2016/06/20

英国国民投票間近!結果と今後の為替相場の展望を予想!

Brexit

出典:YouTube

いよいよ今週末の6月23日に、英国でEUからの脱退・残留を決する国民投票が実施されます。

英国がEUを出て行くことを意味するBrexitなる造語は、近年多くの経済ニュースで取り扱われるようになりました。英国はEU(欧州連合)に属しながらも独立性を重視しており、統合通貨であるユーロではなくポンドという独自の通貨を採用しています。これまでは貿易時の関税撤廃など経済的メリットのために他国と提携してきましたが、同盟国のギリシャの経済危機や移民・難民受け入れなど様々なリスク要因が英国経済を圧迫。国内で不満の声が上がり続け、ついに本格的にEU脱退を検討するようになってしまったのです。

はたして英国は、1973年に加盟して以来40年以上も行動を共にしてきた地域共同体を本当に離脱するのでしょうか。その結果次第では、再び世界経済がリーマンショッククラスの大混乱に陥る可能性もあります。今後の投資戦略を検証してみましょう。

国民投票の結果予想

英国では定期的に世論調査が行われており、その結果は電話やインターネットなど媒体によってまちまちです。数週間前まで脱退派・残留派、両者はほぼ拮抗状態でしたが、ここにきて脱退派の勢いが急伸。「EUが英国経済の障害になっている」という意見に賛同する人々が増えつつあるようです。

しかも16日には、英国残留派の女性議員ジョー・コックスさんが銃で撃たれて死亡するという痛ましい事件が起こってしまいました。その影響からか、急に残留派に傾く人々も増えています。国民投票は英国国内で常軌を逸した過熱振りを見せており、今後も不穏な事件が起こる可能性があります。

関係者の間では、英国はEUに残留し移民受け入れなどの経済問題を加盟国間で協議して解決策を模索していくのではないかとの意見が多いようです。残留・脱退、どちらにもメリットとデメリットがありますが、脱退すれば英国や欧州圏だけでなく世界経済の混乱を招く恐れがあり、とても賢明な選択とは思えないからです。しかし、やはり開票してみなければどちらに傾くか分からないでしょう

想定される相場の値動き

もしも国民投票の結果が「脱退」に決まりBrexitが実現すれば、英国経済の失速やEUの連帯力低下への懸念が高まり、世界的な株安が発生する可能性があります。為替相場でもリスク回避が進み、ポンドやユーロは大きく下落することでしょう。

「残留」に決まれば安堵感から買いが進み、上記と反対の値動きが期待できます。しかし、移民問題など英国のEUに対する不信感が解決しない限り、いつ相場が急変してもおかしくない状況が続くことに変わりはありません。

ドル円は100円割れの可能性も!?

英国国民投票の結果は、ドル円相場にも影響を及ぼす可能性があります。FRBが6月の利上げを見送り、日銀も追加緩和に踏み切らなかったことからドル円は一気に円高へ。遂に1ドル105円を割り、一時103円台に突入しました。この局面で英国がEUから離脱するようなことになれば、円が上昇し100円割れするかもしれません。当日は、ポンドやユーロだけでなく為替相場全体の値動きを注視した方が良いでしょう。

特に気をつけたいのが、英国国民投票の結果が出る直前の値動きです。ポンドはただでさえ投機筋に利用されているほど値幅の大きい通貨であり、他の投資家を引っかけるためにダマシの動きを見せる可能性があります。きちんと自分の目で投票結果を見極めることなく値動きに追従するのは非常に危険です。

今回のイベントは予想が当たれば莫大な利益をあげられるチャンスですが、読みを外せば桁外れの損失が出るリスクもはらんでいます。安全に勝負するなら、結果を見極めた後で冷静に押し目買い・戻り売りを狙った方が良いでしょう。当日はスプレッドの拡大やレバレッジ規制が予想されるので、証拠金の管理にはくれぐれもご注意を。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の1万9114円で今年の取引を終了。ドル円は15時時点で1ドル116.6円台を推移しています。
振り返ってみれば、今年の相場はジェットコースタ …

自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介!!

ここ数日少し調子を落としてきている金熊です。
そこで過去の取引履歴など眺めながらふと思ったのですが、落ち着いてじっくり見ていると結構取引のクセと言うか、偏りのようなものがあるものです。
トレードがうまくいっている時は比較 …

今年から確定申告時にマイナンバーの提出が必須に!個人トレーダーの確定申告書の書き方をまとめてみた!

出典:国税庁
今週の木曜日の2月16日から、平成28年(2016年)度分の確定申告の受付が始まります。(所得税および復興特別所得税・贈与税は3月15日、個人事業者の消費税および地方消費税は3月31日締切。)
面倒くさい …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

このまま円安が進んだ後、円高に推移する

今のところ、1ドル99円前後、1ユーロ130円前後というところで、若干円高になったり、円安になったりしていますが、これといって大きな動きがなくて、外国為替相場は停滞しているという印象があります。
2020年のオリンピック …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

コラム
すべらないFX業者の魅力を比較・徹底検証!

最近ではうれしいことにFX会社の低スプレッド化が進んで、一部の業者などではドル円のスプレッドが0銭~という驚異的な水準での取引を提供していますね。
しかし、スプレッドが低くても薄商い時や相場が大きく変動するときなどスリッ …

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒 …