2015/09/18

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。

本来、そのスキルを確実に習得するには長年の訓練と経験を要します。しかし、基礎ポイントを押さえておけば、初心者の方でも十分にテクニカル指標を使いこなすことが可能です。

MetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめてみました。取引チャンスの見極め方をしっかり頭に入れて相場に臨みましょう!

トレンド系とは?

テクニカル指標にはいくつかの系統が存在します。その一つが「トレンド系」です。文字通り、相場の方向性をチェックするためのインディケーターであり、トレンドに乗って利益を狙う「順張り」を行う際に活用されることが多いです。

トレンド系のテクニカル指標は20種類以上ありますが、ここでは使用される頻度の高い5種類を取り扱います。

移動平均線(Moving Average)

移動平均線一定期間の終値平均値をつなぎ合わせた指標。テクニカル分析の基礎となる最もメジャーなインディケーターです。その形状を見れば、トレンドの方向性や勢いの強さがすぐに分かります。

新規買いシグナル

下降していた移動平均線が横ばい、または上昇し始めた際、レートが移動平均線を上抜いたら買いのチャンスです。
短期移動平均線が中期・長期の移動平均線を下から上抜く時も「ゴールデンクロス」と呼ばれる買いのチャンスです。5日移動平均線と25日移動平均線、または25日移動平均線と75日移動平均線の組み合わせが多く使われています。両者の乖離率が高いほど大きな値動きが発生しやすい傾向にあります。 (逆のパターンになったら決済。)

また、移動平均線の上にあるレートが値下がりした際に移動平均線付近でリバウンド上昇した場合レートが移動平均線を下回っても移動平均線の上昇基調に変化が無い場合は、押し目買いのチャンスです。

新規売りシグナル

上昇していた移動平均線が横ばい、または下降し始めた際、レートが移動平均線を下抜いたら売りのチャンスです。
短期移動平均線が中期・長期の移動平均線を上から下抜く時も「デッドクロス」と呼ばれる売りのチャンスです。(逆のパターンになったら決済。)

また、移動平均線の下にあるレートが値上がりした際に移動平均線付近でリバウンド下降した場合レートが移動平均線を上回っても移動平均線の下落基調に変化が無い場合は、戻り売りのチャンスです。

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

ボリンジャーバンド移動平均線と標準偏差を組み合わせて、値動きの範囲を統計学的に予測する指標。センターラインの移動平均線から一番近い上下の線(±1σ)の間にレートが収束する確率は約68.3%、二番目に近い上下の線(±2σ)の間に収束する確率は約95.4%、三番目に近い上下の線の間(±3σ)の間に収束する確率は約99.7%です。

新規買いシグナル

値動きの乏しいレンジ相場の場合、-2σ・-3σ辺りまで下落したら逆張り買いのチャンスです。(+2σ・+3σ辺りまで上昇したら決済。勢いが弱すぎる場合は、移動平均線付近で決済した方が無難。)
バンドの形状が拡散し始めた場合、トレンド発生のタイミングなので、レートが上側のバンドを逸脱したら順張り買いのチャンスです。(上昇トレンドが終了したら決済。)

新規売りシグナル

値動きの乏しいレンジ相場の場合、+2σ・+3σ辺りまで上昇したら逆張り売りのチャンスです。(-2σ・-3σ辺りまで下落したら決済。勢いが弱すぎる場合は、移動平均線付近で決済した方が無難。)
バンドの形状が拡散し始めた場合、トレンド発生のタイミングなので、レートが下側のバンドを逸脱したら順張り売りのチャンスです。(下落トレンドが終了したら決済。)

一目均衡表

一目均衡表売買トレンドの均衡が一目で分かる指標。基準線、転換線、遅行スパン、先行スパン1・先行スパン2(雲)を組み合わせて、相場の動向を予測します。

新規買いシグナル

転換線が基準線を下から上抜く時。特に、転換線が基準線の上にある、レートが雲の上にある、遅行スパンがレートの上にある、の3条件を満たしている時は強い上昇トレンドです。(転換線が基準線を上から下抜いたら決済。)

