2015/09/18

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

陽線と陰線一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予想していいのか分からないため、初心者にとってハードルの高い作業であることも否めません。
そんな時は、「ローソク足」による市場分析を行ってみてはいかがでしょうか。始値・終値・高値・安値の4要素からなる日本発祥のローソク足は、今や世界中のトレーダーが活用している人気のチャートです。それぞれのローソク足の形状や出現位置には投資家たちの思惑が色濃く反映されており、相場の状況把握に大変重宝します。
本来は複数のローソク足を統計的に観察するべきですが、単体のローソク足だけでもかなりの情報を読み解くことが可能です。ローソク足の基本的な見方をご紹介しましょう!

買いシグナル

大陽線

大陽線極端に長い(終値が始値よりおよそ5~10%以上高い)陽線は、好材料がある時に出現するローソク足です。レンジ相場で突然連続して現れた場合、上昇トレンドに転換するサインと見なすことが出来ます。

カラカサ(下影陽線・下影陰線)

カラカサ大きな下ヒゲを持つローソク足は、一旦大きく値を下げた後に持ち直していることを表しています。下値に対する強い抵抗があるため、今後値上がりする可能性が高いと見なすことが出来ます。

なお、高値圏で出現したカラカサは反対に売りシグナルになる場合があることに注意が必要です。上値を試そうとして思うように伸びなかった結果にトレーダーが落胆し、売り注文が強まって一気に下落トレンドに転じる可能性があるからです。うかつに手を出すと大怪我をするリスクがあるため、俗に「首吊り線」という不吉な通称で呼ばれることもあります。
カラカサはトレンド転換の前触れ」と覚えておきましょう。

カラカサ2

売りシグナル

大陰線

大陰線極端に長い(終値が始値よりおよそ5~10%以上低い)陰線は、悪材料がある時に出現するローソク足です。レンジ相場で突然連続して現れた場合、下落トレンドに転換するサインと見なすことが出来ます。

トンカチ(上影陽線・上影陰線)

トンカチ大きな上ヒゲを持つローソク足は、一旦大きく値を上げた後に売り注文に押されていることを表しています。上値に対する強い抵抗があるため、今後値下がりする可能性が高いと見なすことが出来ます。

様子見のサイン

十字線・コマ

十字・コマ上下に同じくらいの長さのヒゲを持つローソク足は、保ち合いの局面でしばしば出現するローソク足です。買い注文と売り注文が拮抗しており、上がりも下がりもしない膠着状態が続いています。
材料が乏しいせいで市場に参加している投資家たちが迷っていることを表しているので、明確なトレンドが現れるまでは静観した方が無難です。

テクニカル分析は相場の状況を分析する手法であり、必ずしも将来の値動きが予想通りになるとは限りません。あくまで投資戦略構築時の一手段としてご活用ください。

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1
テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2
描画ツールの基本的な使い方

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FX自己分析ツール『取引成績表』!【みんなのFX】

「みんなのバイナリー」でもおなじみトレーダーズ証券のみんなのFXで期待の新サービス開始!

↑↑みんなのFXへ!
「みんなのFX」でご利用できる『取引成績表』は取引結果を一覧表やグラフで表示することで視覚的に捉えやすく、 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところiPhone対応に力を入れ始めている業者がいくつか出てたきたので少し紹介。
【iPhoneでFX取引に対応している会社(2011年4月現在)】 …

米大統領選投開票日まであと1か月!下半期最大のイベントが終われば、2016年末~2017年の為替相場は再びドル高円安に!?

出典:Rich Girard
現在全米で熾烈な候補討論会が展開されているアメリカ大統領選の投開票日(11月8日)まで残り1か月を切りました。
史上初の女性大統領を目指している民主党候補のヒラリー・ローダム・クリントン( …

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

高利率のSBI債購入や申込方法を紹介!毎回すぐに完売【SBI証券】

SBI証券の発行する『SBI債』をご存知でしょうか?

SBI債とはSBI証券が発行している社債で、年利率1.6%以上の高利率で人気となっています。
SBI証券の『SBI債』特徴
・定期預金や普通貯金と比較してはるかに高 …

高スプレッドのトルコリラ/円を低リスクで運用するスワップトレード戦略

2015年8月29日から楽天証券でTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱いがスタートしました。高金利のトルコリラのスワップポイントは非常に魅力的ですが、他の銘柄の5倍近い極大スプレッドや不安定な値動きは厄介です。そこで、F …