人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

USD_JPY

ここまでの人民元ショックの経緯

事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13日の3日間で実に4.6%も切り下げられることになりました。

人民元は、中国当局により基準値や変動幅が厳しく制限されている通貨です。これまで一貫して1ドル6.11元前後にコントロールされてきた人民元がまさかの大幅安。アメリカに匹敵するほどの経済大国がプライドをかなぐり捨ててまで輸出不振を払拭しようともがいている状況は、それほどまでに中国の景気が悪化していることの裏返しでもあります。多くの投資家が不安に駆られ、一気に売り注文が殺到。その結果、ニューヨーク、ヨーロッパ、アジアなど世界各国の市場で株価指数が大幅下落。日経平均も400円近く値を下げ、米ドル/円は125円台から123円台まで急激に円高が進みました。

その翌日の8月14日、中国当局が人民元調整の終了を宣言すると、市場の混乱は次第に落ち着きを取り戻します。米ドル/円も再び円安基調に戻り、世界中のトレーダーを驚かせた人民元ショックは収束したかと思われました。

ところが、その翌週に入ると、株価の下落が再燃し始めます。連日に渡って売り注文が殺到し、8月21日には遂に日経平均株価が2万円割れする事態に。24日のニューヨーク市場ではNYダウが一時1000ドル近く暴落し、パニック売りによる世界同時株安が関係者を震え上がらせました

為替相場でも、米ドル/円が数分のうちに119円台から116円台へ約3円も一気に円高に進むという異常事態が発生。日本中が大混乱に陥りました。

8月26日に中国当局が追加金融緩和政策を発表すると、1万8000円割れしていた日経平均は500円超高の反発。買い注文が戻り、NYダウ、上海総合指数にも少しずつ回復傾向が見え始めます。

8月28日時点で日経平均は1万9000円台まで価格を戻し、米ドル/円も121円前後を堅調に推移しています。およそ2週間に渡るリスク資産市場の荒れ相場は、ようやく落ち着きを取り戻しました。

中国経済減退の原因は?

年初来59.7%高の高値を付け、堅調に推移していた上海株。投資家の間では非常に魅力的な存在に映っていましたが、最近では中国株バブルの崩壊を現実的に見据える意見が少なくありません。

中国株の急激な躍進は、習近平総書記の権力基盤強化への期待や、金融緩和を契機とした新参投資家らによる大量の買い注文に支えられてきました。しかし、中国で極めて大きなウェイトを占めている輸出業は、米ドル高と連動した人民元高のせいで近頃では伸び悩みが続いています

為替相場の影響による中国経済の悪化は深刻です。人民元高(米ドル高)=上海株安という構図が出来上がってしまったため、中国国内からは「我々の景気が低迷しているのはアメリカのせいだ!」と責任転嫁するようなコメントまで飛び出しています。

苦肉の策として打ち出した元安誘導も、逆に投資家の中国経済への不信感をあおる結果に。しかも完全に不意を突くタイミングだったため、中国当局ですら予想していなかった大規模な世界同時株安を引き起こしてしまったのです。

中国の経済問題は今後どうなる?

株式・為替市場は小康状態にありますが、大半の投資家は「中国の経済問題に関する不安要素はまだ完全には解消されていない」と見ています。

政府が株価の下支えにつぎ込んできたおよそ9000億元もの大金が無駄になったことは、強引なやり口への批判を増大させる要因となりました。せっかく集めた金融のプロたちも規制だらけの当局内の仕事に幻滅して続々と退職しており、現況に対応できる人材が絶望的に不足しています。共産主義の中国では国家レベルの粉飾は日常茶飯事。中国経済の実態は公表されているデータよりもっと悪いのではないかという意見も少なくなく、明るい話題はほとんど見当たりません。今後も世界経済を揺るがす可能性を秘めた極めて危うい懸念材料になりそうです

世界各国の要人も中国の経済問題に注目しており、早急な対応が必要であるとの見方を示しています。

その鍵を握っているのは、やはり世界経済の中心国であるアメリカに他なりません。9月利上げの可能性に関して消極的な見解を示したダドリーNY連銀総裁の発言で株価が急騰したように、米国政府の動くタイミング次第で株価や為替相場は大きく変動します。当面の間は、ニューヨーク市場や先物の動きに注意しながら取引を続けた方が良いでしょう

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

コラム
NY市場サマータイムへ

本日、8日から米国ではサマータイム(夏時間)に移行します。

NYと日本の時差は現在14時間から13時間になります。
つまりPM21時がNY市場オープン、AM6時がNY市場クローズになります。
欧州のサマータイム移行の時 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FX自己分析ツール『取引成績表』!【みんなのFX】

「みんなのバイナリー」でもおなじみトレーダーズ証券のみんなのFXで期待の新サービス開始!

↑↑みんなのFXへ!
「みんなのFX」でご利用できる『取引成績表』は取引結果を一覧表やグラフで表示することで視覚的に捉えやすく、 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

コラム
テクニカル分析の方法と基礎知識

為替相場で使えるテクニカル分析のいろは
FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなどなど、売買に関する悩みはつきないと思います。

高利率のSBI債購入や申込方法を紹介!毎回すぐに完売【SBI証券】

SBI証券の発行する『SBI債』をご存知でしょうか?

SBI債とはSBI証券が発行している社債で、年利率1.6%以上の高利率で人気となっています。
SBI証券の『SBI債』特徴
・定期預金や普通貯金と比較してはるかに高 …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …

コラム
高レバレッジ規制 -上限20-30倍はやりすぎ!?

前から言われていたことがついにきたという感じ。
FX、投機的取引に規制 金融庁、証拠金倍率20-30倍上限に(NIKKEI NET)
記事の内容は以下の通り。
金融庁は個人投資家に普及している金融商品「外国為替証拠金取引 …

コラム
1000通貨単位で取引できる!おすすめFX会社

FX取引は1万通貨の取引が基本的ですよね。でも初めてFXを取引する場合や、まだ良くFXが分からないという人はまず少額からFXを初めて見てはいかが?FX中級者以上の人でも、リスクを抑えた取引、練習用として、などなど使い方は …