2017/01/26

FXの重要用語解説 「FOMC」

FOMC

FOMC

FOMCは”Federal Open Market Committee”の略で、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。短期の金融政策を決定するアメリカの最高意思決定機関です。

構成員は、中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名と、ニューヨーク連銀総裁およびニューヨーク以外の連銀から選ばれた4人の総裁の計12人。一年間に8回開催され、各地区の景況判断をもとにFF金利(フェデラル・ファンドレート、政策金利)の誘導目標値について議論されます。

FOMCはアメリカの金利や全体的なマネーサプライを調整する極めて重要な役割を担う存在であり、FOMC後に発表されるFFレートや声明文は世界のマーケットに多大な影響を及ぼします。つい最近では全会一致により2016年12月中旬に利上げが実施され、FFレートが0.50%~0.75%に0.25%引き上げられました。この結果を受け、為替市場では一気にドル買いが進み、ドル円が114円台から118円台までドル高・円安に振れました。

為替相場の展望を読む上で、FOMCの結果予測は避けて通れないテーマと言っても過言ではありません。今年2017年には年に3回ほど利上げが実施されると見込まれており、新政権や金利上昇への期待により市場では強いドル高トレンドが続いています。あわせて日銀がマイナス金利政策を進めて日米の金利差が拡大すれば、さらにドル高・円安傾向になる可能性があります。

2017年1月時点で、FOMCの委員長はFRB議長のジャネット・ルイーズ・イエレン(Janet Louise Yellen)氏、副委員長はニューヨーク連邦準備銀行総裁のウィリアム・ダドリー(William C. Dudley)氏が務めています。FRBの理事は米大統領によって任命される制度になっており、2016年11月に実施された米大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ新大統領は、2018年1月末の任期満了に伴いイエレン議長を交代させると明言しています。FRB理事の交代によってアメリカの金融政策に対する先行き不透明感が広まり、ドル安・円高材料になる可能性には注意が必要です。

なお、FOMCの時期になると、多くのFX会社が開催しているFXセミナーでFOMCについて取り扱われます。これらの勉強会に参加してプロのアナリストの話を聞けば、個人トレーダーでもおおよその傾向を予測することが可能となります。大概無料で開催されているので、時間がある時は積極的に活用するようにしましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

iPadでFXを試してみた

2010年5月28日に発売されたiPad。金熊は先行予約をしていたので発売当日に郵送で届きました。こちらです。

カッコいいですね。そして、早速iPadでFX取引ができるのか試してみました。

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予 …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところiPhone対応に力を入れ始めている業者がいくつか出てたきたので少し紹介。
【iPhoneでFX取引に対応している会社(2011年4月現在)】 …

英国国民投票間近!結果と今後の為替相場の展望を予想!

出典:YouTube
いよいよ今週末の6月23日に、英国でEUからの脱退・残留を決する国民投票が実施されます。
英国がEUを出て行くことを意味するBrexitなる造語は、近年多くの経済ニュースで取り扱われるようになりま …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

英国のEU離脱は世界経済にどのような影響を与えるのか!?今後の為替相場の展望と戦略を探る!

出典:BBC News
2016年6月23日に英国で実施された国民投票にて、遂に英国のEU脱退が決定しました。結果は、離脱派が1741万742票で51.9%、残留派が1614万1241票で48.1%。わずか3%程度の僅 …

ECBの追加緩和示唆で為替相場はどうなる!?

出典:The Times
2016年1月21日、ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は理事会後の記者会見にて、3月に金融政策のスタンスを大幅に見直す考えを示しました。近頃の急激な原油安や中国の景気減退によりユーロ圏の物価 …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com
WTI
WTIはWest Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の略で、アメリカ合衆国のテキサス州・ニューメキシコ州周辺で産出される原油を指す …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …