2016/08/29

FXの重要用語解説 「雇用統計」

USD_JPY_雇用統計

雇用統計

雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。

世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも突出して高い注目度を誇っているのが毎月第一金曜日のNY時間午前8時30分(日本時間21時30分(冬場は22時30分))にアメリカの発表する「米雇用統計(CES:Current Employment Statistics)」です。全米の企業・団体を対象にサンプル調査を行い、非農業部門就業者数、失業率、建設業就業者数、製造業就業者数、小売業就業者数、金融機関就業者数、週労働時間、平均時給などの10数項目の数字が発表されます。

とりわけ、「非農業部門就業者数」と「失業率」の2項目が重視される傾向にあり、先月より非農業部門就業者数が減少し失業率が上昇した場合は景気が減速していると見なされ、株や通貨に売り注文が殺到します。逆に市場予想よりも良い数値が出た場合は投資家の期待が高まり、株高・通貨高が巻き起こります。

米雇用統計の結果が相場にもたらす影響の大きさは他の経済指標イベントとは桁違いです。ドル円がわずか数十秒間に1円以上動くことも珍しくなく、事前にポジションを抱えていると一瞬でロスカット狩りに遭って大損失が発生する恐れがあります。しかし、うまく値動きに便乗することが出来れば短時間で膨大な利益をあげることも夢ではありません。

また、米雇用統計の結果は、政策金利を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)の判断材料にもなります。チャイナショックや英国のEU離脱決定等の要因による相場の混乱もあって2015年の年末以来ずっと見送りが続いている米利上げ。もしもFRB(連邦準備制度理事会)が利上げに踏み切れば、一気に円安・ドル高が進んで長らく続いてきた円高トレンドが反転する可能性があります。短期だけでなく長期のトレンドにも多大な影響を及ぼすため、雇用統計トレードをする・しないは別として米雇用統計の結果をチェックするのはFXトレーダーの常識と言えるでしょう。

米雇用統計時にレートがどのように動くかを正確に予想するのは難しいですが、先だって実施されるADP雇用統計や消費者信頼感指数などの発表イベント時に市場がどんな反応を見せるかチェックしておくと予想の参考になります。また、米雇用統計当日に多くのFX会社が実施している無料オンラインセミナーに参加してプロのアナリストの分析・予想を聞くのも効果的です。

米国労働省労働統計局(U.S. Department of Labor, Bureau of Labor Statistics)が発表した結果はFX会社の配信しているニュースヘッドライン等で通知されます。しかし、現地で結果が発表されたのとほとんど同時に相場が急変するため、日本にいる私たち個人トレーダーが海外の投資家にスピード勝負を挑んでも絶対に勝ち目はありません。結果を確認した時には為替レートは遥か彼方まで吹っ飛んでいるはずです。

それでも一秒でも早く米雇用統計の数値を自分の目で確認したいという方には、「ブルームバーグ(Bloomberg)」という金融情報サービスサイトがお勧めです。ブルームバーグはアメリカのニューヨークに本社を構える通信社で、世界中の株価や為替情報、経済ニュースなどを配信しています。世界各国のイベントニュースを動画配信している「ライブTV」は日本語に対応していませんが、英語の勉強をしている方にとっては非常に重宝する教材となることでしょう。

毎月第一金曜日の日本時間21時30分(冬場は22時30分)は常に米雇用統計をチェックする習慣をつけましょう。

→ブルームバーグのサイトはコチラ

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の1万9114円で今年の取引を終了。ドル円は15時時点で1ドル116.6円台を推移しています。
振り返ってみれば、今年の相場はジェットコースタ …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

自動売買ツール提供FX業者を比較してみました

最近、システムトレードだとか自動売買なんて呼ばれる取引方法がよく使われているようです。
そのようなシストレツールを提供するFX業者が元々いくつか存在していたのは認識していたのですが、ここ数年でその技術もかなり向上した様子 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

コラム
NY市場サマータイムへ

本日、8日から米国ではサマータイム(夏時間)に移行します。

NYと日本の時差は現在14時間から13時間になります。
つまりPM21時がNY市場オープン、AM6時がNY市場クローズになります。
欧州のサマータイム移行の時 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。