2015/08/07

自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介!!

ここ数日少し調子を落としてきている金熊です。

そこで過去の取引履歴など眺めながらふと思ったのですが、落ち着いてじっくり見ていると結構取引のクセと言うか、偏りのようなものがあるものです。

トレードがうまくいっている時は比較的気づきにくいのですが、よく見てみるとここ最近稼げてる気がしてたドル円が数字で見ると実はほぼ横ばいであったり、ポンド円では負け越してると思っていたのに意外とプラスであったり、、、、、。

そういった自分の取引の傾向やクセなどはやはり把握していたほうが安定した取引ができそうな気がします。そこで、本日は自分のFX取引を振り返って分析できるツールを紹介してみようと想います。

今日紹介するのは厳選した以下3つのFX自己分析ツールです!

マネーパートナーズの「トレードレポート」
FXプライムの「勝ちパターン分析」
アイネットFXの「取引分析」

:::マネーパートナーズの「トレードレポート」:::

マネパのトレードレポート通称トレポは

・多角的な観点からの分析
・客観的な数値データの提供
・第3者視点でのアドバイス

を特徴とした自己分析ツールです。

と、これだけじゃよくわからないので画像を交えてご紹介します。

上の画像のようにまずは「トレンドタイプ」「バランスタイプ」「短期タイプ」「利小損大タイプ」といった具合に自分の取引スタイルを第三者の視点から導き出してくれます。その次にどのように成績を出しているかグラフで、さらにその細かい内訳までを表示してくれます。アドバイスもついていますが、その辺は話半分程度に見た方がいいのかな?最終的には自己責任の取引ですからね。

高機能な取引ツールを多数揃えているマネパにしてはややシンプルめな感じです。ただ、この分析を見ることである程度自分のトレードのクセや苦手な部分が見えてくるのでは?

このマネーパートナーズの「トレードレポート」はマネパに口座を保有している人で、月に50回以上の取引をしていることが利用条件となります。まあ、取引していないと分析のしようがないですからね。

マネーパートナーズ

:::FXプライムの「勝ちパターン分析」:::

続いてはFXプライムが自信を持って提供する高機能自己分析ツール「勝ちパターン分析」です。

「勝ちパターン分析」では自分の過去の取引履歴などをチャート上に表示したりしながら視覚的に分析を行なっていくことが出来ます。

さらに「買い」や「売り」、「勝った」か「負けた」かのデータなどを細かく集積し、最終的に自分にとっての勝ちパターンを見つけてくれるという優れた機能を持っています。

この「勝ちパターン分析」の素晴らしいところは、自分の取引のクセなどを確認さしてくれるだけに留まらず、どうすれば勝てていたのかというデータも示してくれるところです。過去の負けトレードで逆張りしていたらどうなっていたかのシュミレーションなど、興味深い分析までしてくれるのはさすがFXプライムと言ったところでしょうか。

FXプライム

:::アイネットFXの「取引分析」:::

さて最後はアイネット証券FXの「取引分析」です。

話は逸れますが、このアイネットFXは比較的後発のFX会社のためか、なぜかあまり話題に上らないんですよね・・・・。取引条件から取引ツールの使いやすさまで実は隠れた実力派なんですよ。雰囲気で例えると外為オンラインに近いような感じでしょうか?

で、アイネット証券FXの「取引分析」なのですが、こちらは自己分析ツールと言うか、「i-NET TRADER」に搭載された自己分析機能と言った方が良さそうかな。

「取引分析」の機能を簡単に説明すると、①口座状況を「決済損益」「売買損益」 「スワップ損益」の3つのグラフにして表示する機能と、②「エントリー売買区分比率」「利食い・損切り比率」「注文方法比率」「取引通貨ペア比率」「利用チャネル比率」の5つの比率を円グラフとして表示してくれる取引比率グラフ機能となります。

↑①の口座状況は現在の自分の状態を視覚的に確認できるという事ですね。それよりも役に立ちそうなのが↓②の取引比率グラフ機能です。

こちらからは自分が「どの通貨ペアで」、「売りと買いどちらで」、「どのような注文方法で」取引したかなどを分析することができます。マネパの自己分析「トレードレポート」と似たシンプルな分析ですが、トレードの参考には十分に使えそうです。

アイネットFX

・・・・・・・・・

マネーパートナーズの「トレードレポート」
FXプライムの「勝ちパターン分析」
アイネットFXの「取引分析」

以上3社の自己分析ツールを簡単にまとめてみました。他にも似たようなサービスを提供するFX業者が無いわけではありませんが、今のところ実用的と言えるのは以上の3社でしょうね。

ちなみにMT4なんかではこのような機能が最初から搭載されていたりしますので、システムトレードツールとしてだけでなく、分析ツールとしても使えたりします。せっかくなので使いこなしましょう!

