2016/05/02

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

USD_JPY2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒田日銀総裁の記者会見にてまるで好材料が見えなかったことからさらに円高の流れが加速し、週末には2014年10月下旬以来の安値となる106円台に突入しました。

今回の金融政策決定会合前週には、「日銀が民間の金融機関にもマイナス金利の適用範囲を拡大するのではないか」という報道が流れたことから一気に円安に振れる一幕がありました。その分の失望売りが「日銀ショック」を引き起こした原因と言っても過言ではありません。まさに、「噂で買って事実で売る」という株式取引業界の格言通りの相場となってしまったのです。

日本当局はこの動きを覚悟していた節があり、麻生財務相は今回のドル円相場の急変動についてコメントを一貫して避けています。NYダウの下落や米国の1~3月期GDP速報値が市場予想を下回るなど、ドル円の下落圧力はまだまだ長期化しそうな様相を呈しており、ここまで来たら為替介入を期待する声も少なくありません。

しかし、最近になってアメリカ財務省が、日本、中国、韓国、台湾、ドイツの五か国を為替操作の監視リストに入れてその動向を厳しく分析していくと発表しました。27日のFOMC声明で「米国の経済活動は減速したようにみえる」と認識されているように、アメリカとしては安易に円安・ドル高誘導されるのは好ましくない事態。わざわざこのタイミングで発表したことから、今にも為替介入に踏み切りそうな日本当局を牽制する意図がみえみえです。アメリカに睨まれては介入を正当化しづらく、日本にとって非常に苦しい状況と言えるでしょう。

介入への警戒が薄れれば、さらに円高・ドル安の圧力が強まる可能性があります。その一方で、短期間に急激に進んだドル円相場は投機筋にとって絶好の買い場でもあります。まずは105円付近が一つの心理的節目になるでしょうが、巻き返しの切っ掛けがあれば一気に円安に傾く展開もあり得ます。

6日に予定されている米雇用統計発表を筆頭に、5月も重要な経済指標イベントが目白押しです。2日のISM製造業業況指数。26~27日のG7伊勢志摩サミット。6月に予定されている日銀の金融政策決定会合での追加緩和への期待も軽視はできません。
また、世界各国の要人、富裕層がタックスヘイブンを利用して租税を回避していた「パナマ文書」の問題もくすぶっています。5月10日に追加で20万社超の法人情報がICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)のホームページ上で公開される予定であり、著名人や大企業の名前が晒されれば世界経済に何らかの影響を及ぼす恐れがあります。

予期せぬ要因で突然レートが高騰・暴落する可能性もあるので、ポジションを取る際はロスカットの設定に十分に注意を払いましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうなイメージがあるのか、なかなか手が出せないようですね。
大まかに分けて、自動売買が可能なシストレツールはMT4とミラートレーダー、後は各FX会 …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

コラム
FX通貨の選び方

通貨単位は国によって異なり、通貨ごとに異なる性格や特徴があります。各国の政策、金利・政治経済状況によって通貨価値が変わってきたりするのです。だからFX『通貨の選び方』には以下のことが必要になると思われます。
1. 通貨の …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …

コラム
1000通貨単位で取引できる!おすすめFX会社

FX取引は1万通貨の取引が基本的ですよね。でも初めてFXを取引する場合や、まだ良くFXが分からないという人はまず少額からFXを初めて見てはいかが?FX中級者以上の人でも、リスクを抑えた取引、練習用として、などなど使い方は …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

コラム
スキャルピングとは?

スキャルピングで頻繁に取引
わずかな利益も逃さない、スキャルピング スキャルピング(Scalping)とは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。数十秒から数分で、わずかな利幅取りを繰 …

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

出典:David Cameron
日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com
WTI
WTIはWest Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の略で、アメリカ合衆国のテキサス州・ニューメキシコ州周辺で産出される原油を指す …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。