2015/12/25

アメリカが原油の輸出を解禁!株式取引・FXへの影響は?

原油

アメリカが原油の輸出解禁に至った経緯

先週の12月18日に、アメリカの上下両院にて原油輸出解禁措置を含んだ2016会計年度歳出法案が可決されました。

アメリカでは1970年代以来、石油危機の影響で原油の輸出が禁止されてきました。しかし、シェール層から原油を採掘できる「シェール革命」という画期的な技術の確立により、近年では一転して国内に原油の在庫が溢れかえる状況が続いていました。

化石燃料の増産は温室効果ガス削減政策の推進に逆行する流れであり、当初はオバマ大統領も輸出解禁に反対していましたが、太陽光発電や風力発電、育児保護の税額控除延長などを通すために譲歩する形で法案が成立。こうして、アメリカで実におよそ40年ぶりとなる国産原油の輸出が解禁されることになったのです。

原油価格と株価・為替の関係

近頃では、中国の景気減退に伴う大幅な需要減少などの要因で原油価格の下落が続いています。その矢先の米国の原油輸出解禁。関係者の間では、供給過多によりさらに原油安が長引くのではないかという見方が広まっています。

一見無関係に思えますが、原油価格と株価・為替は密接な関係にあります。原油はガソリン・ゴム・プラスチック・衣類など現代人にとって必要不可欠な消費財の原材料であり、その価格は物価に直結します。原油価格が高騰すれば、エネルギーの大半を海外からの輸入に頼っている日本の経済を圧迫することは明白です。

裏を返せば、原油価格の下落は日本企業の活動を促進し、株価の高騰につながります。また、原油は市場にてドル建てで取引されるため、一般的に原油価格とドルは逆の値動きを示します。原油安はドル高・円安の要因なので、原油価格が安くなることは日本にとっては好材料と言えます。

アメリカの原油輸出解禁の影響は?

しかし、ものには限度があります。1バレル20ドル台に迫るほどの極端な原油安は異常事態であり、投資家の不安が高まって逆に日経平均の下落や円高要因になってしまう恐れがあります。原油安が長期化すれば、一般の投資家にとっても他人事ではありません。

今回の米国の原油輸出解禁が即座に株式・為替相場に多大な影響を及ぼすとは考えにくいですが、長期的な展望では国内の需給バランスが崩れる可能性があります。大手の石油会社が海外に原油を売り続ければ、逆にアメリカ国内の関連商品が品薄になりかねません。

万一アメリカ経済の懸念材料になれば、再び世界同時株安が発生するリスクもあり得ます。ユーロや中国元などの通貨だけでなく、原油価格の変動にも十分に注意を払いましょう。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

こんな手口に気を付けよう!FX・株式取引業界に蔓延する犯罪パターン3選!

インターネットの普及により、今や誰もが気軽に投資に参加できる時代です。銀行の定期預金より圧倒的に利回りの良いFXや株式取引は、社会人にとって理想的な資産運用。パソコンやスマートフォンで相場をチェックしながら、空き時間を利 …

バイナリーオプション取引が面白い!比較してみました

バイナリーオプション(BinaryOption)取引はご存知ですか?
バイナリーオプション取引とは、指定された時間、例えば今から一時間後にドル円のレートは今より「High」高くなっているか?「Low」安くなっている か? …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。
80円前後だったドル円が、あっという間に100円突破、数年間為替相場を毎日チェックしてましたが、こんなに急ピッチで円安が進んだのは初めてで、新鮮でした。

英国のEU離脱は世界経済にどのような影響を与えるのか!?今後の為替相場の展望と戦略を探る!

出典:BBC News
2016年6月23日に英国で実施された国民投票にて、遂に英国のEU脱退が決定しました。結果は、離脱派が1741万742票で51.9%、残留派が1614万1241票で48.1%。わずか3%程度の僅 …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところiPhone対応に力を入れ始めている業者がいくつか出てたきたので少し紹介。
【iPhoneでFX取引に対応している会社(2011年4月現在)】 …

コラム
スキャルピングとは?

スキャルピングで頻繁に取引
わずかな利益も逃さない、スキャルピング スキャルピング(Scalping)とは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。数十秒から数分で、わずかな利幅取りを繰 …

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