2016/02/01

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

黒田日銀総裁

出典:YouTube

2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何らかの措置をとるのではないかと見込まれていましたが、投資家の予想の斜め上を行く意外な手法に各方面から驚きの声が上がっています。

マイナス金利とは?

マイナス金利とは、文字通り預金の金利がマイナスになることです。通常、銀行にお金を預けると金利分の利息がついて元本が増えていきます。しかしマイナス金利の場合、利息が負債となって元本が減ってしまいます。

一見意味不明な話のように思えますが、日銀がこの制度を導入したのには根拠があります。

今回日銀は民間銀行の当座預金を残高に応じて3種類に分類し、基礎残高や東日本大震災復興支援資金などを除く超過分の政策金利残高に適用される金利を2月からマイナス0.1%としました。つまり多額の資金を貯め込んでおくとマイナス金利というペナルティが課されるため金融機関はどうしても投資に動かざるを得なくなり、市場の投資活動促進により経済の活性化効果が期待できるのです。黒田日銀総裁が掲げるインフレ率2%という目標を達成するための大胆なサプライズ策といえるでしょう。

なお、今回の報道を聞いて大きな誤解をしている方が見受けられますが、普段私たちの利用している普通口座にマイナス金利が適用されるわけではありません。あくまで民間銀行が日銀に預けている一部の当座預金のみが対象です。「銀行にお金を預けていると自分の金が減るらしい」などというデマに踊らされてパニックにならないようにお気を付けを。

海外の事例

日本では聞き慣れない言葉ですが、海外ではマイナス金利の導入はそれほど珍しい事ではありません。現に、デンマークやスイスなどいくつかの欧州圏の国では景気刺激策の一環としてすでにマイナス金利が導入されています。

しかし、政策としてマイナス金利が活用されるようになってからまだ日が浅いため、マイナス金利の効果に関しては未知数な点が多いというのが実際のところです。金融機関が続々と資金を短期国債へ移行することにより、短期国債の利回りが下がってしまうという現象が起こりやすくなっています。また、マイナス金利が長期化すると、マイナス金利を懸念して銀行が積極的に資金集めに乗り出さなくなり逆効果になるのではないかという指摘もあります。

もちろん、銀行預金の金利が下がることで個人投資家が自己資産をより一層投資に回すようになれば株価が上がりやすくなるという大きなメリットも期待できます。とはいえ、すべての社会人が投資活動を行っているわけではないので、こればかりはやってみなければ何とも言えないのです。

マイナス金利導入により今後の相場はどう動く?

私たちトレーダーが一番気になるのは、マイナス金利導入により株価や為替がどのように動くかという点に尽きるでしょう。日銀の発表後、日経平均は大きく跳ね上がり、為替相場も一気に121円台まで円安に振れました。その後大きく売られて値を下げたものの再び上昇基調に。激しい乱高下が投資家の迷いを表しているようです。

間違いなくインパクトはありましたが、マイナス金利の経済効果については懐疑的な見方が少なくありません。9人中賛成5・反対4の僅差で決定されたことからも、マイナス金利の導入は日銀にとっても苦肉の策だったことは明白。裏を返せば、もはや年間80兆円の国債買い入れという量的追加緩和に手詰まり感が見て取れます。

これまでの追加緩和が瞬時に爆発的な破壊力を示す「バズーカ」ならば、今回のマイナス金利は新開発の「ワクチン」のようなもの。十分な実証データのない薬を使うと、往々にして副作用が起こり得るものです。海外の専門家の間では、「金融政策ではなく構造改革を実践しなければ停滞する日本経済の回復はありえない。一時的に市場は活性化するだろうが、数週間でボロが出るだろう」との厳しい声が上がっています。
ようやくドル円が2015年末付近まで値を戻したものの、上値の伸びは限定的になるかもしれません。投機的な大変動に巻き込まれないように慎重に市場を観察しましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

FXの重要用語解説 「政策金利」

出典:youtube
政策金利
政策金利は、中央銀行(その国の経済政策をつかさどる最も規模の大きい金融機関。日本の場合は日本銀行。)が一般銀行に貸し出すときの短期金利です。中央銀行は国家の景気を調節するという重要な役割 …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところiPhone対応に力を入れ始めている業者がいくつか出てたきたので少し紹介。
【iPhoneでFX取引に対応している会社(2011年4月現在)】 …

高利率のSBI債購入や申込方法を紹介!毎回すぐに完売【SBI証券】

SBI証券の発行する『SBI債』をご存知でしょうか?

SBI債とはSBI証券が発行している社債で、年利率1.6%以上の高利率で人気となっています。
SBI証券の『SBI債』特徴
・定期預金や普通貯金と比較してはるかに高 …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express
日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?
2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予 …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ

コラム
スキャルピングとは?

スキャルピングで頻繁に取引
わずかな利益も逃さない、スキャルピング スキャルピング(Scalping)とは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。数十秒から数分で、わずかな利幅取りを繰 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …