日経平均株価が一時500円超安の大暴落!アメリカがエルサレムをイスラエルの首都に認定すると何が問題なのか簡単に解説します

2017年12月5日(日本時間12月6日未明)、アメリカのトランプ大統領がパレスチナ自治政府のアッバス議長と電話会談を行い、「米大使館をテルアビブからエルサレムに移したい」と語りました。実質、米国がエルサレムをイスラエルの首都として公式に認定する行為であり、この報道が流れると世界中の投資家の間に警戒感が拡大。米税制改革法案が上院議会を通過し112円台後半~113円台を堅調に推移していたドル円も、瞬く間に112円割れするほど円高に。日経平均株価は一時500円超安の大暴落を見せました。

米国がエルサレムをイスラエルの首都に認定すると何が問題なのか?

エルサレムは中東のイスラエル国の東部に位置している都市であり、古くから3宗教(ユダヤ教・キリスト教・イスラム教)の教徒から「神が選んだ場所」と見なされてきた聖地でもあります。そのため、宗教的・政治的問題からこの地を巡って数多の闘争が巻き起こってきた歴史があります。

第一次世界大戦後、エルサレムは一時イギリスの統治領となりましたが、1947年の国連パレスチナ分割決議により、国連管理下の国際都市に定められました。しかし、イスラエルとアラブ諸国の対立から第一次中東戦争(パレスチナ戦争)が起きた1948年に、エルサレムは東西に分断。西半分はユダヤ人が住むイスラエルによって支配、東半分はアラブ人居住区であるヨルダン領に編入されました。

そして1967年に勃発した第三次中東戦争(六日戦争)後、イスラエルが東西エルサレムを占領。1980年にはイスラエル議会が、統一エルサレムを首都と主張しました。一方、憤慨したアラブ側はイスラエル軍の撤退を求め、東エルサレムを首都とするパレスチナ国家の樹立を要求する対立の展開に発展しました。

国際社会もイスラエルの東エルサレム占領を糾弾。多くの国はイスラエルの主張を認めず、テルアビブを事実上の首都とみなして大使館を置いています。イスラエルの主張を尊重すべきだという立場をとっているアメリカでさえ例外ではなく、歴代大統領が米大使館をテルアビブからエルサレムに移転する法案を凍結し先送りしてきた経緯があります。

世界史は宗教の歴史と言っても過言ではなく、宗教的思想の対立は時に大規模な戦争の引き金になり得ます。エルサレム問題は安易に第三国が介入できないデリケートな問題を抱えており、アラブ諸国の紛争の中で最も厄介視されているのです。

中東情勢の悪化は軽視できないリスク要因

トランプ大統領は選挙前から米大使館をエルサレムに移転することを公約として掲げていましたが、いまだISの問題が解決していないこの状況で実行に移すことはまさに火に油を注ぐようなものです。現地の民間人でさえこの報道を聞いて反発しているのですから、過激派にとってはテロを起こす絶好の口実。中東情勢が悪化するだけでなく、アメリカ本土がテロの標的になる可能性も高まります。つまり、911の悪夢再来です。

パレスチナ自治政府のアッバス議長は、「危険な結果を招く」とトランプ大統領に警告。フランスのマクロン大統領も「エルサレム問題は和平交渉によってイスラエルとパレスチナの2国家共存を目指すべき」と強い懸念を示しています。

このままアラブ諸国の反発が拡大すれば、地政学リスクへの警戒感がさらに拡大することでしょう。せっかく米税制改革法案が議会を通過して株高機運が順調に推移している中、見事に水を差された形です。東アジアの北朝鮮問題に加え、さらに中東のエルサレム問題まで再燃すれば、世界市場の悪材料になります。もともと12月は年末に向けて利益確定売りが増える時期でもあり、今後はより一層リスクオフの動きに警戒する必要がありそうです。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

最新相場速報
7/20水曜_ドルは軟調、ユーロドル1.42台へ

ギリシャ支援合意の期待感などでユーロが買われています。ユーロドルは1.42台で堅調に推移、ドル円は79円台を割り、一時78.71円まで下落しています。現在ドル円78.85円、ユーロドル1.4218、ユーロ円112.13円 …

最新相場速報
【1/28水曜日 重要指標】

赤字は要チェック

日付
時刻
内容

前回
(修正値)

予想

1/28
(水)

香港休場(旧正月)

09:30

(豪) 第4四半期消費者物価 [前期比]

+1.2%

最新相場速報
4/14水曜_ドル円・クロス円は再度上値を試すか

東京時間は殆ど動きがありませんでしたが、現在ドル円・クロス円が上昇してきています。ドル円は93.40、ユーロ円は127.32、ポンド円は143.79、豪ドル円は86.97で推移しています。ファンダメンタルズ的に&#822 …

最新相場速報
11/10水曜_ユーロドルは1.37ドル台を推移

ドルストレート通貨のポジション調整の動きが活発です。特に欧州の財政問題が再燃するのとあわせてユーロ売りが進んでいます。ユーロドルは今朝方に1.38ドルを割り込み、現在は1.38ドルで頭が重くなっています。11月4日に1. …

最新相場速報
7/27水曜_ドル円は77.57円へ

ドル円は東日本大震災後、約4ヵ月半ぶりの円高水準へとなっています。米連邦債務の上限引き上げ幅を巡る協議が難航、最悪の場合デフォルトもありえるという懸念からリスク回避の円高が進行中。現在ドル円77.73円、ユーロ円112. …

最新相場速報
【12/9水曜日 経済指標】

12/9の重要指標はこちら
赤字は要チェック

時刻
内容
前回
(修正値)
予想

08:50
(日) 第3四半期GDP・二次速報 [前期比]
+1.2%
+0.7%

(日) 第3四半期GDP・二次速報 [前 …

最新相場速報
2011/4/29 金曜日 経済指標

2011年4月29日のFX重要経済指標スケジュールはこちらです。
赤字は要チェックです。

日付
時刻
内容
前回
(修正値)
予想

4/29
(金)
東京休場(昭和の日)

07:45
(NZ) 3月貿易収支 …

最新相場速報
【2010/6/3 木曜日 経済指標】

2010年6月3日のFX重要指標はこちら
赤字は要チェック

時刻
内容
前回
(修正値)
予想

フランクフルト休場(聖体節)

08:50
(日) 第1四半期法人季節設備投資 [前年比]
-17.3%
-9. …

最新相場速報
【2/25木曜日 経済指標】

2/25の重要指標はこちら
赤字は要チェック

時刻
内容
前回
(修正値)
予想

08:50
(日) 2/20までの対外及び対内証券売買契約等の状況

16:45
(仏) 2月消費者信頼感指数
-29 …

最新相場速報
【2010/5/13 木曜日 経済指標】

2010年5月13日のFX重要指標はこちら
赤字は要チェック

時刻
内容
前回
(修正値)
予想

フランクフルト、パリ、チューリッヒ休場(アセンション・デー)

08:50
(日) 4月マネーストックM2+C …