北朝鮮が板門店での南北首脳会談に合意し核実験凍結を確約!歴史的対談の経緯と今後の予想をまとめてみた

2018年3月6日、緊張の続く北朝鮮情勢に大きな進展がみられました。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に臨んでいた韓国特使団が北朝鮮訪問を終えてソウルに戻り、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に訪朝結果を報告。その後開かれた記者会見の中で、以下の4点が明らかになりました。

ポイント

  • 南北軍事境界線上にある板門店の韓国側施設「平和の家」で4月末に南北首脳会談を開催することで合意。(2000年6月、2007年10月に続いて、およそ10年振り3回目)
  • 南北首脳間にホットラインを開設し、電話協議する。
  • 非核化問題協議や米朝関係正常化のため、米国と対話する意思があることを表明。
  • 対話が継続している間、核実験や弾道ミサイル発射を行わないことを承諾
これまで頑なにアメリカを批判し続けていた北朝鮮の態度が軟化しており、非核化に向けて非常に前向きな姿勢を示していることに驚かされます。

市場は朝鮮半島を巡る地政学的リスクが後退したことを大いに好感。

トランプ大統領の輸入関税の正式発表に向けて警戒感が強まっていたドル円は、一時106円台半ばまで円安に向かった後に再び105円台に押し戻されていました。しかし、報道後は一気に106円台半ばまで円安に反転しました。

韓国と北朝鮮の歴史的な対談の経緯や、今後予想される展開をまとめてみました。

韓国特使団について

今回金正恩朝鮮労働党委員長との会談に臨んだ特使団は、以下の要人で構成されたグループです。

  • 首席:青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長
  • 情報機関・国家情報院(国情院)の徐薫(ソ・フン)院長
  • 統一部の千海成(チョン・へソン)次官
  • 国情院の金相均(キム・サンギュン)第2次長
  • 大統領秘書室の尹建永(ユン・ゴンヨン)国政状況室長

総勢約10名

特使団が結成された目的は、朝鮮半島非核化に向けた米朝対話を仲介するためです。文在寅大統領の親書を携えて訪朝しました。

ちなみに、韓国政府関係者が北朝鮮の党本部を訪れるのはこれが初めてのこと。そして、金正恩氏が韓国政府高官と会合を持つこと自体が、2011年の就任以来初めてのことです。

韓国特使団の行動を時系列順にまとめてみましょう。

歴史的会談の経緯

  1. 3月5日に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が特使団を北朝鮮に派遣。
  2. 北朝鮮に到着してすぐ、特使団が平壌の朝鮮労働党本館で金正恩朝鮮労働党委員長と面会。
  3. 朝鮮労働党本部にあるツツジ館にて、会談と夕食会が4時間12分に渡って行われた。
  4. 会談の中で、朝鮮半島の非核化・米朝対話・南北関係の改善など、朝鮮半島の懸案事項について話し合われた。
  5. 3月6日午後、特使団がチャーター機で京畿道・城南のソウル空港に戻る。
  6. 「(北朝鮮との会談は)結果を得られ、失望するものではなかった。」とコメント。

トランプ政権は米朝対話の条件として、「核の廃棄」を絶対条件に挙げていました。

しかし、それは北朝鮮にとって命綱を手放すようなものであり、とても承服できるものではありません。

そこで文在寅大統領は、北朝鮮への要求をある程度譲歩することで会談をうまくまとめたものと見られます。

  • 米朝対話を始める前提条件を、まずは「核の廃棄」ではなく実行に移しやすい「核開発の凍結」に引き下げる。
  • 米朝対話の中で徐々に「核の廃棄」を実現していく。

⇒北朝鮮側も納得し、南北間に一定の合意が得られた。

北朝鮮側の反応

片や金正恩朝鮮労働党委員長側は、夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏だけでなく、平昌冬季五輪開会式に合わせて特使として訪韓したことで話題を呼んだ妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長も夕食会に出席させ、最大限の厚遇で韓国特使団をもてなしました。

金正恩朝鮮労働党委員長は対談の中で韓国側に、

  • 立派な親書をいただき感謝している。
  • 南北の関係強化を積極的に進める固い意志を抱いている。
  • 国を再統一し、新しい歴史を描きたい。
  • 核兵器や通常兵器を韓国に向かって使用しない。
  • 体制の安全が保障されるなら非核化についても善処する。
  • 4月から実施予定の韓米軍事演習実施についても理解している。

と伝えたそうです。

そして対談終了後には、「満足する合意を得た」とコメントしています。

北朝鮮の狙いは?

出典:bbc

北朝鮮側が公開した対談の様子には、非常に楽しそうな笑顔を浮かべている金正恩朝鮮労働党委員長が写っています。

ここで気になるのは、これまで韓国を含め世界中の国々を罵り非難してきた北朝鮮が、なぜ急に態度を軟化させてきたのか?という点です。

まさか先日の平昌オリンピックに感動して改心したわけではないでしょう。(笑)

  • 国際社会から孤立の一途を辿っている北朝鮮が韓国を味方に引き入れようとしている?
  • 韓国と北朝鮮の親密な関係をアピールすることで米韓関係を揺さぶりたい?

