2016/06/20

英国国民投票間近!結果と今後の為替相場の展望を予想!

Brexit

出典:YouTube

いよいよ今週末の6月23日に、英国でEUからの脱退・残留を決する国民投票が実施されます。

英国がEUを出て行くことを意味するBrexitなる造語は、近年多くの経済ニュースで取り扱われるようになりました。英国はEU(欧州連合)に属しながらも独立性を重視しており、統合通貨であるユーロではなくポンドという独自の通貨を採用しています。これまでは貿易時の関税撤廃など経済的メリットのために他国と提携してきましたが、同盟国のギリシャの経済危機や移民・難民受け入れなど様々なリスク要因が英国経済を圧迫。国内で不満の声が上がり続け、ついに本格的にEU脱退を検討するようになってしまったのです。

はたして英国は、1973年に加盟して以来40年以上も行動を共にしてきた地域共同体を本当に離脱するのでしょうか。その結果次第では、再び世界経済がリーマンショッククラスの大混乱に陥る可能性もあります。今後の投資戦略を検証してみましょう。

国民投票の結果予想

英国では定期的に世論調査が行われており、その結果は電話やインターネットなど媒体によってまちまちです。数週間前まで脱退派・残留派、両者はほぼ拮抗状態でしたが、ここにきて脱退派の勢いが急伸。「EUが英国経済の障害になっている」という意見に賛同する人々が増えつつあるようです。

しかも16日には、英国残留派の女性議員ジョー・コックスさんが銃で撃たれて死亡するという痛ましい事件が起こってしまいました。その影響からか、急に残留派に傾く人々も増えています。国民投票は英国国内で常軌を逸した過熱振りを見せており、今後も不穏な事件が起こる可能性があります。

関係者の間では、英国はEUに残留し移民受け入れなどの経済問題を加盟国間で協議して解決策を模索していくのではないかとの意見が多いようです。残留・脱退、どちらにもメリットとデメリットがありますが、脱退すれば英国や欧州圏だけでなく世界経済の混乱を招く恐れがあり、とても賢明な選択とは思えないからです。しかし、やはり開票してみなければどちらに傾くか分からないでしょう

想定される相場の値動き

もしも国民投票の結果が「脱退」に決まりBrexitが実現すれば、英国経済の失速やEUの連帯力低下への懸念が高まり、世界的な株安が発生する可能性があります。為替相場でもリスク回避が進み、ポンドやユーロは大きく下落することでしょう。

「残留」に決まれば安堵感から買いが進み、上記と反対の値動きが期待できます。しかし、移民問題など英国のEUに対する不信感が解決しない限り、いつ相場が急変してもおかしくない状況が続くことに変わりはありません。

ドル円は100円割れの可能性も!?

英国国民投票の結果は、ドル円相場にも影響を及ぼす可能性があります。FRBが6月の利上げを見送り、日銀も追加緩和に踏み切らなかったことからドル円は一気に円高へ。遂に1ドル105円を割り、一時103円台に突入しました。この局面で英国がEUから離脱するようなことになれば、円が上昇し100円割れするかもしれません。当日は、ポンドやユーロだけでなく為替相場全体の値動きを注視した方が良いでしょう。

特に気をつけたいのが、英国国民投票の結果が出る直前の値動きです。ポンドはただでさえ投機筋に利用されているほど値幅の大きい通貨であり、他の投資家を引っかけるためにダマシの動きを見せる可能性があります。きちんと自分の目で投票結果を見極めることなく値動きに追従するのは非常に危険です。

今回のイベントは予想が当たれば莫大な利益をあげられるチャンスですが、読みを外せば桁外れの損失が出るリスクもはらんでいます。安全に勝負するなら、結果を見極めた後で冷静に押し目買い・戻り売りを狙った方が良いでしょう。当日はスプレッドの拡大やレバレッジ規制が予想されるので、証拠金の管理にはくれぐれもご注意を。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

フランス大統領選の決選投票まであと2日!結果次第では来週の為替相場が大荒れの可能性も……

出典:Azvision.az
第1回投票を振り返って
今週の4月23日に実施されたフランス大統領選の第一回投票では、無所属のマクロン氏と国民戦線のルペン氏が上位2名に選出されました。全11名の候補者のうち注目度の高かっ …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

ローソク足は単体でもある程度の相場分析が可能ですが、より精度を上げるためには複数のローソク足を同時に参照すべきです。隣接しているローソク足の位置関係や出現場所をチェックすることで、以後の上昇・下落トレンドを予測することが …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

米大統領選投開票日まであと1か月!下半期最大のイベントが終われば、2016年末~2017年の為替相場は再びドル高円安に!?

出典:Rich Girard
現在全米で熾烈な候補討論会が展開されているアメリカ大統領選の投開票日(11月8日)まで残り1か月を切りました。
史上初の女性大統領を目指している民主党候補のヒラリー・ローダム・クリントン( …

このままトランプ政権への期待感が後退すれば円高トレンドの再来か!?4月の為替相場の展望を探る!

出典:TheIntercept
3月のドル円相場について
2017年3月のドル円相場は、利上げへの期待で一時115円台に達した局面が見られたものの、FOMCでの利上げ発表後は一気にドル売りが進んで円高に傾斜しました。3 …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

10月25日~11月1日に海外市場の夏時間(サマータイム)が終了!FXの取引時間が変わります

これまで英国・米国市場では夏時間(サマータイム)が適用されていましたが、10月25日に英国市場が、11月1日に米国市場が標準時間に移行します。それに伴い、FXや海外株式の取引時間が若干変更されます。スワップポイントの反映 …