【これはすごい】iサイクル注文がバージョンアップ!トレンドを判別して最適なトレード方針を決定してくれる「売買自動判定機能」を追加!【外為オンライン】

2017年3月に、外為オンラインの自動売買システム・ iサイクル注文のバージョンアップが行われることになりました。これまでランキング方式やマトリクス方式からの注文など、ユニークな新機能が続々と追加されてきたiサイクル注文。今回のバージョンアップでは、システムが相場のトレンドを判定して自動的に最適な注文方向を決定する「売買自動判定機能」が実装されます

また、本機能のリリースと共に、同一通貨ペア・同一売買方向の複数のiサイクル注文の運用も可能になりました。これでiサイクル注文の使い勝手がさらに向上すること間違いなし!売買自動判定機能はどのようなシステムなのか、その特徴を具体的に見ていきましょう。

iサイクル注文とは?

iサイクル注文は、外為オンラインが提供している大人気FXトレードサービスです。「想定変動幅・ポジション方向・対象資産」の3種類を設定するだけでIFD注文をリピートしてくれます。しかも相場の変動に追従しながらパラメータを自動調整してくれるため、トレーダーが何もしなくてもどんどん利益が増えていきます。

基本的にレンジ相場向けの取引手法なので、想定変動幅を超過するほどのトレンドが発生すると大きな損失が出る可能性があることに注意する必要があります。

売買自動判定機能の魅力

「売買自動判定機能」とは、トレンドの転換点にあわせて買注文または売注文を自動で反転させながら取引を継続する斬新なトレーディングサービスのことです。

通常、iサイクル注文を利用する際には、「買い」で勝負するか「売り」で勝負するか、取引方針をトレーダー自身で決定しなければなりません。ある程度相場観のあるトレーダーならチャートを見て判断できるでしょうが、初心者にはやや難儀な作業です。

そんな時に重宝するのが、この売買自動判定機能。運用開始時にシステムが自動的にチャートのトレンドを分析・判定し、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りで発注します。しかもトレンドが反転した際には、システムが自動的に保有しているポジションをすべて成行注文で決済し、約定していない指値注文を取り消します。その後、トレンドに適合した注文(売買方向を反転)条件でiサイクル注文を再開します。

つまり、トレーダーはもはや何も考えることなく、現在の相場に最適な条件にて自動売買を半永久的に継続することが可能なのです。まさにFX初心者が長年待ち焦がれてきた理想的な機能の実装と言えるでしょう。

売買自動判定機能の使い方

売買自動判定機能の使い方は非常に簡単です。発注画面の「ポジション方向」の欄で、「トレンドで切り替える」を選択。「トレンド判断テクニカル」で、トレンドを判定するテクニカル指標(移動平均線かMACD)と足種(1時間足、4時間足、12時間足、日足、週足、月足)を組み合わせて指定するだけです。

ランキング方式の場合は、ポジション方向で「トレンド」を選択すると、シミュレーション結果を一覧表示させることができます。

ちなみに、iサイクル注文の売買自動判定機能は、デモ環境の場合本日2017年3月6日から利用可能です。ライブ口座には3月20日にリリース予定。当面はボラティリティ方式からの発注となり、マトリクス方式でのトレンドによる自動注文機能は後日リリースされる予定です。

裁量トレードに自信のない方、長時間市場を観察している時間のない方、自動売買取引に興味のある方は、この機会に外為オンラインのiサイクル注文をチェックしてみてはいかがでしょうか。

→外為オンラインの口座開設はコチラから

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

10月からGMOクリック証券で貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)・maneoの案件に投資できるサービスがスタート!【GMOクリック証券】

FXや株式取引、先物、CFDなど多彩な金融商品を取り扱っている業界大手の証券会社・GMOクリック証券が、2016年10月から新たな投資サービスを開始します。貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界で最大 …

FX業者・証券会社ニュース
モバイルトレードアプリ「携帯FX halomo(ハロモ)」【上田ハーロー】

上田ハーローFXではiアプリ専用モバイルトレードツール「携帯FX halomo(ハロモ)」を2010年3月20日(土)よりリリース!これによりDoCoMo、au、SoftBankでいつでもどこでもFX取引が出来るようにな …

今日からリニューアル版FXネオのデモ取引がスタート!【GMOクリック証券】

FX取引高世界ナンバーワンを誇る国内最大手のFX業者・GMOクリック証券のFXネオが2016年の2月から大幅リニューアルされることになりました。そして本日2015年11月30日から、新サービスを体験できる先行モニター受付 …

クリスマス・年末年始のFXの取引時間

今年も残すところあと1週間ちょっととなりました。2017年の為替相場はロシアゲート疑惑や北朝鮮のミサイル問題などネガティブな材料が多く、最後までドル相場の上値の重しとなりました。さらに米大使館のエルサレム移転問題に端を発 …

サイクル注文がバージョンアップ!未約定の指値注文分の証拠金を拘束されることなくIFD注文を仕掛けられる「サイクル2取引」の提供が今日からスタート!【外為オンライン】

本日2017年12月18日に、外為オンラインの自動売買システム・サイクル注文のバージョンアップが行われました。仕様が大きく変更され、従来のサイクル注文よりさらに資産運用性が向上しました。
サイクル注文とは?
サイクル注文 …

パートナーズFX nanoに8通貨ペアを追加!取引銘柄が豊富に!【マネーパートナーズ】

FXトレードの最小単位・ロット(Lot)の定義は業者によって様々。1ロット=10万通貨のところもあれば、1万通貨や1000通貨のところもあります。マネーパートナーズは1万通貨取引の「パートナーズFX」の他に、わずか100 …

【悲報】テクニカル分析ツール「らくらくテクニカル」とFX24モバイルWeb版のサービス終了が決定【インヴァスト証券】

インヴァスト証券を利用しているトレーダーにとって非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。インヴァスト証券の大人気トレーディングサービス「らくらくテクニカル」と「FX24」のモバイルWeb版が、2015年の11月 …

今日から「みんなのFX」がリニューアル!システムトレード(自動売買)専用の「みんなのシストレ」を同一口座で利用可能に!【トレイダーズ証券】

2007年5月18日にスタートしたトレイダーズ証券のFXサービス「みんなのFX」が今年で10周年を達成しました。そして11月25日に、より使いやすい取引環境を提供すべくリニューアルが実施され、みんなのFXの取引システムが …

米大統領選挙開票の進捗状況を現地アメリカから実況生中継!全世界が注目しているビッグイベントの様子をネットでチェックできる特別ライブ配信!【セントラル短資FX】

明日の2016年11月8日は、アメリカのトップを決める大統領選挙の投開票日です。米国史上初となる女性大統領就任を目指すヒラリー・クリントン氏、歯に衣着せぬ物言いで熱狂的な支持者を獲得してきたドナルド・トランプ氏、果たして …

【悲報】FX自動売買ツール「アルゴトレード365」がサービス終了【岡三オンライン証券】

日常的にシステムトレードを利用しているトレーダーにとって大変ショックなニュースが飛び込んできました。2011年12月以来、岡三オンライン証券が提供してきたFX自動売買ツール「アルゴトレード365」が、取引システムのリニュ …