一番考えられるのは、やはり北朝鮮への経済制裁がボディーブローのように効いてきているため、南北首脳会談を利用して緩和の突破口を開こうとしているのではないでしょうか。

国連の安保理で採択された北朝鮮への経済制裁

  • 2006年10月:大量破壊兵器の開発および違法な取引に繋がる恐れのある金融取引の禁止・資産の凍結
  • 2009年6月:核・ミサイル開発に繋がる金融取引の阻止を国連加盟国に要請
  • 2013年1月:ミサイル発射に関わった北朝鮮の宇宙空間技術委員会およびその関係者の資産凍結
  • 2016年3月:北朝鮮への航空燃料輸出を原則禁止
  • 2017年12月:灯油やガソリンなど石油精製品の北朝鮮への輸出を、現行の年間450万バレルから年間50万バレルまで90%近く削減。

その他、日米が独自に展開してきた制裁も数えきれないほど実施されています。

にもかかわらず北朝鮮は性懲りもなく核開発を続けており、もはやここまで来ると同じギャグパターンを何度も繰り返す「天丼」というお笑いの手法を体現しているのではないかと勘繰りたくなってきます。(笑)

今後想定される展開

市場では北朝鮮の非核化に対して歓迎ムードが漂っていますが、「北朝鮮と韓国が満足しても、日米が満足できる合意ではないのではないか」という声も上がっています。

ネガティブ材料

  • 北朝鮮は核開発を止めるとは言っていない。
  • そもそも北朝鮮は「核開発の凍結」という約束をこれまで何度も反故にしてきた前科がある。(2005年9月に採択された核放棄の共同声明を無視し、北朝鮮は2006年7月のミサイル実験に続いて10月にも核実験を強行している。)→六者会合について
  • 肝心のアメリカとの協議が未知数。

もともと韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、就任当初から北朝鮮寄りの外交を行ってきた政治家です。北朝鮮に対して直接対話を呼びかけてきましたが、金正恩朝鮮労働党委員長は完全に無視してミサイルの開発を進めてきた経緯があります。

厳しい言い方をすれば、文在寅大統領は金正恩朝鮮労働党委員長になめられており、今回の会談も北朝鮮の都合のいいように利用されているだけのようにも映ります。

ネット上では、「韓国は北朝鮮側に付いて、核ミサイル完成の時間稼ぎを手伝っているだけだ」という厳しい意見まであがっています。

日本では小野寺防衛大臣が、「北朝鮮が本当に核・ミサイル開発をやめるつもりなのか、慎重に見定める必要がある」とコメント。

ドナルド・トランプ大統領はツイッターにて、北朝鮮の非核化を「偽りの希望だろう」と厳しく評価していますが、「米国はあらゆる選択肢を用意している」とコメントしています。静観しつつも、あまり歓迎しているようには見えません。

期待したいパターン

  • 米朝協議がまとまり、北朝鮮が本当に核を放棄する。
  • 人道支援が進み、北朝鮮人民の生活が改善する。
  • 拉致被害者も無事に帰国する。
  • 東アジア情勢の地政学リスクが解消され、相場が株高・円安になる。

想像したくないパターン

  • 非核化発言はやっぱり嘘だった。
  • 北朝鮮が米国本土まで届くミサイルを完成させ、アメリカと北朝鮮の軍事衝突が始まる。
  • パニックになった相場は株安・円高へ。
  • 東アジアで大多数の死傷者が出て、北朝鮮に加担した韓国までもが世界から孤立する。

いずれにせよ、これまで頑なに協議を拒み続けてきた北朝鮮がようやく交渉のテーブルにつく方針を示したのは大きな進展だと思います。

現時点で北朝鮮側の発言を鵜呑みにするのは早計ですが、このまま世界平和に向かって事態が好転していくことを願うばかりです。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

最新相場速報
【7/17金曜日 今日の為替】

ドル円は一時93.25円まで下げた。フィラデルフィア連銀景況感指数はマイナス幅を …

最新相場速報
2010/7/22 木曜日 経済指標

2010年7月22日のFX重要経済指標スケジュールはこちらです。 赤字は要チェッ …

最新相場速報
1/10月曜_ドル円は83円台で推移

先週7日に発表された2011年最初の米・雇用統計非農業部門雇用者数は、10.3万 …

最新相場速報
ドル円上値重い。目先は戻り売りが有効か?

ドル円は朝方から売られ一時96.51まで下落。現在は値を戻してきているが、依然上 …

最新相場速報
2012/3/8 木曜日 経済指標

2012年3月8日のFX重要経済指標スケジュールはこちらです。 赤字は要チェック …

最新相場速報
11/16火曜_ユーロドル、往って来いで再び1.35ドル台へ

午後に入ってから上海株が下落するとクロス円とともにドル円は一時82.84まで下落 …

最新相場速報
【9/8火曜日 今日の為替】

7日NY市場はレーバーデーのため休場、NY時間は動きがほとんど見られず、ドル円9 …

最新相場速報
12/17金曜_ドル安でドル円は84円割れ。材料に欠ける相場

今日はドル安が進んでいます。ドル円は84円を割ってからはそのまま84円台を回復せ …

最新相場速報
【3/13金曜日 重要指標】

3/13金曜日の経済指標はこちら! 赤字は要チェック 時刻 内容 前回 (修正値 …

最新相場速報
【8/18火曜日 経済指標】

8/18の重要指標はこちら 赤字は要チェック 時刻 内容 前回 (修正値) 予想 …