2017/03/30

このままトランプ政権への期待感が後退すれば円高トレンドの再来か!?4月の為替相場の展望を探る!

出典:TheIntercept

3月のドル円相場について

2017年3月のドル円相場は、利上げへの期待で一時115円台に達した局面が見られたものの、FOMCでの利上げ発表後は一気にドル売りが進んで円高に傾斜しました。3月の利上げは市場で織り込み済みだった上に、期待外れの緩慢な利上げペースが失望感を誘った模様。さらにNYダウの急落や原油安などのリスク要因も重なり、遂に110円台に突入。まさに、「噂で買って事実で売る」という相場の格言通りの展開と言えます。

昨年の終盤から一気に円安が進んだ理由であるトランプ政権への期待感も、ここのところ潮が引くように薄れつつあります。24日に米下院で予定されていたオバマケア(医療保険制度)代替案の採決は、「内容が不十分である」と主張する共和党の保守派議員らの反対により断念。ヘルスケアプランの挫折に伴い、投資家が注目してきたインフラ投資や法人税減税などの税制改革が遅れる展開が現実味を帯びてきました。金融政策の議題に早く移れるという見方もできますが、株価上昇要因だった法人税減税が先送りになれば、NYダウの下落、ひいては日経平均の下落や円高を誘発することになります。

トランプ政権の予算教書

さて、先々週の3月16日に、トランプ大統領は2018年度の予算教書を発表しました。メキシコとの国境に設ける予定の壁の建造費等、国防関連の予算が前年比約10%のアップ。そして、科学・環境関連の予算を約500億ドルも削減する内容となっていました。

無駄な支出を節約して国内のサービス増強を図ることを重視したという方針に対し、共和党内部からも反発の声が上がる始末。一般的にアメリカの予算審議は夏場から秋頃には成立するものですが、ここまで議会との関係がギクシャクしていると日程がズレこむ可能性があります。政権の迷走はさらに投資家の混乱を招き、投げ売りにより大きな円高を引き起こす展開も考えられます。

これまでトランプ大統領は大統領令を活用して移民の規制やTPP交渉離脱などを強引に推し進めてきました。しかし、トランプ政権の公約である大規模な減税やインフラ投資等は議会による立法化が必要。オバマケア撤廃という公約を果たせなかった時に「屈辱的な敗北」というコメントがあったように、トランプ政権と共和党が一枚岩でないことが白日の下に。トランプ大統領の交渉力にも疑問符が付いた今、法案が議会を通過する見通しが立たないとなると、先行き不透明感が広がってドル円の軟調が続くパターンも十分に想定されます。

4月の投資戦略

現在の米国経済の数値は堅調です。しかし、短期金利の上昇とは裏腹に長期金利は萎んでおり、手放しで投資できる楽観的な状況とは言い難いものがあります。そもそも短期間に利上げを連続して行えば、株価やGDPの下落を引き起こしかねません。その点では年内の想定利上げ回数が残り2回程度という発表は極めて合理的ですが、ドル高を牽引してきた利上げへの期待感を薄れさせているのもまた事実。トランプ政権の進めるドル高牽制方針と相まって、上値の重い展開を意識した方が良いでしょう

政治情勢的にはリスクオフの気配が濃厚ですが、テクニカル的にみると現在のドル円は急激に円高に傾きすぎです。112~113円台辺りまでの反発を想定しつつも、下値を探る円高の動きを警戒していくべきです。110円台割れも考慮した方がいいかもしれません。

また、4月には欧州の政治イベントも控えています。4月23日・5月7日にはフランス大統領選挙の投票があり、政局不安が株式・為替相場を揺るがす可能性があります。29日に実施された英国のEU離脱通知も、今後欧州圏の相場を動かす材料になりえます。EU側は英国に500億ポンド(約7兆円)を支払うように要求しており、交渉次第では高関税が導入されて英国経済を圧迫する要因になります。3月22日に英国ロンドンでIS関連のテロが勃発したように、予期せぬ地政学的リスクにも注意が必要。これからの相場は、「いつでも逃げられる備え」をして臨むことが大切です。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

10月25日~11月1日に海外市場の夏時間(サマータイム)が終了!FXの取引時間が変わります

これまで英国・米国市場では夏時間(サマータイム)が適用されていましたが、10月25日に英国市場が、11月1日に米国市場が標準時間に移行します。それに伴い、FXや海外株式の取引時間が若干変更されます。スワップポイントの反映 …

こんな手口に気を付けよう!FX・株式取引業界に蔓延する犯罪パターン3選!

インターネットの普及により、今や誰もが気軽に投資に参加できる時代です。銀行の定期預金より圧倒的に利回りの良いFXや株式取引は、社会人にとって理想的な資産運用。パソコンやスマートフォンで相場をチェックしながら、空き時間を利 …

ECBの追加緩和示唆で為替相場はどうなる!?

出典:The Times
2016年1月21日、ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は理事会後の記者会見にて、3月に金融政策のスタンスを大幅に見直す考えを示しました。近頃の急激な原油安や中国の景気減退によりユーロ圏の物価 …

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円 …

FX自己分析ツール『取引成績表』!【みんなのFX】

「みんなのバイナリー」でもおなじみトレーダーズ証券のみんなのFXで期待の新サービス開始!

↑↑みんなのFXへ!
「みんなのFX」でご利用できる『取引成績表』は取引結果を一覧表やグラフで表示することで視覚的に捉えやすく、 …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

コラム
高レバレッジ規制 -上限20-30倍はやりすぎ!?

前から言われていたことがついにきたという感じ。
FX、投機的取引に規制 金融庁、証拠金倍率20-30倍上限に(NIKKEI NET)
記事の内容は以下の通り。
金融庁は個人投資家に普及している金融商品「外国為替証拠金取引 …

米大統領選投開票日まであと1か月!下半期最大のイベントが終われば、2016年末~2017年の為替相場は再びドル高円安に!?

出典:Rich Girard
現在全米で熾烈な候補討論会が展開されているアメリカ大統領選の投開票日(11月8日)まで残り1か月を切りました。
史上初の女性大統領を目指している民主党候補のヒラリー・ローダム・クリントン( …