フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey

フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨事となり、ドル円が100円割れするほどの世界的混乱が起きる最悪の展開も予想されていました。

しかし、EUから離脱する公約を掲げていた極右のルペン候補がフランス大統領選挙で敗北したことで、マーケット全体に安堵感が広がっています。あっという間に114円台に到達し、多少の調整は入りましたが、トランプ・ユーフォリアを彷彿とさせる怒涛のドル高・円安トレンドが続いています。

5月後半~6月にかけてマーケットはどのような展開を見せるのか。今後注目すべき経済イベントをまとめてみましょう。

欧州のイベント

5月7日の決選投票で勝利した親EU派のエマニュエル・マクロン新大統領。さっそく6月にはフランス国民議会選挙が控えており、過半数以上の議席を確保できるかどうかが注目されています。決選投票の得票率は約66.1%。白票や棄権者により全体の投票率は高いとは言えず、経験の浅いマクロン氏が課題の多いフランスをきちんと統治できるか未知数です。

そして6月8日には英国にてメイ政権が基盤を固めるために総選挙を実施。改めて有権者にEU離脱の是非を問うことで国民の支持を仰ぎ、EUとの交渉をスムーズに進めるのが狙いです。この選挙を無事に通過すればメイ政権の安定化が実現し、ポンドの上昇要因になるでしょう。

5月中には他に19日のイラン大統領選挙、26・27日のG7サミット(イタリア)などのイベントが控えています。少し先に目を向けると、7月にはドイツでG20サミット、9月にはドイツ連邦議会選挙、来春にイタリア総選挙が行われる予定ですが年内に前倒し実施される可能性も否定はできません。

欧州では多くの地域でEUとの関係を見直そうという声が上がっており、その結果次第でユーロ相場が大きく動く要因になり得ます。今のところユーロドルの長期移動平均線は下向きであり、このまま上昇トレンドに乗るか再び跳ね返されるかの瀬戸際。大きな値動きが期待できる局面なので、ぜひこの好機に便乗したいところです。

米国のイベント

リスクオンムードの中で一気にドル高・円安に振れているドル円。懸念されていた米景気鈍化は一時的なものであるとの見方が広がり、次回の米利上げへの期待でドル買いが進んでいます。

6月のFOMCは中旬の13~14日頃に実施される予定。このFOMCでFRBが昨年12月・今年3月以来となる利上げに踏み切れば、ドルと円の金利差はさらに広がり、一段とドル高・円安に向かいやすくなります。トランプ政権が極度のドル高を牽制しているためトレンドが長続きするかは疑問ですが、115円越えの取引材料としては十分でしょう。6月に向けて円安の流れが期待できそうです。

しかし、5月14日の早朝にまたもや北朝鮮が弾道ミサイルを発射する事態が発生。迎撃困難なロフテッド軌道を描いたミサイルは高度2,000kmを超え、約30分後に日本海に落下。最近おとなしくなったと思っていましたが、本当に懲りない方々です。

トランプ大統領とロシアとの関係を調査していたコミーFBI長官の電撃的な解任問題で批判が殺到しているトランプ政権が、この機に北朝鮮への武力制裁を始めないとも限りません。原油価格の急落など不測の事態もあり得るので、無鉄砲に上値を追いかけるのはあまりにもリスキーです。調整が入っても下値が限定的な状況を利用し、しっかり引きつけて押し目買いの好機を待ちたいところです。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円 …

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

米大統領選投開票日まであと1か月!下半期最大のイベントが終われば、2016年末~2017年の為替相場は再びドル高円安に!?

出典:Rich Girard
現在全米で熾烈な候補討論会が展開されているアメリカ大統領選の投開票日(11月8日)まで残り1か月を切りました。
史上初の女性大統領を目指している民主党候補のヒラリー・ローダム・クリントン( …

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の1万9114円で今年の取引を終了。ドル円は15時時点で1ドル116.6円台を推移しています。
振り返ってみれば、今年の相場はジェットコースタ …

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

出典:David Cameron
日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました …

FXの重要用語解説 「FOMC」

出典:Federalreserve
FOMC
FOMCは”Federal Open Market Committee”の略で、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。短期の金融政策を決定するアメリカの最高意思 …

アメリカが原油の輸出を解禁!株式取引・FXへの影響は?

アメリカが原油の輸出解禁に至った経緯
先週の12月18日に、アメリカの上下両院にて原油輸出解禁措置を含んだ2016会計年度歳出法案が可決されました。
アメリカでは1970年代以来、石油危機の影響で原油の輸出が禁止されて …