急激に進む円安。今後日本の為替相場が円高になる可能性は?

FXトレードの中心的銘柄であるUSD/JPY。そのチャートを見てみると、2012年頃から猛烈な勢いで円安が進んでいることが分かります。
USD_JPY_1他の通貨ペアと比べて、USD/JPYの値動きは日本経済に直接的な影響を及ぼします。円が70円台に達していた2011年頃には、業績悪化によって倒産する中小企業が相次ぎました。このまま円高が進めば、日本経済は崩壊するのではないかと危惧する声も上がるほどでした。

近年の円安・株高の流れにより、企業の倒産数急増にようやく歯止めがかかります。貿易収支の赤字額も縮小傾向にあり、バブル崩壊以後ずっと続いていた不況を打破する日本経済の好転の兆しだと分析する関係者も見受けられます。

しかし、円安は必ずしも日本国民にとってメリットになるとは限りません。実際、円高になってほしいと期待しているFXトレーダーが少なくないのが実情です。

今後日本の為替市場が円高に戻る可能性は無いのでしょうか?将来的な為替の動向を予想してみましょう。

円安のメリット・デメリット

円安とは、「円の価値が下がること」を指します。たとえば1ドル=100円の相場が1ドル=105円になった場合、円安が進んだことになります。

為替市場が円安になると、国内の商品を海外で売りやすくなります。一つ50ドルの商品が1万個売れた場合、1ドル=100円の時は50×10000×100=5000万円の売り上げですが、1ドル=105円なら50×10000×105=5250万円となり、250万円も儲けが増大します。自動車メーカーに代表される輸出企業にとって、円安は大きなメリットになります。

一方、小売業のような輸入企業にとって、円安は非常に歓迎しづらい事態です。仕入れの際により多くの日本円が必要になるため、外国製品の価格が急騰。企業にとっては売り上げに悪影響を及ぼしますし、顧客にとっても家計の負担が増大するデメリットが生じます。

また、日本円を外貨に換える際に資産が少なくなってしまうのも厄介な問題です。1ドル=80円の場合、4万円あれば500ドル確保することが出来ますが、1ドル=125円の場合、320ドルに目減りしてしまいます。(手数料は除く。)同じ軍資金でも取引できる枚数が少なくなってしまうため、FXトレーダーにとっても極端な円安は憂慮すべき問題と言えるのです。

なぜ短期間で急激に円安になったのか?

僅か1~2年の短期間でこれほど円安が進んだ要因は、主に二つ考えられます。

一つは、安倍晋三内閣総理大臣が打ち出した経済政策「アベノミクス」の効果です。日銀の金融緩和政策によって円の供給量が増えたことで、恣意的に円の価格が下がりました。

もう一つは、米国FRB(アメリカの中央銀行をつかさどる連邦準備理事会)のイエレン議長の発言の影響です。年内利上げを示唆する声明を発表したため、一気にドルが買われやすくなりました。

こうして、日米両国の政策が一致。それまで市場が極端な円高に傾いていた反動も相まって、円安・ドル高が爆発的に加速する結果になりました。

今後円高に傾く可能性は?

90年代のデータをひもとくと、およそ3~4年周期で円安・円高のサイクルが繰り返されていることが分かります。この流れで行けば、2015~2016年頃に再び円高に戻る可能性が考えられます。
USD_JPY_2しかし、チャート上に線を引いてみると、現在の円安の流れはトレンドラインを明らかに上抜いています。2020年には東京オリンピックが控えており、日本経済に追い風が吹いていることからも、これまでとは異質な長期的な円安の流れになる可能性があると予想する専門家が少なくありません。2002年以来の1ドル130円台に突入するのは時間の問題でしょう。

ただし、為替相場には政治の力が絡んでくることを忘れてはいけません。円安が一方的に進めばアメリカ経済にも悪影響を及ぼすため、米国政府もいつまでも容認し続けてはくれないでしょう。130円前後を目途に、介入によって再び為替市場が円高に傾く可能性は十分にあり得ます。特に、2015年下半期~2016年には注意が必要です。

もしも急激な円高基調に便乗することが出来れば、FXトレーダーにとっては大儲けのチャンスです。政府筋の圧力はテクニカル分析だけでは絶対に予測できないので、常日頃からチャートだけでなく世界経済のニュースにも気を配ることが大切です。

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

日米同日の金融政策イベント終了!利上げ見送りやドイツ銀行の経営不振等で揺れる為替相場の今後の展望を探る!

日米の金融政策の結果
2016年9月21日の午後1時頃、日銀の金融政策決定会合の結果が発表されました。これまでの金融政策の総括的検証を行った日銀は、-0.1%のマイナス金利を現状維持、長期金利を0%程度まで戻す「イール …

FXの重要用語解説 「雇用統計」

雇用統計
雇用統計は、その国の労働省が公表する雇用情勢関連の統計データです。労働者数や失業率などの数値は、その国の景気の先行きを見極める際の判断材料になります。
世界中の国々が定期的に雇用統計を発表していますが、中でも …

このままトランプ政権への期待感が後退すれば円高トレンドの再来か!?4月の為替相場の展望を探る!

出典:TheIntercept
3月のドル円相場について
2017年3月のドル円相場は、利上げへの期待で一時115円台に達した局面が見られたものの、FOMCでの利上げ発表後は一気にドル売りが進んで円高に傾斜しました。3 …

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その2

前回はMetaTrader4に実装されているテクニカル指標の中から、「トレンド系」のインディケーターの使い方をまとめました。今回は、「オシレーター系」のテクニカル指標の見方についてご紹介いたします。
オシレーター系とは? …

FXの重要用語解説 「FOMC」

出典:Federalreserve
FOMC
FOMCは”Federal Open Market Committee”の略で、日本語では「連邦公開市場委員会」と訳されます。短期の金融政策を決定するアメリカの最高意思 …

コラム
すべらないFX業者の魅力を比較・徹底検証!

最近ではうれしいことにFX会社の低スプレッド化が進んで、一部の業者などではドル円のスプレッドが0銭~という驚異的な水準での取引を提供していますね。
しかし、スプレッドが低くても薄商い時や相場が大きく変動するときなどスリッ …

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

出典:David Cameron
日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました …

人民元ショックは何故起こったのか?原因と今後の展開を考察

ここまでの人民元ショックの経緯
事の発端は、中国人民銀行が8月11日に発表した人民元切り下げ政策でした。前日から約1.8%切り下げられ、1ドル=6.2298元に。しかも人民元の切り下げは12日以降も実施され、11~13 …

iPadでFXを試してみた

2010年5月28日に発売されたiPad。金熊は先行予約をしていたので発売当日に郵送で届きました。こちらです。

カッコいいですね。そして、早速iPadでFX取引ができるのか試してみました。

ローソク足チャートの基本的な見方まとめ その1

一般的に、テクニカル分析は移動平均線やMACDなどのテクニカル指標をチャートに適用して行われます。テクニカル分析は投資家にとって必要不可欠なスキルですが、それぞれの指標の使い方を正確に把握していないとどのように値動きを予 …