2016/11/15

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

%e7%b7%a0%e3%82%81%e6%97%a5

出典:Inc.com

5・10日要因

5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。

毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に給料日や取引先との決済日にあてています。そのため、五十日には銀行の窓口や道路が混雑することが珍しくありません。

海外から石油などを貿易で輸入している企業は、五十日の手形決済時に日本円ではなく多額のドルを支払うことになります。基軸通貨であるドルが不足している場合は調達しなければならないので、為替市場では「5と10の倍数の日にドルが大量に買われてドル高・円安になりやすくなる」という興味深い現象が発生します。

特に、仲値(金融機関が定める当日の外貨取引の基準レート)が発表される午前10時頃(9時55分)の時間帯にその傾向が顕著になります。実需筋および5・10日要因のカラクリを知っている投資家がこのタイミングにこぞって便乗し、何の経済イベントの無いタイミングでも一時的に大きくレートが動く可能性があります。

下のチャートが5・10日要因の例です。レンジ相場のドル円レートが日本時間午前10時頃になって一段階跳ね上がっているのがお分かりいただけるのではないでしょうか。その後あっという間に売りが入って円高になっていますが、この法則を知っていれば短時間でも十分に利食いを狙えるチャンスがあります。「丑三つ時に鏡を見ると呪われる」等の迷信と違ってちゃんと根拠のある話なので、覚えておくと為替変動予測のスキルアップに役立つこと間違いなしです。
%e4%ba%94%e5%8d%81%e6%97%a5usd_jpy
ただし、誤解しないでいただきたいのですが、五十日に必ずドルが高騰するという保証があるわけではありません。場合によっては全く円安にならない時もあるので、雇用統計の時のように大胆な短期取引を仕掛けるのは危険です。何も取引材料が無い時の参考程度に頭に入れておくと良いでしょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

今日は衆議院解散総選挙の公示日!自民党の勝利で日経平均株価の上昇トレンド継続か!?今後の相場の展望を予想!

出典:ライブドアニュース 本日10月10日は、2017年衆議院総選挙の公示日です …

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012 …

FXの重要用語解説 「CPI」

出典:MarketWatch CPI CPIは”Consumer Price I …

このままトランプ政権への期待感が後退すれば円高トレンドの再来か!?4月の為替相場の展望を探る!

出典:TheIntercept 3月のドル円相場について 2017年3月のドル円 …

コラム
1000通貨単位で取引できる!おすすめFX会社

FX取引は1万通貨の取引が基本的ですよね。でも初めてFXを取引する場合や、まだ良 …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問 …

トランプ大統領が関税導入文書に署名!史上初の米朝首脳会談を控え今後の相場はどうなる?

2018年3月8日(日本時間3月9日未明)、かねてから注目されていた鉄鋼およびア …

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうな …

FXの重要用語解説 「政策金利」

出典:youtube 政策金利 政策金利は、中央銀行(その国の経済政策をつかさど …

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の …