2015/08/21

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます

しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペックを誇っています

国内のFX業者では最高でも25倍までしかレバレッジを利用できませんが、海外のFX業者なら200~1000倍ものハイレバレッジトレードが可能です。その上、取引口座に入金するだけで投資資金を上乗せしてくれる良心的なボーナスサービスも充実しています。あまり軍資金に余裕のない個人トレーダーでも、巨額取引で一気に莫大な利益を狙える魅力があります。実際、私も過去に海外FX業者を利用していた時期があり、国内のFX業者より圧倒的に高い利回りを実現していました。

しかし、これからFXを始めようと考えている方には、あまり海外FX業者をお勧めすることができません。その理由をご説明しましょう。

レバレッジが高すぎる

業者の取引口座に資金を預け入れると、自己資産より多額の取引を行うことが可能になります。投資金額が増えれば、一回の取引で得られる利益も激増します。このレバレッジこそFX最大の魅力であり、レバレッジ倍率が高いほどトレーダーにとって好都合であるかのように思われます。

けれども、投資金額が増えるほど値動きの予想が外れた際の損失額が高騰するということを忘れてはいけません。ハイレバレッジトレードは、非常にリスクの高い投資です。ほんの数pips動いただけで損益額が数千円~数万円以上変化するため、壮絶なプレッシャーがトレーダーにのしかかり正常な思考力が失われます。

レバレッジやロスカットの基本を知らない初心者がうかつに手を出すと、たった一晩で全取引資産を失う可能性もあります

そもそもレバレッジが規制されたのは投資家を保護するためであり、抜け道を利用して痛い目に遭っても自己責任の範疇です。高レバレッジは、長所であると同時に短所でもある諸刃の剣なのです。

不正が行われている可能性がある

非常に残念な話ですが、海外のFX業者の中には悪質なインチキブローカーが少なからず存在します。

取引口座に預け入れた資産を引き出そうとすると、あれこれと難癖をつけて「出金渋り」が行われる場合があります。数週間~数か月以上待たされたというケースもあり、経営陣の良識を疑いたくなります。

最も悪質な例が、「価格操作」です。複数のブローカーをチェックしてみれば分かりますが、各通貨ペアの為替レート表示は業者ごとに異なる仕様になっています。トレーダーの損失=ブローカーの儲けなので、不正なプラグインを用いてトレーダー側が不利になるように意図的にレートを改変する連中もいるのです。

回線は安定しているのに、突然取引画面がフリーズして注文が遮断されるケースも見受けられます。にわかには信じられない話ですが、数年ほど前に某FX業者が実際に摘発されて大騒ぎになったことがありました。取引システムが明らかに不自然な挙動を示す場合は、イカサマを疑った方が良いでしょう。

トレーダーの資産が保護されていない場合がある

日本国内でFX事業を行う会社は、金融庁に届け出て承認を得なければなりません。信託保全が法律で義務付けられており、もしその会社が倒産しても証拠金が返還されることが保証されています。

その点、海外では日本国内の法律が一切適用されません

無免許のまま事業を展開している会社もあれば、中にはサーバだけ立てて会社そのものが存在していないケースもあります。登記簿の住所に実際の拠点が存在しないということは、万一その業者が破産したり社員が資金を持ち逃げしたりしたら、私たちの資産が戻ってこない恐れがあるということでもあるのです。

その時、あなたは一人でトラブルを解決できる自信がありますか?


このような背景があり、金融庁も海外FX業者への警戒を年々強めています。最近では、日本人トレーダーを締め出す海外FX業者が増えてきており、資産運用に使えなくなってきているのが実情です。

せっかく苦労してFXで稼いでも、そのお金が消滅してしまったら意味がありません。FX業者を選ぶ際は、何よりも安全性と信頼性を重視することが大切です。

もちろん全ての海外FX業者がいかがわしい存在というわけではありませんが、ビギナーは国内の業者を選んだ方が無難と言えるでしょう。

→信頼性の高いオススメ国内FX業者

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

高スプレッドのトルコリラ/円を低リスクで運用するスワップトレード戦略

2015年8月29日から楽天証券でTRY/JPY(トルコリラ円)の取扱いがスタートしました。高金利のトルコリラのスワップポイントは非常に魅力的ですが、他の銘柄の5倍近い極大スプレッドや不安定な値動きは厄介です。そこで、F …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant
119円台からスタートした2015年の米ドル円相場は米国の利上げ観測などの要因により円安傾向を続け、11月中旬時点で123円前後を推移しています。はたして、この円安はどこまで進むのか?今後 …

このまま円安が進んだ後、円高に推移する

今のところ、1ドル99円前後、1ユーロ130円前後というところで、若干円高になったり、円安になったりしていますが、これといって大きな動きがなくて、外国為替相場は停滞しているという印象があります。
2020年のオリンピック …

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express
日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?
2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む …

FX自己分析ツール『取引成績表』!【みんなのFX】

「みんなのバイナリー」でもおなじみトレーダーズ証券のみんなのFXで期待の新サービス開始!

↑↑みんなのFXへ!
「みんなのFX」でご利用できる『取引成績表』は取引結果を一覧表やグラフで表示することで視覚的に捉えやすく、 …