トランプ大統領が不倫疑惑のセクシー女優から訴えられる!米国大統領は「不適切な関係」がお好き?


2018年3月8日現在、ドル円は105円台後半を推移しています。

3月7日に発表されたADP雇用統計は、市場予想の20.0万人を上回る23.5万人という結果になり、ドル円はややドル高に向かいました。しかし、現状あまりにもたくさんのニュースが市場を駆け巡っており、非常に上値の重い状況が続いています。

最近の主な政治・経済ニュース

  • 債券利回り上昇、タカ派的な利上げペースに対する警戒などの要因によりNYダウ下落→ネガティブ要因
  • トランプ大統領が鉄鋼・アルミニウム輸入品への関税措置を表明→ネガティブ要因
  • 北朝鮮が非核化の意思を示す→ポジティブ要因
  • 関税賦課に反対だったゲイリー・コーン米国家経済会議(NEC)委員長が突如辞任→ネガティブ要因

そんな中、意外な方面からトランプ大統領およびその関係者を悩ませる新たな火種が浮上してきました。

なんと、かつてドナルド・トランプ大統領と不倫関係にあったと噂されるアメリカの人気セクシー女優・Stephanie Clifford(ステファニー・クリフォード)さんが、トランプ大統領を告訴したのです。

彼女の目的は一体何なのでしょうか?これまでの経緯をまとめてみました。

ステファニー・クリフォードさんについて

出典:bbc

ステファニー・クリフォードさんは、Stormy Daniels(ストーミー・ダニエルズ)の芸名で活動しているセクシー女優兼監督です。

ストーミー・ダニエルズさんってどんな人?

  • 本名:Stephanie Gregory Daniels Clifford(ステファニー・グレゴリー・ダニエルズ・クリフォード)
  • 1979年3月17日生まれ。現在38歳。
  • アメリカ合衆国ルイジアナ州出身の白人。
  • 身長170センチの長身と美しいブロンドヘアーが魅力。
  • スリーサイズはB91、W61、H91。(Fカップ)
  • 17歳の時にバトンルージュのクラブでスト〇ッパーになり、2000年9月にセクシー女優デビュー。
  • 2004年にAVN最優秀新人賞を受賞。
  • 2016年にXBIZ年間最優秀監督賞を受賞。
  • 約150もの成人映像作品に出演。The 40-Year-Old Virgin(40歳の童貞男)などのコメディ作品にも多数出演。
  • Michael Mosny氏と結婚したが、家庭内暴力などを切っ掛けに離婚。
  • 2011年1月にGlendon Crain氏との間にもうけた娘を出産。

ちなみに、公式サイトにアクセスして会員登録すれば過激な映像を楽しむことができます。(18禁サイトなのでURLは載せませんが、興味のある方は自分で探してください。(笑))

ステファニー・クリフォードさんは2018年1月に、ドナルド・トランプ大統領と不倫関係にあったことをウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記者に報じられて世界的に話題となりました。

しかも、2016年の大統領選挙を間近に控えていたトランプ陣営は、不倫の事実が明るみに出ないように口止めの裏工作を行ったと言われています。

大統領選の12日前の2016年10月27日に、トランプ氏の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏がステファニー・クリフォードさんに対して13万ドル(約1,380万円)を支払って不倫のことを口外しないように依頼したというのです。

ストーミー・ダニエルズさんとトランプ大統領の関係

WSJの記事によれば、ストーミー・ダニエルズさんは2006年7月にトランプ氏と男女の関係をもったことがあると取り沙汰されています。

ちなみにトランプ氏は2005年にモデルのメラニア・クラウスさんと結婚し、2006年に実子のバロン君が誕生しています。

この報道が事実なら、紛れもなく不貞行為です。今風に言えば、センテンススプリングというやつです。(笑)

