フランス大統領選の決選投票まであと2日!結果次第では来週の為替相場が大荒れの可能性も……

出典:Azvision.az

第1回投票を振り返って

今週の4月23日に実施されたフランス大統領選の第一回投票では、無所属のマクロン氏と国民戦線のルペン氏が上位2名に選出されました。全11名の候補者のうち注目度の高かったマクロン氏・ルペン氏、フィヨン氏、メランション氏の4名の得票率は19~24%と極めて僅差であり、まさに激戦だったことがうかがえます。特に、現職のオランド大統領を擁する社会党や首相も務めたフィヨン氏の共和党が敗れたことは興味深い点です。

とはいえ、マクロン氏とルペン氏が決選投票に進むことは大方の予想通りでした。そして、第一回投票で敗れたフィヨン氏は早々にマクロン陣営の支持を宣言。反EUを掲げるルペン氏の主張を真っ向から批判しました。

親EU派のマクロン氏が当選する確率が高まったのを見て、マーケットでは一気にリスクオンの機運に。ユーロドルは1.072から1.091までユーロ高に、ドル円もこれまでの軟調が嘘のように110円台まで円安に振れました。この極端な値動きからも、今回のフランス大統領選の注目度の高さがうかがえます。

決選投票ではどちらが勝つ?

さて、翌週の5月7日に予定されている決選投票で両者が1対1の戦いに臨み、勝った方が次期大統領となります。はたして、マクロン氏とルペン氏、どちらが勝つのでしょうか。

得票率は僅差だったとはいえ、100万票近い差をつけてトップ通過を果たしたマクロン氏の方が圧倒的に優勢です。世論調査でもおよそ60%の有権者がマクロン氏を支持。罵詈雑言が飛び交ったテレビ討論会でも60%以上の視聴者がマクロン氏を評価しており、この分ならよほどのサプライズが無ければマクロン氏の当選はかたいでしょう。市場でもすでにマクロン氏の当選を織り込んでおり、ユーロドルが1.098まで上昇しています。

しかし、リスク要因が全くないわけではありません。脱EUを掲げていた候補者の支持がすべてルペン氏に回ると、やや雲行きが怪しくなってきます。ルペン氏は幅広い年齢層・地域から支持されており、現政権に不満を持つラストベルト(錆びついた工業地帯)周辺の人々から期待されている点でも、ドナルド・トランプ氏が大統領に就任した米選挙戦を彷彿とさせます。推定18%の浮動票の動向によっては、番狂わせの展開が無いとは言い切れません。

あの時も世論調査と全く異なる開票結果に世界中が驚愕し、相場は大荒れとなりました。もしフランス大統領選でも米大統領選の再来のようなサプライズが起これば、もはやEUの存続までもが怪しくなり、一気にユーロ売りが加速するでしょう。

この選挙戦次第では、来週の相場がまたも予想しづらい展開になりそうです。リスクを避けるなら、今週のうちにポジションをあらかた決済しておいた方が無難でしょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express
日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?
2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む …

コラム
1000通貨単位で取引できる!おすすめFX会社

FX取引は1万通貨の取引が基本的ですよね。でも初めてFXを取引する場合や、まだ良くFXが分からないという人はまず少額からFXを初めて見てはいかが?FX中級者以上の人でも、リスクを抑えた取引、練習用として、などなど使い方は …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FXの重要用語解説 「CPI」

出典:MarketWatch
CPI
CPIは”Consumer Price Index”の略称で、日本語では「消費者物価指数」と訳されます。一般消費者世帯が購入する「商品」と「サービス」の総合的な価格の動きを指数化し …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予 …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。

やっとマイナンバーカード(個人番号カード)が手に入ったのでFXの取引口座にマイナンバーを登録してみた

2016年1月からスタートしたマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)により、今後私たちは確定申告や年金・医療保険の給付などの際にマイナンバー(国民一人一人に割り当てられた12桁の番号)を提出しなければならなくなりました …

自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介!!

ここ数日少し調子を落としてきている金熊です。
そこで過去の取引履歴など眺めながらふと思ったのですが、落ち着いてじっくり見ていると結構取引のクセと言うか、偏りのようなものがあるものです。
トレードがうまくいっている時は比較 …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …