2016/04/19

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

パナマ文書

日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?

2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む円高対策を協議するため、日本からは麻生太郎財務相と日銀の黒田東彦総裁が参加。各国がどこまで政策協調に踏み込めるか、世界中の投資家の関心が集まりました。

同会議にて、G20は「為替相場の過度な変動は世界経済に悪影響を与えるため容認できないものの、通貨の切り下げ競争は回避すべきである」と従来通りの合意に至りました。数か月間で1ドル120円台から107円台まで進んだ円高は日本経済にとって決して軽視できない状況ですが、現行程度の水準ではファンダメンタルズ的に見て為替介入を正当化するのは難しいと言わざるを得ません。

しかし、麻生太郎財務相は「為替相場に一方向に偏った動きがみられる。場合によっては必要な措置を取る。」と強気の姿勢を示しています。G20が閉幕した現在、円相場が極端に早いスピードで円高に進むようなら本気で為替介入に踏み切る可能性があります。今後1~2ヶ月以内に1ドル105円あたりを一気に割るようなことがあれば、介入による急激な円安の反発に警戒した方が良いでしょう。

パナマ文書 (Panama Papers)について

今回のG20では、富裕層がタックス・ヘイブン(租税回避地)を利用して課税逃れをしていたことを示す「パナマ文書」の件も問題に挙げられました。
パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)」から流出した過去40年間のタックス・ヘイブンにまつわる取引データには、名前を聞いたら知らない人はいないほど高い知名度を誇る著名人や大企業の名前が列挙されていました。その中には国家のトップに立っている要人の関係者も含まれていたそうです。

タックス・ヘイブンを利用すること自体は法的に問題ありませんが、国民に増税を課しておいて自らは正規の課税を逃れていたとなれば話は別です。このトップシークレットがより詳細に世間に晒されれば国民の怒りを買うのは確実。資産隠しが発覚したことでアイスランド首相が辞任に追い込まれたように、今後の展開次第では世界の政治経済が大混乱に陥る可能性を秘めています。

原油価格と為替相場

4月17日にカタールのドーハにて、主要産油国(OPEC(石油輸出国機構)加盟国及びロシア)が原油の需給調整について協議する会合を開きました。本会議にて、参加国は予想通り「10月1日まで今年1月の生産量を上回って原油を生産しない」という増産凍結で合意に至りました。(増産凍結の提案を受け入れなかったイランは不参加。)

原油は中国の景気減退などの要因により供給過剰に陥っており、価格が著しく下落しています。1月下旬には1バレル20ドル台まで暴落。最近は反発の上昇傾向にあるものの、30~40ドル前後で上げ止まっているのが実情です。

今回の増産凍結により供給過多を抑えられるかどうかが注目されていますが、関係者の間では悲観的な意見が多数を占めています。増産が一時凍結されても、大国の景気が改善しない限り需給バランスの完全な回復は困難。1バレル50ドル台まで上がればいい方であり、原油価格の長期的な上昇は期待しづらいと言わざるを得ません。

むしろ、今回の増産凍結により一時的に上がった原油相場が再び下振れするリスクに対する警戒が必要です。原油はドル相場に多大な影響を与えるため、外貨だけでなく原油価格も定期的にチェックしましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
    follow us in feedly

  関連記事

フランス大統領選の決選投票まであと2日!結果次第では来週の為替相場が大荒れの可能性も……

出典:Azvision.az
第1回投票を振り返って
今週の4月23日に実施されたフランス大統領選の第一回投票では、無所属のマクロン氏と国民戦線のルペン氏が上位2名に選出されました。全11名の候補者のうち注目度の高かっ …

コラム
すべらないFX業者の魅力を比較・徹底検証!

最近ではうれしいことにFX会社の低スプレッド化が進んで、一部の業者などではドル円のスプレッドが0銭~という驚異的な水準での取引を提供していますね。
しかし、スプレッドが低くても薄商い時や相場が大きく変動するときなどスリッ …

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円 …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

iPadでFXを試してみた

2010年5月28日に発売されたiPad。金熊は先行予約をしていたので発売当日に郵送で届きました。こちらです。

カッコいいですね。そして、早速iPadでFX取引ができるのか試してみました。

自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介!!

ここ数日少し調子を落としてきている金熊です。
そこで過去の取引履歴など眺めながらふと思ったのですが、落ち着いてじっくり見ていると結構取引のクセと言うか、偏りのようなものがあるものです。
トレードがうまくいっている時は比較 …

FXの重要用語解説 「政策金利」

出典:youtube
政策金利
政策金利は、中央銀行(その国の経済政策をつかさどる最も規模の大きい金融機関。日本の場合は日本銀行。)が一般銀行に貸し出すときの短期金利です。中央銀行は国家の景気を調節するという重要な役割 …