政界とのつながりもある世界的富豪とセクシー女優。一見接点がないように思えますが、2006年に開催されたセレブ達のゴルフトーナメント会場で二人は出会いました。トランプ氏は彼女のあまりの美しさに一目で惹かれたそうです。

ちなみにストーミー・ダニエルズさんは、2009年にルイジアナ州選出の連邦上院議員選挙に立候補しようとしたことがあります。

今にして思えば、後にアメリカ合衆国大統領となるトランプ氏との親密な関係が、彼女に政界進出を意識させたきっかけになったのかもしれません。

不倫報道を巡る両者の対応

トランプ政権側の反応

  • ホワイトハウス広報は報道内容を否定。
  • 金銭授受の事実はなかったと主張。
  • トランプ大統領、ペンス正副大統領ともノーコメントを貫く。

ストーミー・ダニエルズさん側の反応

  • 記者の取材を受け、不倫の事実を認める。
  • トランプ氏との関係は2006年夏に始まり2007年まで続いたと主張。
  • トランプ氏の不品行疑惑で複数の女性が名乗り出た2016年にトランプ氏の個人弁護士であるマイケル・コーエン氏側から接触があり、選挙に支障が出るので不倫のことを口外しないよう言われたと主張。
  • デービッド・デニソンとペギー・ピーターソンという偽名を使って合意は交わされたと主張。

そしてストーミー・ダニエルズさんは今回、トランプ大統領との不倫関係について沈黙を守ることを約束した合意を無効にするよう請求する訴状を米ロサンゼルス郡地裁に提出しました。

ポイント

  • 大金を受け取る見返りに、「トランプ氏との性的関係を持ったという事実はない」、「トランプ氏から大金を支払われたという事実もない」等の文面にサインさせられた。
  • 合意後も約束を守るようコーエン氏による脅迫が続いた。
  • 2月27日には、本人への通知なしでコーエン氏が虚偽の調停を申し立ててきた。

⇒精神的苦痛に悩み続けたストーミー・ダニエルズさんが合意の無効化を求める。

ストーミー・ダニエルズさんは、合意文書にトランプ氏の署名が無いため契約書としての効力がないと主張しています。

秘密を守る合意を取り消すことで、トランプ大統領との不倫を綴った暴露本でも出版するつもりなのかもしれません。

この問題について、トランプ大統領は一貫してストーミー・ダニエルズさんとの性的関係を否定。マイケル・コーエン弁護士も、以下のような論法を展開しています。

マイケル・コーエン弁護士の口座がある銀行が、不審な取引として米財務省に報告。公共利益団体のコモン・コーズが、ストーミー・ダニエルズさんへの支払いは選挙資金法に違反するとして連邦選挙委員会と司法省に申し立てた。

資金は自分のポケットマネーから全額捻出した。トランプ・オーガニゼーションやトランプ陣営の大統領選キャンペーンとは一切関係なく、違法性はない。
なぜ13万ドルもの大金を彼女に支払ったのか?

事実でなくても噂が流れるだけで選挙の結果に悪影響を及ぼす可能性があったからだ。私にはいかなる時でもトランプ氏を守る使命がある。

いかにも弁護士らしい筋の通った主張ですが、いささか無理のある印象を受けないでもありません。(笑)

不倫報道が相場に及ぼす影響

実はトランプ大統領はストーミー・ダニエルズさん以外にもたくさんの女性とのスキャンダル疑惑を抱えています。

不貞行為の噂

  • 2005年に撮影されたビデオのなかで、トランプ氏が「私なら同意なく女性にキスしたり触れたりすることができる」と語り世間から顰蹙を買う。
  • 2016年に、「トランプ氏にハグされて勝手にキスまでされた」と主張する女優が現れる。
  • 1万ドルを提示されて「私のスイートに来てくれ」と誘われたと主張する女優が現れる。
  • 2018年2月、トランプ氏がプレイボーイ誌の元人気モデル、カレン・マクドゥーガルさんとも2006年に関係を持っていたことが報じられる。

