2015/09/18

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。

オシレーター系とは?

テクニカル指標にはいくつかの系統が存在します。その一つが「オシレーター系」です。
オシレーターとは日本語で「振り子」のこと。レートの変動幅を分析することで、相場の過熱感をチェックします。買われ過ぎ・売られ過ぎた直後にはリバウンドの値下がり・値上がりが発生するため、逆張りの投資に重宝します。

オシレーター系のテクニカル指標は20種類以上ありますが、ここでは使用される頻度の高い5種類を取り扱います。

MACD(Moving Average Convergence and Divergence)

MACD2本の指数移動平均線から算出した「MACD」と移動平均線の「シグナル」を組み合わせて売買のタイミングを調べる指標。MACDがプラス圏の時は上昇トレンド、マイナス圏の時は下落トレンド、0付近では保ち合いの状態にあります。
日本語に直すと「移動平均収束拡散指標」という意味ですが、一般的に「マックディー」と呼ばれています。

新規買いシグナル

MACDがシグナルを下から上抜く時。(逆のパターンになったら決済。)

新規売りシグナル

MACDがシグナルを上から下抜く時。(逆のパターンになったら決済。)

RSI(Relative Strength Index)

RSI一定期間における値動きの変化を数値で表した指標。日本語では「相対力指数」と呼ばれます。買われ過ぎるとRSIが高騰し、売られ過ぎると暴落します。リバウンドを狙いやすいレンジ相場では効果的なインディケーターですが、トレンド相場ではうまく機能しない場合があります。

新規買いシグナル

RSIが20~30%以下の状態から上昇し始めた時。(RSIが60%以上になったら決済。勢いが弱い時は50%付近で決済した方が無難。)

新規売りシグナル

RSIが70~80%以上の状態から下落し始めた時。(RSIが40%以下になったら決済。勢いが弱い時は50%付近で決済した方が無難。)

ストキャスティクス(Stochastic Oscillator)

ストキャスティクス期間中の値幅から算出した「%K」と「%D」という二本のラインを組み合わせて売買のタイミングを調べる指標。RSI同様、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎをグラフでチェックすることが出来ます。

新規買いシグナル

20~30%以下のエリアで%Kが%Dを上抜いていく時。(逆のパターンになったら決済。)

新規売りシグナル

70~80%以上のエリアで%Kが%Dを下抜いていく時。(逆のパターンになったら決済。)

モメンタム(Momentum)

モメンタム現在価格と過去の価格を使って相場の勢いを計算する指標。頻繁に真偽の入り混じった取引シグナルが発生するため、すべてのサインに飛びつかないように注意する必要があります。

新規買いシグナル

モメンタムが0ライン(MetaTrader4の場合は100ライン)を上抜いた時。あるいは0ラインから大きく乖離した地点でモメンタムが上昇し始めた時。(逆のパターンになったら決済。)

新規売りシグナル

モメンタムが0ライン(MetaTrader4の場合は100ライン)を下抜いた時。あるいは0ラインから大きく乖離した地点でモメンタムが下落し始めた時。(逆のパターンになったら決済。)

ATR(Average True Range)

ATRレートの変動率(ボラティリティ)から相場の過熱感を調べる指標。膠着状態のときは低水準にあり、トレンドが出現すると上昇します。(値上がり・値下がりの方向性は関係ありません。)
ATRは値動きの勢いの強さを判断するインディケーターなので、単独で売買シグナルを見極める用途には向いていません。他のテクニカル指標と上手く組み合わせて活用しましょう。

テクニカル分析は相場の状況を分析する手法であり、必ずしも将来の値動きが予想通りになるとは限りません。あくまで投資戦略構築時の一手段としてご活用ください。

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2
描画ツールの基本的な使い方

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
    follow us in feedly

  関連記事

こんな手口に気を付けよう!FX・株式取引業界に蔓延する犯罪パターン3選!

インターネットの普及により、今や誰もが気軽に投資に参加できる時代です。銀行の定期預金より圧倒的に利回りの良いFXや株式取引は、社会人にとって理想的な資産運用。パソコンやスマートフォンで相場をチェックしながら、空き時間を利 …

コラム
2009年1月 各国政策金利表

2008年は世界経済にとって波乱の1年となりました。去年1年間で各国政策金利も大幅に変わりましたので表にまとめてみました。ご参考までにどうぞ。

日本

米国

欧州

英国

カナダ

豪州

NZ

コラム
すべらないFX業者の魅力を比較・徹底検証!

最近ではうれしいことにFX会社の低スプレッド化が進んで、一部の業者などではドル円のスプレッドが0銭~という驚異的な水準での取引を提供していますね。
しかし、スプレッドが低くても薄商い時や相場が大きく変動するときなどスリッ …

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express
日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?
2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

FXの重要用語解説 「FOMC」

出典:Federalreserve
FOMC
FOMCは”Federal Open Market Committee”の略で、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。短期の金融政策を決定するアメリカの最高意思 …

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうなイメージがあるのか、なかなか手が出せないようですね。
大まかに分けて、自動売買が可能なシストレツールはMT4とミラートレーダー、後は各FX会 …

伊勢志摩サミット閉幕!消費税引き上げ先送り表明後の為替相場の展望を探る!

出典:伊勢志摩サミット
2016年5月26・27日に、三重県志摩市賢島にある「志摩観光ホテル」で開催された第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)は、オバマ大統領が歴代アメリカ合衆国大統領として初めて広島を訪問し核廃 …

コラム
1000通貨単位で取引できる!おすすめFX会社

FX取引は1万通貨の取引が基本的ですよね。でも初めてFXを取引する場合や、まだ良くFXが分からないという人はまず少額からFXを初めて見てはいかが?FX中級者以上の人でも、リスクを抑えた取引、練習用として、などなど使い方は …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com
WTI
WTIはWest Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の略で、アメリカ合衆国のテキサス州・ニューメキシコ州周辺で産出される原油を指す …