自動売買シストレツールを比較してみました!→おすすめFX自動売買業者比較
話題のiPadでFXを試してみました!→iPadでFXへ。
操作がスムーズでスピーディなiPhoneでの取引レビューです。→iPhoneでFXへ。
快適にトレードするならすべらないFX
低リスク取引でFXを始めたい方は1000通貨単位FXを参考に
Android(アンドロイド) FXアプリを比較してみました!

お得な口座開設キャッシュバックランキング
FX業者選びは最新FXランキング

金熊が注目する自動売買ツール提供会社!
インヴァスト証券・FX24→注目株の自動売買ツール・シストレ24が今熱い!
サイバーエージェントFX→ついにサイバーFXでもMT4を提供開始!
FXトレード・フィナンシャル→オートFXとMT4の2種類のシストレツールを使える!
FXCMジャパン証券→世界的なトレードツールとシストレツールを使うならここ!
ひまわり証券→初心者でも簡単・選ぶだけのエコトレFXが大人気!
          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

アメリカが原油の輸出を解禁!株式取引・FXへの影響は?

アメリカが原油の輸出解禁に至った経緯
先週の12月18日に、アメリカの上下両院にて原油輸出解禁措置を含んだ2016会計年度歳出法案が可決されました。
アメリカでは1970年代以来、石油危機の影響で原油の輸出が禁止されて …

10月25日~11月1日に海外市場の夏時間(サマータイム)が終了!FXの取引時間が変わります

これまで英国・米国市場では夏時間(サマータイム)が適用されていましたが、10月25日に英国市場が、11月1日に米国市場が標準時間に移行します。それに伴い、FXや海外株式の取引時間が若干変更されます。スワップポイントの反映 …

自動売買ツール提供FX業者を比較してみました

最近、システムトレードだとか自動売買なんて呼ばれる取引方法がよく使われているようです。
そのようなシストレツールを提供するFX業者が元々いくつか存在していたのは認識していたのですが、ここ数年でその技術もかなり向上した様子 …

コラム
テクニカル分析の方法と基礎知識

為替相場で使えるテクニカル分析のいろは
FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなどなど、売買に関する悩みはつきないと思います。

すぐに使えるバイナリーオプション攻略法!【みんなのバイナリー】

>>みんなのバイナリーの公式サイトへ行く
トレイダーズ証券が提供しているバイナリーオプション・「みんなのバイナリー」は、わずか50円から投資に参加できる取引サービスです。
トレーダーが行うことは、基本的に相場の値動きの …

FXの重要用語解説 「総合課税と分離課税」

FXの税金
先週の2月16日から確定申告の受付がスタートしたので、FXにかかる税金について改めて考えてみましょう。
FXには取引手数料やスプレッドなど様々なトレードコストが存在しますが、実は最も厄介なのが「税金」です。 …

バイナリーオプション取引が面白い!比較してみました

バイナリーオプション(BinaryOption)取引はご存知ですか?
バイナリーオプション取引とは、指定された時間、例えば今から一時間後にドル円のレートは今より「High」高くなっているか?「Low」安くなっている か? …

フランス大統領選挙を経てドル高・円安へトレンド反転したドル円相場!今後注目すべきイベントは?

出典:getsurrey
フランスのEU離脱への懸念、米軍のシリア空爆、北朝鮮問題の緊迫化など様々なリスク要因によって108円台まで円高が進んだ4月のドル円相場。このまま本当に米国と北朝鮮が武力衝突すれば東アジアは大惨 …

iPhone(アイフォーン)に対応のFX会社、取引ツールを検証

iPhone対応のFX会社はちょっと前まではほとんど無かったけれど、このところiPhone対応に力を入れ始めている業者がいくつか出てたきたので少し紹介。
【iPhoneでFX取引に対応している会社(2011年4月現在)】 …

海外FX業者をお勧めできない3つの理由

FXは日本独自の金融取引サービスではありません。世界各国にブローカーが存在しており、口座を開設すれば海外の業者を経由してFX市場に参加することもできます。
しかも、海外のFX業者は日本国内のFX業者より遥かに優れたスペッ …