そもそもメラニア夫人自体、トランプ氏が2度の離婚を経て迎えた3人目の伴侶です。非常に豪快な性格で女癖が悪く、一連の不倫の噂が真実である可能性はかなり高いのではないかと思われます。

個人的には、北朝鮮の非核化や輸入関税などの事案に比べるとそこまで重要視する話題ではないように感じられますが、かといって軽視も出来ないでしょう。

なぜなら、かつて「不適切な関係」という言葉が社会現象になったように、米国の大統領が不倫によって窮地に追い込まれた前例があるからです。

モニカ・ルインスキー事件

  • 1998年1月、アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントン氏に対し、95~97年にかけて実習生としてホワイトハウスを訪れていた27歳年下のモニカ・ルインスキーさんと性的な関係にあったという疑惑が持ち上がる。
  • クリントン大統領は報道を全否定。
  • クリントン大統領の体液が付着した青いドレスが提出され、DNA鑑定の結果、クリントン大統領本人のものと断定。
  • ホワイトハウスからテレビ中継を通じて国民に謝罪。この時飛び出した「不適切な関係」という言葉が流行語となる。

弾劾裁判での罷免は回避できたとはいえ、その後の大統領選や政治家としてのイメージを大きく失墜させた事件であることは間違いありません。

今やアメリカでは、政界だけでなくハリウッド等のメディア界でも、セクハラ疑義によって業界の大物が辞任に追い込まれるケースが急増しています。

アメリカで起きているセクハラ告発“パンデミック”が意味するもの
出典:excite

女性の権利が重視されるアメリカで、女性をモノ扱いするような行為は政治家生命にかかわります。

実際、3月3日夜にホワイトハウスで開かれた記者会では、相次いで政権幹部が辞任している事態を指摘されたトランプ大統領が、
次に辞めるのは妻のメラニアかな?
と自虐的なジョークを飛ばしています。(笑)

可能性は低いですが、万一不倫問題を切っ掛けにトランプ大統領が辞任するような事態にでもなれば、相場が大きく動くきっかけとなることでしょう。一応注意はしておいた方がよさそうです。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

最新相場速報
【9/9夕方 NY前、目立った動きはまだ無し】

東京時間は静かな展開。ロンドン市場に入ってからややユーロ買いポンド売りの動きが出 …

最新相場速報
【5/26火曜日 経済指標】

5/26の重要指標はこちら 赤字は要チェック 時刻 内容 前回 (修正値) 予想 …

最新相場速報
3/31水曜日_ドル円・クロス円午後から軟調

これまで堅調に推移していたドル円・クロス円が現在は下落してきています。ドル円は本 …

最新相場速報
4/20水曜_ユーロ続伸、1.4500へ。まだ上昇?

ユーロが高騰しています。ユーロドルは1.4500へ、ユーロ円は120円へと乗せて …

最新相場速報
2/6 雇用統計は予想より弱い。ドル買い優勢

米1月非農業部門雇用者数は-59.8万人で予想より弱い結果。失業率も予想より少し …

2015年12/28~12/31 今週のFX週間指標

2015年12月28日から12月31日までの経済指標スケジュールです。 金熊のF …

最新相場速報
6/29水曜_ユーロ買い強い、ドル円は81円台

ユーロが買われています。ギリシャ議会による緊縮財政の可決への期待の高まりから、ユ …

最新相場速報
【2010/5/17 月曜日 経済指標】

2010年5月17日のFX重要指標はこちら 赤字は要チェック 時刻 内容 前回 …

最新相場速報
4/12火曜_東京時間の円高の動き、欧州参入後は戻される

東京時間に急激な円高の流れとなり、ドル円は83円台半ばまで、ユーロ円は120.0 …

最新相場速報
【12/4金曜夕方】今年最後の雇用統計が発表

昨日のECBで金利が予想通り据え置かれ後の相場。ドル円は一時88.41まで値を伸 …