2015/10/04

IPOが創業者利益を得る手段のトレンドになっている!?

創業IPOで利益を得るのは投資家だけではありません。創業者にも大きなメリットがあるのです。立ち上げた企業を上場させて莫大な利益を得るために行うのもまたひとつのトレンドとなっています。

そもそも創業者利益というのがどんなものか、ちゃんと理解されていますか。
創業者利益と聞くと、会社の売り上げを報酬として受けとることがそれに当たると思っている方も少なくありません。確かに、上場していない中小企業や自営業の店などではそうであるかもしれません。しかし、上場するかしないかで言えば、創業者=社長とは限りません。必ずしも経営や営業に参加していなくても、上場することで創業者利益という莫大な金額を手にすることができます
自社の株を保有し、それを売買することで、株式会社の事業活動のために投入した資本金と、発行した株式の総額との差額を得るのです。これが創業者が利益として取得されるものです。昨今の創業者利益獲得の主流になっているのが、投資家に人気で、高確率で高値がつくIPOというわけです。

ですので、創業者はできるだけ多くの利益を得たいわけですから、上場させる企業の株価を初値だけでなく、その後の推移でも高値を狙いたいわけです。そのために、しっかりとした主幹事と協力し合いながら、適正価格以上の値がつくように努力をします。投資家もその意気込みに期待して価格を判断していきます。だからこそ、IPOは初値が高確率で高くなるのです。

富を得るための手段、創業者利益の仕組み

創業者が創業者利益を得る仕組みを今一度詳しく見てみましょう。
例えば、創業時に資本金5000万円を投じたとします。同時に5000円の株式を1万枚発行しました。
数年経って、経営も順調で、知名度のある企業に成長しました。このように業績が評価されれば、それに比例して株価も上昇します。数年後には株価が何倍にもなるほどの人気ぶりです。このときに株価が5万円にまでなっています。

このときに発行した1万枚の株券のうち、半分を売却してみましょう。5万円×5000枚ですから、2.5億円にもなります。元は5000円×5000枚ですから2500万円の価値だったものが、10倍もの価値に跳ね上がっているのです。
まだ保有している残りの5000枚も2.5億円ですから、合計で5億円ですね。最初に投じた資金は5000万円なので、差額4.5億円が創業者利益となるわけです。

このように株式市場に上場し、さらに事業が大きく成長して株価が上昇すれば、少ない資本から多額の創業者利益を得ることができるのです。

創業者利益で主流のIPOが人気の理由

創業者利益獲得の方法として上場が最も手っ取り早いということで、現在の主流はIPOで創業者が大きな富を得るようになっています。
IPOはご存知のように初値が高騰しやすいので、多くの株を所有している創業者にとっては一気に儲けるチャンスになります。仮にその企業自体があまり大きな利益を生み出していなかったとしても、上場時の時世によっては初値が高くつくので、創業者は上場をするだけで莫大な創業者利益を手にすることが可能です。その時点では利益が少ない企業でも将来性があれば初値は上がりますし、その後の株価も好調となります。

将来性もなく事業的な魅力に乏しいとその後の株価は下がりますが、初値はまた別物なので多くのケースで初値が高くなるケースが多いです。特に最近の傾向では創業者やその一族が保有する株式がIPOの初値で適正価格よりも値がはね上がることが頻発しています。そのときに経営権を揺るがさない程度に株式の一部だけを売却しても莫大な現金が創業者利益として手に入ります。夢がありますね。

ただ、所有株数の多い創業者の場合は上場時に売買の制限などがかけられてしまうので、利益はある程度が限界で、上限が出てくるのですが。まあそれでも大きな利益を得ることができることには違いはありません。

ですので、創業者利益を得るのに手っ取り早いと主流になったのがIPOというわけです。上場する創業者自身が損をしたくないわけですから、上場する場合はそれなりの規模や計画などを作り、将来性のあるデータを示します。そして、それを投資家が見てIPO投資に向かってくるので、初値は大体上がるというわけです。

