2016/03/21

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

キャメロン首相

出典:David Cameron

日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました

この結果を受け、市場参加者は「イエレン議長はハト派に傾いている」と判断。ドル売りが殺到し、瞬く間にドル円が113円台から112円台へ円高に振れました。その後も円高の勢いは止まらず、週末にはおよそ1ヶ月ぶりの111円割れ。日経平均も1万6000円台まで下落するほど円高・株安が進む事態となりました。

今後の利上げペースは?

今回のFOMCにより、米国の利上げペースは当初より緩やかになることがほぼ確定しました。去年の段階では2016年中に4回ほど実施されると思われていましたが、専門家の間では2回ほどになるのではないかという声が多数を占めています。次に米国が利上げを実施する可能性が高いのは、早くても夏場以降になると見られています。

また、FRBのイエレン議長は「米国経済は緩やかなペースで改善を続けている」との声明を発表しましたが、その一方でグローバルな金融市場のリスクが存在することも示唆しました。

その一つが、米国の金利下落です。近年、米国の長期金利は低迷しており、短期金利との差が縮小傾向にあります。この現象は典型的な景気減速の前兆であり、このままでは米国経済を圧迫する可能性があります。定期的に発表される米国経済指標の数値には細心の注意を払う必要があるでしょう。

今後相場を動かす可能性の高い話題

アメリカの金融政策以外で為替相場を大きく変動させる可能性のある材料についてみていきましょう。

日銀は3月の金融政策決定会合にて、金融政策の現状維持を決定しました。前回のマイナス金利導入のようなサプライズはなかったため、そのまま円高材料となってしまいました。

日銀の黒田総裁は、「マイナス金利が効果を発揮するにはまだ時間がかかる」との声明を発表。今後の為替相場の展開次第ではマイナス金利を拡大する意思も示しており、4月以降の追加緩和への期待が円安材料になる可能性もあります。(効果のほどは不明ですが。)

欧州圏では、6月に予定されている英国のEU脱退の是非を問う国民投票、すなわちBrexit(ブレグジット)が非常に注目されています。EUの中でも突出したGDPを誇る英国が抜ければ、EUの力が弱まり欧州経済に悪影響を及ぼす可能性があります。ポンドやユーロの変動がドル円にも影響を与え、市場が大混乱に陥るかもしれません。

また、ドイツの銀行が破綻し、リーマンショック並の世界恐慌が発生するするのではないかという噂も依然として関係者の間でくすぶっています。その話が事実かどうかは定かではありませんが、噂だけでも相場が動いてしまうのがFXの怖いところ。海外の経済ニュースには十分に注意した方が良いでしょう。

今後の為替相場は円高?円安?

現時点では相場の好材料は非常に乏しく、調整が入っても上値の重い展開が続くと予想されます。テクニカル的にも110円割れの可能性は否定できず、もう1段階円高が進行する動きを警戒しておく必要がありそうです。

ただし、あまりにも急激に円高が進めばさすがに政府も黙ってはいないでしょう。麻生財務省は為替介入に関するコメントを控えていますが、100~105円台付近まで落ちたら介入の可能性にも注意しましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうなイメージがあるのか、なかなか手が出せないようですね。
大まかに分けて、自動売買が可能なシストレツールはMT4とミラートレーダー、後は各FX会 …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FXの重要用語解説 「政策金利」

出典:youtube
政策金利
政策金利は、中央銀行(その国の経済政策をつかさどる最も規模の大きい金融機関。日本の場合は日本銀行。)が一般銀行に貸し出すときの短期金利です。中央銀行は国家の景気を調節するという重要な役割 …

伊勢志摩サミット閉幕!消費税引き上げ先送り表明後の為替相場の展望を探る!

出典:伊勢志摩サミット
2016年5月26・27日に、三重県志摩市賢島にある「志摩観光ホテル」で開催された第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)は、オバマ大統領が歴代アメリカ合衆国大統領として初めて広島を訪問し核廃 …

バイナリーオプション取引が面白い!比較してみました

バイナリーオプション(BinaryOption)取引はご存知ですか?
バイナリーオプション取引とは、指定された時間、例えば今から一時間後にドル円のレートは今より「High」高くなっているか?「Low」安くなっている か? …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

ローソク足は単体でもある程度の相場分析が可能ですが、より精度を上げるためには複数のローソク足を同時に参照すべきです。隣接しているローソク足の位置関係や出現場所をチェックすることで、以後の上昇・下落トレンドを予測することが …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円 …