2008/11/28

スキャルピングとは?

スキャルピングで頻繁に取引

わずかな利益も逃さない、スキャルピング スキャルピング(Scalping)とは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。数十秒から数分で、わずかな利幅取りを繰り返し、細かな利益を積み上げていきます。

 

一瞬、あるいは短期間の値動きを狙っているので長い持間は保有しません。少ない値幅でも満足のいく利益を上げることができるように、レバレッジは高めに設定し、利益確定・損切りの値幅も極めて小さいですが頻繁に売買をすることで結果的に大きな利益を狙います。高いレバレッジをかけるため、予想が外れた場合の損切りもすばやく行う必要があります。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

描画ツールの基本的な使い方

テクニカル分析と言えば移動平均線やMACD等のインディケーターを使用して行うのが一般的ですが、描画ツールの「トレンドライン」を活用する方法もあります。最近では多くのFXトレードツールに描画機能が実装されており、チャート上 …

コラム
FX通貨の選び方

通貨単位は国によって異なり、通貨ごとに異なる性格や特徴があります。各国の政策、金利・政治経済状況によって通貨価値が変わってきたりするのです。だからFX『通貨の選び方』には以下のことが必要になると思われます。
1. 通貨の …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。

iPadでFXを試してみた

2010年5月28日に発売されたiPad。金熊は先行予約をしていたので発売当日に郵送で届きました。こちらです。

カッコいいですね。そして、早速iPadでFX取引ができるのか試してみました。

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com
WTI
WTIはWest Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の略で、アメリカ合衆国のテキサス州・ニューメキシコ州周辺で産出される原油を指す …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