2016/11/15

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

%e7%b7%a0%e3%82%81%e6%97%a5

出典:Inc.com

5・10日要因

5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。

毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に給料日や取引先との決済日にあてています。そのため、五十日には銀行の窓口や道路が混雑することが珍しくありません。

海外から石油などを貿易で輸入している企業は、五十日の手形決済時に日本円ではなく多額のドルを支払うことになります。基軸通貨であるドルが不足している場合は調達しなければならないので、為替市場では「5と10の倍数の日にドルが大量に買われてドル高・円安になりやすくなる」という興味深い現象が発生します。

特に、仲値(金融機関が定める当日の外貨取引の基準レート)が発表される午前10時頃(9時55分)の時間帯にその傾向が顕著になります。実需筋および5・10日要因のカラクリを知っている投資家がこのタイミングにこぞって便乗し、何の経済イベントの無いタイミングでも一時的に大きくレートが動く可能性があります。

下のチャートが5・10日要因の例です。レンジ相場のドル円レートが日本時間午前10時頃になって一段階跳ね上がっているのがお分かりいただけるのではないでしょうか。その後あっという間に売りが入って円高になっていますが、この法則を知っていれば短時間でも十分に利食いを狙えるチャンスがあります。「丑三つ時に鏡を見ると呪われる」等の迷信と違ってちゃんと根拠のある話なので、覚えておくと為替変動予測のスキルアップに役立つこと間違いなしです。
%e4%ba%94%e5%8d%81%e6%97%a5usd_jpy
ただし、誤解しないでいただきたいのですが、五十日に必ずドルが高騰するという保証があるわけではありません。場合によっては全く円安にならない時もあるので、雇用統計の時のように大胆な短期取引を仕掛けるのは危険です。何も取引材料が無い時の参考程度に頭に入れておくと良いでしょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

マイナンバーを活用して行政機関の手続きを簡略化する「情報連携」の本格運用が今日からスタート!さっそくマイナポータルを実際に使ってみた!

本日2017年11月13日より、マイナンバーの「情報連携」が本格的にスタートしました。専用のネットワークシステムを用いることで、異なる行政機関の間でも個人情報のやり取りを行うことが可能に。その結果、公営住宅の入居申請、保 …

FXの重要用語解説 「FOMC」

出典:Federalreserve
FOMC
FOMCは”Federal Open Market Committee”の略で、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。短期の金融政策を決定するアメリカの最高意思 …

描画ツールの基本的な使い方

テクニカル分析と言えば移動平均線やMACD等のインディケーターを使用して行うのが一般的ですが、描画ツールの「トレンドライン」を活用する方法もあります。最近では多くのFXトレードツールに描画機能が実装されており、チャート上 …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円 …

コラム
FX通貨の選び方

通貨単位は国によって異なり、通貨ごとに異なる性格や特徴があります。各国の政策、金利・政治経済状況によって通貨価値が変わってきたりするのです。だからFX『通貨の選び方』には以下のことが必要になると思われます。
1. 通貨の …