2015/09/18

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。

本来、そのスキルを確実に習得するには長年の訓練と経験を要します。しかし、基礎ポイントを押さえておけば、初心者の方でも十分にテクニカル指標を使いこなすことが可能です。

MetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめてみました。取引チャンスの見極め方をしっかり頭に入れて相場に臨みましょう!

トレンド系とは?

テクニカル指標にはいくつかの系統が存在します。その一つが「トレンド系」です。文字通り、相場の方向性をチェックするためのインディケーターであり、トレンドに乗って利益を狙う「順張り」を行う際に活用されることが多いです。

トレンド系のテクニカル指標は20種類以上ありますが、ここでは使用される頻度の高い5種類を取り扱います。

移動平均線(Moving Average)

移動平均線一定期間の終値平均値をつなぎ合わせた指標。テクニカル分析の基礎となる最もメジャーなインディケーターです。その形状を見れば、トレンドの方向性や勢いの強さがすぐに分かります。

新規買いシグナル

下降していた移動平均線が横ばい、または上昇し始めた際、レートが移動平均線を上抜いたら買いのチャンスです。
短期移動平均線が中期・長期の移動平均線を下から上抜く時も「ゴールデンクロス」と呼ばれる買いのチャンスです。5日移動平均線と25日移動平均線、または25日移動平均線と75日移動平均線の組み合わせが多く使われています。両者の乖離率が高いほど大きな値動きが発生しやすい傾向にあります。 (逆のパターンになったら決済。)

また、移動平均線の上にあるレートが値下がりした際に移動平均線付近でリバウンド上昇した場合レートが移動平均線を下回っても移動平均線の上昇基調に変化が無い場合は、押し目買いのチャンスです。

新規売りシグナル

上昇していた移動平均線が横ばい、または下降し始めた際、レートが移動平均線を下抜いたら売りのチャンスです。
短期移動平均線が中期・長期の移動平均線を上から下抜く時も「デッドクロス」と呼ばれる売りのチャンスです。(逆のパターンになったら決済。)

また、移動平均線の下にあるレートが値上がりした際に移動平均線付近でリバウンド下降した場合レートが移動平均線を上回っても移動平均線の下落基調に変化が無い場合は、戻り売りのチャンスです。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

ボリンジャーバンド移動平均線と標準偏差を組み合わせて、値動きの範囲を統計学的に予測する指標。センターラインの移動平均線から一番近い上下の線(±1σ)の間にレートが収束する確率は約68.3%、二番目に近い上下の線(±2σ)の間に収束する確率は約95.4%、三番目に近い上下の線の間(±3σ)の間に収束する確率は約99.7%です。

新規買いシグナル

値動きの乏しいレンジ相場の場合、-2σ・-3σ辺りまで下落したら逆張り買いのチャンスです。(+2σ・+3σ辺りまで上昇したら決済。勢いが弱すぎる場合は、移動平均線付近で決済した方が無難。)
バンドの形状が拡散し始めた場合、トレンド発生のタイミングなので、レートが上側のバンドを逸脱したら順張り買いのチャンスです。(上昇トレンドが終了したら決済。)

新規売りシグナル

値動きの乏しいレンジ相場の場合、+2σ・+3σ辺りまで上昇したら逆張り売りのチャンスです。(-2σ・-3σ辺りまで下落したら決済。勢いが弱すぎる場合は、移動平均線付近で決済した方が無難。)
バンドの形状が拡散し始めた場合、トレンド発生のタイミングなので、レートが下側のバンドを逸脱したら順張り売りのチャンスです。(下落トレンドが終了したら決済。)

一目均衡表

一目均衡表売買トレンドの均衡が一目で分かる指標。基準線、転換線、遅行スパン、先行スパン1・先行スパン2(雲)を組み合わせて、相場の動向を予測します。

新規買いシグナル

転換線が基準線を下から上抜く時。特に、転換線が基準線の上にある、レートが雲の上にある、遅行スパンがレートの上にある、の3条件を満たしている時は強い上昇トレンドです。(転換線が基準線を上から下抜いたら決済。)

新規売りシグナル

転換線が基準線を上から下抜く時。特に、転換線が基準線の下にある、レートが雲の下にある、遅行スパンがレートの下にある、の3条件を満たしている時は強い下落トレンドです。(転換線が基準線を下から上抜いたら決済。)

平均方向性指数(Average Directional Movement Index)

ADX相場のトレンドの強さを見る指標。ADXが上向きに変化したらトレンドの開始。上昇中はトレンドの継続。下向きに変化したらトレンドの終了。下降中はトレンド無しと判断されます。しばしば誤解されますが、ADXとレートの動きは必ずしも一致しません。

新規買いシグナル

+DIが-DIを上抜いて、ADXが上昇傾向にある時。(ADXが下落に転じたら決済。)

新規売りシグナル

-DIが+DIを上抜いて、ADXが上昇傾向にある時。(ADXが下落に転じたら決済。)

パラポリック(Parabolic SAR)

パラボリックSAR(ストップ アンド リバース)値をつないだパラボリック(放物線)でトレンドを見る指標。レートがパラボリックより上にある時は上昇トレンド、レートがパラボリックより下にある時は下落トレンドと判断されます。

新規買いシグナル

レートがパラボリックを下から上抜いた時。(下落トレンドになったら決済。)

新規売りシグナル

レートがパラボリックを上から下抜いた時。(上昇トレンドになったら決済。)

テクニカル分析は相場の状況を分析する手法であり、必ずしも将来の値動きが予想通りになるとは限りません。あくまで投資戦略構築の一手段としてご活用ください。

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2
描画ツールの基本的な使い方

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube 2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にて …

FXの重要用語解説 「WTI」

出典:ZeroHedge.com WTI WTIはWest Texas Inte …

自動売買ツール提供FX業者を比較してみました

最近、システムトレードだとか自動売買なんて呼ばれる取引方法がよく使われているよう …

コラム
アベノミクス以降の為替相場

昨年末からのアベノミクス相場は一旦落ち着いた感じがあります。 80円前後だったド …

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express 日本政府が為替介入に踏み切る可能性は …

今後の為替市場を大予想!2015年末~2016年はドル円相場のトレンド反転か!?

出典:GlobalSlant 119円台からスタートした2015年の米ドル円相場 …

米中貿易戦争によって世界経済はどうなるのか?今後の相場の展開を予想してみた

出典:wsj 2018年3月22日(日本時間23日未明)、トランプ大統領が中国の …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com 5・10日要因 5・10日要因は、企業の決済スケジュールに …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在してお …