新規売りシグナル

転換線が基準線を上から下抜く時。特に、転換線が基準線の下にある、レートが雲の下にある、遅行スパンがレートの下にある、の3条件を満たしている時は強い下落トレンドです。(転換線が基準線を下から上抜いたら決済。)

平均方向性指数(Average Directional Movement Index)

ADX相場のトレンドの強さを見る指標。ADXが上向きに変化したらトレンドの開始。上昇中はトレンドの継続。下向きに変化したらトレンドの終了。下降中はトレンド無しと判断されます。しばしば誤解されますが、ADXとレートの動きは必ずしも一致しません。

新規買いシグナル

+DIが-DIを上抜いて、ADXが上昇傾向にある時。(ADXが下落に転じたら決済。)

新規売りシグナル

-DIが+DIを上抜いて、ADXが上昇傾向にある時。(ADXが下落に転じたら決済。)

パラポリック(Parabolic SAR)

パラボリックSAR(ストップ アンド リバース)値をつないだパラボリック(放物線)でトレンドを見る指標。レートがパラボリックより上にある時は上昇トレンド、レートがパラボリックより下にある時は下落トレンドと判断されます。

新規買いシグナル

レートがパラボリックを下から上抜いた時。(下落トレンドになったら決済。)

新規売りシグナル

レートがパラボリックを上から下抜いた時。(上昇トレンドになったら決済。)

テクニカル分析は相場の状況を分析する手法であり、必ずしも将来の値動きが予想通りになるとは限りません。あくまで投資戦略構築の一手段としてご活用ください。

テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1
ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2
描画ツールの基本的な使い方

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その2

ローソク足は単体でもある程度の相場分析が可能ですが、より精度を上げるためには複数のローソク足を同時に参照すべきです。隣接しているローソク足の位置関係や出現場所をチェックすることで、以後の上昇・下落トレンドを予測することが …

FX自己分析ツール『取引成績表』!【みんなのFX】

「みんなのバイナリー」でもおなじみトレーダーズ証券のみんなのFXで期待の新サービス開始!

↑↑みんなのFXへ!
「みんなのFX」でご利用できる『取引成績表』は取引結果を一覧表やグラフで表示することで視覚的に捉えやすく、 …

Andoroid FXアプリを比較してみました!

googleの携帯用OS Andoroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォンが現在大人気です。
FX各社がここ1年ほど iPhone FXアプリを充実させて来ていましたが、最近ではAndoroid用FXアプリをリリ …

コラム
NY市場サマータイムへ

本日、8日から米国ではサマータイム(夏時間)に移行します。

NYと日本の時差は現在14時間から13時間になります。
つまりPM21時がNY市場オープン、AM6時がNY市場クローズになります。
欧州のサマータイム移行の時 …

ミラートレーダーFX自動売買業者を紹介!シストレがカンタンに!

システムトレードだとか自動売買なんかが大人気です!でも皆さん、なんだか難しそうなイメージがあるのか、なかなか手が出せないようですね。
大まかに分けて、自動売買が可能なシストレツールはMT4とミラートレーダー、後は各FX会 …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

やっとマイナンバーカード(個人番号カード)が手に入ったのでFXの取引口座にマイナンバーを登録してみた

2016年1月からスタートしたマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)により、今後私たちは確定申告や年金・医療保険の給付などの際にマイナンバー(国民一人一人に割り当てられた12桁の番号)を提出しなければならなくなりました …

FXの重要用語解説 「5・10日要因」

出典:Inc.com
5・10日要因
5・10日要因は、企業の決済スケジュールに起因した為替変動要因の一種です。
毎月5日、10日、15日など、5や0の付く日は「五十日(ごとうび)」と呼ばれ、昔から多くの会社が慣習的に …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

すぐに使えるバイナリーオプション攻略法!【みんなのバイナリー】

>>みんなのバイナリーの公式サイトへ行く
トレイダーズ証券が提供しているバイナリーオプション・「みんなのバイナリー」は、わずか50円から投資に参加できる取引サービスです。
トレーダーが行うことは、基本的に相場の値動きの …