金熊が断言!IPO投資におすすめのネット証券ランキング

・IPO取扱銘柄の豊富さでNo.1!!
マネックス証券の素晴らしさは色んなIPO銘柄に申込める点です。IPO主幹事になることは少ないですが、新規公開株銘柄の取り扱いはネット証券の中ではピカイチ。しかも抽選方法はIPO株100%全部を1人1票の平等抽選で配分しているので投資実績のない初心者にとってはマネックス証券は外せない。
→ マネックス証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
0社 50社 100%・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・IPO主幹事が多くて隠れた狙い目の証券会社、それがカブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券のグループ会社ということもあり、毎年必ずと言っていいほど多くの新規公開株主幹事証券となるカブドットコム証券。IPO銘柄を狙う人は必ず持っておいて損はない証券口座と言っていいだろう。
→ カブドットコム証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
7社 18社 一定割合・一人一票の平等抽選
公式サイトはこちら

・ネット株投資家にとって穴場なのが岡三オンライン証券
IPO株の割当を100%ネット株投資家に配分しているのが岡三オンライン証券だ。IPO株の90%は実績の多い投資家ほど優遇される抽選システムになっているが、10%は取引実績に左右されずに配分される。多少なりとも投資実績のある人にとっては申込むべきネット証券口座だ。
→ 岡三オンライン証券の公式サイトへ
2015年実績   
主幹事数 取扱銘柄 ネット配分・抽選方法
6社 10社 10%以上:一人一票の平等抽選
90%以下:取引実績による優遇抽選
公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

3月に上場したIPO(新規公開株)の公募価格・初値・現在価格まとめ!

2017年3月に新規上場した22種類のIPOの日程・公募価格・初値・現在価格等の最新市況データ情報をまとめてみました。はたして今月はどんな銘柄が初値高騰したのか?推移を検証して今後の予想に役立てましょう。

銘柄名

分譲マンション建設事業のファーストコーポレーションが新規上場!初値のプラスリターンは期待できる?

東証マザーズにおいて、「ファーストコーポレーション」(証券コード1430)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は1530円、ブックビルディング期間は3月6日(金)から3月12日(木)までです。また上場予定日は3 …

SYSホールディングスのIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの2,360~2,560円に!

出典:SYSホールディングス
2017年6月12日、東証JASDAQスタンダードで6月下旬に新規上場を控えている「SYSホールディングス」の仮条件が発表されました。価格は2,360~2,560円。想定価格の2,560円 …

ノムラシステムコーポレーションのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る920~960円に!

出典:ノムラシステムコーポレーション
2016年8月26日、東証JASDAQスタンダードで9月中旬に新規上場を控えている「ノムラシステムコーポレーション」の仮条件が発表されました。価格は920~960円。想定価格の92 …

あんしん保証のIPO仮条件が公開!ほぼ想定価格通りの1320~1460円に!

2015年10月29日、東証マザーズで11月中旬に新規上場を控えている「あんしん保証」の仮条件が発表されました。価格は1320~1460円。想定価格の1390円に近い水準です。ブックビルディング(需要申告)は来週の11月 …

「築地 銀だこ」の(株)ホットランドが新規上場!リターンはどれほど期待できるのか?

東証マザーズにおいて、「ホットランド」(証券コード3196)のIPO(新規上場)が行われます。
想定価格は2110円、仮条件は2010円から2110円、ブックビルディング期間は9月11日(木)から9月18日(木)までと …

ロゼッタのIPO仮条件が公開!想定価格をやや上回る645~695円に!

出典:ロゼッタ
2015年11月2日、東証マザーズで11月中旬に新規上場を控えている「ロゼッタ」の仮条件が発表されました。価格は645~695円。想定価格の645円をやや上回る水準です。ブックビルディング(需要申告)は …

日本郵政グループのIPO仮条件が公開!日本郵政は1100~1400円!

2015年10月7日、日本中の投資家が注目している今年最大の上場イベント「日本郵政」・「かんぽ生命保険」・「ゆうちょ銀行」のIPOの仮条件が遂に発表されました。
日本郵政(証券コード:6178)は1100~1400円。か …

アドベンチャーのIPO投資スタンスは「強気」です!

東証マザーズにおいて、「アドベンチャー」(証券コード6030)のIPO(新規上場)が行われます。

想定価格は2300円、仮条件は2300円から2500円、ブックビルディング期間は12月2日(火)から12月8日(月)まで …

グローバルウェイのIPO仮条件が公開!想定価格を上回る2760~2960円に!

出典:グローバルウェイ
2016年3月31日、東証マザーズで4月中旬に新規上場を控えている「グローバルウェイ」の仮条件が発表されました。価格は2760~2960円。想定価格の2760円をやや上回る水準です。ブックビルデ …