。これは当然ながら発行数よりも応募数(注文数)が多かった場合に抽選となります。まあ、大概多いのですけれども。抽選方法はブックビルディング方式が主流になっています。

ブックビルディング方式というのは、まずIPOの仮条件価格が「●●●円~■■■円」などと提示されます。例えば「1000円~1500円」としましょう。投資家はこの範囲内で希望購入価格を提示します。ただ、最近はここでの1500円、つまり最高値でないと買えないと思ってください。あとは抽選を通ればIPO株をゲットというわけです。

それでもなかなか手に入らないのがIPO株の現実?

抽選方法が一応平等ということに表向きはなっていますが、なかなか手に入らないのが現実です。というのは、大体各証券会社の大口の投資家や優良顧客に優先的に割り当てられてしまうからです。資金が豊富で取り引きが頻繁な客などへ、証券会社が営業ツールとしてIPO株を配布してしまい、より狭き門になるというわけです。

ただ、これは主幹事が店頭型証券会社だった場合です。昨今はネットだけで業務を行っている証券会社も少なくありません。そういった会社が主幹事にはなかなかなりませんが、引き受け証券会社くらいにはなります。いわゆるインターネット証券会社であればコンピューターで抽選が行われるので、チャンスはより平等です。

いずれにせよ、IPO株を当選で受けるにはなかなか至難の業と言えるでしょう。

当サイトの『IPOの当選確率を上げるためやっておかなければならないこと』のページを見て、いろいろなテクニックを試してみてください。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ジーニーのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る1,220~1,350円に!

出典:ジーニー 2017年11月28日、東証マザーズで12月中旬に新規上場を控え …

幸和製作所のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る3,220~3,520円に!

出典:幸和製作所 2017年11月9日、東証JASDAQスタンダードで11月下旬 …

ほぼ日のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2,250~2,350円に!

出典:ほぼ日 2017年2月24日、東証JASDAQスタンダードで3月中旬に新規 …

一大グループ・リクルートホールディングスが新規上場で初値価格はどうなる?

東証1部において、「リクルートホールディングス」(証券コード6098)のIPO( …

スシローグローバルホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの3,600~3,900円に!

出典:スシローグローバルホールディングス 2017年3月13日、東証で3月下旬に …

レアジョブのIPO総まとめ!格安オンライン英会話屋さんの初値は大幅なプラスと予想

出典:レアジョブ 東証マザーズにおいて、「レアジョブ」(証券コード6096)のI …

投資運用事業ファーストブラザーズのIPO,初値はプラスリターンとなるのか。

東証マザーズにおいて、「ファーストブラザーズ」(証券コード3905)のIPO(新 …

ダブルスタンダードのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2030~2190円に!

出典:ダブルスタンダード 2015年11月25日、東証マザーズで12月中旬に新規 …

ハイアス・アンド・カンパニー(HyAS & Co.)のIPO仮条件が公開!想定価格を上回る850~950円に!

出典:ハイアス・アンド・カンパニー 2016年3月17日、東証マザーズで4月上旬 …

ショーケース・ティービーのIPO、初値は大幅なプラス予想!!

東証マザーズにおいて、「ショーケース・ティービー」(証券コード3909)のIPO …