2016/03/21

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

キャメロン首相

出典:David Cameron

日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました

この結果を受け、市場参加者は「イエレン議長はハト派に傾いている」と判断。ドル売りが殺到し、瞬く間にドル円が113円台から112円台へ円高に振れました。その後も円高の勢いは止まらず、週末にはおよそ1ヶ月ぶりの111円割れ。日経平均も1万6000円台まで下落するほど円高・株安が進む事態となりました。

今後の利上げペースは?

今回のFOMCにより、米国の利上げペースは当初より緩やかになることがほぼ確定しました。去年の段階では2016年中に4回ほど実施されると思われていましたが、専門家の間では2回ほどになるのではないかという声が多数を占めています。次に米国が利上げを実施する可能性が高いのは、早くても夏場以降になると見られています。

また、FRBのイエレン議長は「米国経済は緩やかなペースで改善を続けている」との声明を発表しましたが、その一方でグローバルな金融市場のリスクが存在することも示唆しました。

その一つが、米国の金利下落です。近年、米国の長期金利は低迷しており、短期金利との差が縮小傾向にあります。この現象は典型的な景気減速の前兆であり、このままでは米国経済を圧迫する可能性があります。定期的に発表される米国経済指標の数値には細心の注意を払う必要があるでしょう。

今後相場を動かす可能性の高い話題

アメリカの金融政策以外で為替相場を大きく変動させる可能性のある材料についてみていきましょう。

日銀は3月の金融政策決定会合にて、金融政策の現状維持を決定しました。前回のマイナス金利導入のようなサプライズはなかったため、そのまま円高材料となってしまいました。

日銀の黒田総裁は、「マイナス金利が効果を発揮するにはまだ時間がかかる」との声明を発表。今後の為替相場の展開次第ではマイナス金利を拡大する意思も示しており、4月以降の追加緩和への期待が円安材料になる可能性もあります。(効果のほどは不明ですが。)

欧州圏では、6月に予定されている英国のEU脱退の是非を問う国民投票、すなわちBrexit(ブレグジット)が非常に注目されています。EUの中でも突出したGDPを誇る英国が抜ければ、EUの力が弱まり欧州経済に悪影響を及ぼす可能性があります。ポンドやユーロの変動がドル円にも影響を与え、市場が大混乱に陥るかもしれません。

また、ドイツの銀行が破綻し、リーマンショック並の世界恐慌が発生するするのではないかという噂も依然として関係者の間でくすぶっています。その話が事実かどうかは定かではありませんが、噂だけでも相場が動いてしまうのがFXの怖いところ。海外の経済ニュースには十分に注意した方が良いでしょう。

今後の為替相場は円高?円安?

現時点では相場の好材料は非常に乏しく、調整が入っても上値の重い展開が続くと予想されます。テクニカル的にも110円割れの可能性は否定できず、もう1段階円高が進行する動きを警戒しておく必要がありそうです。

ただし、あまりにも急激に円高が進めばさすがに政府も黙ってはいないでしょう。麻生財務省は為替介入に関するコメントを控えていますが、100~105円台付近まで落ちたら介入の可能性にも注意しましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

英国国民投票間近!結果と今後の為替相場の展望を予想!

出典:YouTube
いよいよ今週末の6月23日に、英国でEUからの脱退・残留を決する国民投票が実施されます。
英国がEUを出て行くことを意味するBrexitなる造語は、近年多くの経済ニュースで取り扱われるようになりま …

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の1万9114円で今年の取引を終了。ドル円は15時時点で1ドル116.6円台を推移しています。
振り返ってみれば、今年の相場はジェットコースタ …

自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介!!

ここ数日少し調子を落としてきている金熊です。
そこで過去の取引履歴など眺めながらふと思ったのですが、落ち着いてじっくり見ていると結構取引のクセと言うか、偏りのようなものがあるものです。
トレードがうまくいっている時は比較 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

コラム
テクニカル分析の方法と基礎知識

為替相場で使えるテクニカル分析のいろは
FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなどなど、売買に関する悩みはつきないと思います。

ECBの追加緩和示唆で為替相場はどうなる!?

出典:The Times
2016年1月21日、ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁は理事会後の記者会見にて、3月に金融政策のスタンスを大幅に見直す考えを示しました。近頃の急激な原油安や中国の景気減退によりユーロ圏の物価 …

英国のEU離脱は世界経済にどのような影響を与えるのか!?今後の為替相場の展望と戦略を探る!

出典:BBC News
2016年6月23日に英国で実施された国民投票にて、遂に英国のEU脱退が決定しました。結果は、離脱派が1741万742票で51.9%、残留派が1614万1241票で48.1%。わずか3%程度の僅 …

自動売買ツール提供FX業者を比較してみました

最近、システムトレードだとか自動売買なんて呼ばれる取引方法がよく使われているようです。
そのようなシストレツールを提供するFX業者が元々いくつか存在していたのは認識していたのですが、ここ数年でその技術もかなり向上した様子 …

描画ツールの基本的な使い方

テクニカル分析と言えば移動平均線やMACD等のインディケーターを使用して行うのが一般的ですが、描画ツールの「トレンドライン」を活用する方法もあります。最近では多くのFXトレードツールに描画機能が実装されており、チャート上 …

アメリカが原油の輸出を解禁!株式取引・FXへの影響は?

アメリカが原油の輸出解禁に至った経緯
先週の12月18日に、アメリカの上下両院にて原油輸出解禁措置を含んだ2016会計年度歳出法案が可決されました。
アメリカでは1970年代以来、石油危機の影響で原油の輸出が禁止されて …