2015/09/18

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

陽線と陰線一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予想していいのか分からないため、初心者にとってハードルの高い作業であることも否めません。
そんな時は、「ローソク足」による市場分析を行ってみてはいかがでしょうか。始値・終値・高値・安値の4要素からなる日本発祥のローソク足は、今や世界中のトレーダーが活用している人気のチャートです。それぞれのローソク足の形状や出現位置には投資家たちの思惑が色濃く反映されており、相場の状況把握に大変重宝します。
本来は複数のローソク足を統計的に観察するべきですが、単体のローソク足だけでもかなりの情報を読み解くことが可能です。ローソク足の基本的な見方をご紹介しましょう!

買いシグナル

大陽線

大陽線極端に長い(終値が始値よりおよそ5~10%以上高い)陽線は、好材料がある時に出現するローソク足です。レンジ相場で突然連続して現れた場合、上昇トレンドに転換するサインと見なすことが出来ます。

カラカサ(下影陽線・下影陰線)

カラカサ大きな下ヒゲを持つローソク足は、一旦大きく値を下げた後に持ち直していることを表しています。下値に対する強い抵抗があるため、今後値上がりする可能性が高いと見なすことが出来ます。

なお、高値圏で出現したカラカサは反対に売りシグナルになる場合があることに注意が必要です。上値を試そうとして思うように伸びなかった結果にトレーダーが落胆し、売り注文が強まって一気に下落トレンドに転じる可能性があるからです。うかつに手を出すと大怪我をするリスクがあるため、俗に「首吊り線」という不吉な通称で呼ばれることもあります。
カラカサはトレンド転換の前触れ」と覚えておきましょう。

カラカサ2

売りシグナル

大陰線

大陰線極端に長い(終値が始値よりおよそ5~10%以上低い)陰線は、悪材料がある時に出現するローソク足です。レンジ相場で突然連続して現れた場合、下落トレンドに転換するサインと見なすことが出来ます。

トンカチ(上影陽線・上影陰線)

トンカチ大きな上ヒゲを持つローソク足は、一旦大きく値を上げた後に売り注文に押されていることを表しています。上値に対する強い抵抗があるため、今後値下がりする可能性が高いと見なすことが出来ます。

様子見のサイン

十字線・コマ

十字・コマ上下に同じくらいの長さのヒゲを持つローソク足は、保ち合いの局面でしばしば出現するローソク足です。買い注文と売り注文が拮抗しており、上がりも下がりもしない膠着状態が続いています。
材料が乏しいせいで市場に参加している投資家たちが迷っていることを表しているので、明確なトレンドが現れるまでは静観した方が無難です。

テクニカル分析は相場の状況を分析する手法であり、必ずしも将来の値動きが予想通りになるとは限りません。あくまで投資戦略構築時の一手段としてご活用ください。

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1
テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2
描画ツールの基本的な使い方

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

トランプ大統領が関税導入文書に署名!史上初の米朝首脳会談を控え今後の相場はどうなる?

2018年3月8日(日本時間3月9日未明)、かねてから注目されていた鉄鋼およびア …

バイナリーオプション取引が面白い!比較してみました

バイナリーオプション(BinaryOption)取引はご存知ですか? バイナリー …

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

ローソク足は単体でもある程度の相場分析が可能ですが、より精度を上げるためには複数 …

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうな …

コラム
FX通貨の選び方

通貨単位は国によって異なり、通貨ごとに異なる性格や特徴があります。各国の政策、金 …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問 …

FXの重要用語解説 「ブル(Bull)」と「ベア(Bear)」

FXは外貨を対象とした取引資産であり、最新の情報を効率的に取得するためにはTwi …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大 …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところi …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com WTI WTIはWest Texas Inte …