2015/09/18

描画ツールの基本的な使い方

テクニカル分析と言えば移動平均線やMACD等のインディケーターを使用して行うのが一般的ですが、描画ツールの「トレンドライン」を活用する方法もあります。最近では多くのFXトレードツールに描画機能が実装されており、チャート上に直接線を描いて相場の動向を見極めることが可能です。各描画ツールの基本的な見方をご紹介しましょう!

トレンドライン(Trendline)

トレンドライントレンドラインボタンをクリックして画面上をドラッグすると、始点と終点を通過する斜めの線が描画されます。安値同士、あるいは高値同士を結んだ線が右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下落トレンドであることが一目で分かります。
ご覧のように、為替レートの値動きはトレンドライン上でピンポン玉のように反発を繰り返す傾向があります。安値同士を結んだトレンドラインは「支持線(サポートライン)」、高値同士を結んだトレンドラインは「抵抗線(レジスタンスライン)」と呼ばれ、エントリー・決済の目安になります。

チャネルライン(Equidistant Channel)

チャネルラインチャネルラインボタンをクリックして画面上をドラッグすると、二本のトレンドラインが同時に描画されます。安値同士・高値同士を結んだ空間が図示され、今後変化しうる値幅を予測することが可能になります。
時間が経過すると、為替レートがチャネルラインを突き破る瞬間が訪れます。これは「ブレイクアウト」と呼ばれ、トレンド転換の可能性を示唆しています。チャネルラインがブレイクされた場合、再びラインを引き直すことで上値・下値の見当をつけることが出来ます。

フィボナッチ・リトレースメント(Fibonacci Retracement)

フィボナッチリトレースメントフィボナッチ・リトレースメントボタンをクリックして画面上をドラッグすると、フィボナッチ比率で分割された横線が描画されます。上昇トレンドの時は下から上に、下落トレンドの時は上から下にドラッグしてトレンドの高値・安値を囲んでください。
フィボナッチ・リトレースメントは、以後の反発のタイミングを探る際に活用されます。ご覧のように、強いトレンドの時には38.2%程度で留まりますが、弱いトレンドの時には50%あるいは61.8%まで戻します。単体で使うのは難しいですが、他の指標と組み合わせると押し目買い・戻り売り・利食い・損切りのポイントを的確に見極められるメリットがあります。

これらの描画ツールは、分足より日足や週足に適用して長期のトレンドを分析する際に活用した方が信頼性が増します。テクニカル指標同様、騙しのサインが発生することがあるため鵜呑みにするのは感心しませんが、相場状況の把握には必ず役に立ちます。ぜひ有効活用して投資スキルアップを目指してください!

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1
テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予 …

こんな手口に気を付けよう!FX・株式取引業界に蔓延する犯罪パターン3選!

インターネットの普及により、今や誰もが気軽に投資に参加できる時代です。銀行の定期預金より圧倒的に利回りの良いFXや株式取引は、社会人にとって理想的な資産運用。パソコンやスマートフォンで相場をチェックしながら、空き時間を利 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

ローソク足は単体でもある程度の相場分析が可能ですが、より精度を上げるためには複数のローソク足を同時に参照すべきです。隣接しているローソク足の位置関係や出現場所をチェックすることで、以後の上昇・下落トレンドを予測することが …

コラム
高レバレッジ規制 -上限20-30倍はやりすぎ!?

前から言われていたことがついにきたという感じ。
FX、投機的取引に規制 金融庁、証拠金倍率20-30倍上限に(NIKKEI NET)
記事の内容は以下の通り。
金融庁は個人投資家に普及している金融商品「外国為替証拠金取引 …

アメリカが原油の輸出を解禁!株式取引・FXへの影響は?

アメリカが原油の輸出解禁に至った経緯
先週の12月18日に、アメリカの上下両院にて原油輸出解禁措置を含んだ2016会計年度歳出法案が可決されました。
アメリカでは1970年代以来、石油危機の影響で原油の輸出が禁止されて …