2015/08/04

自動売買ツール提供FX業者を比較してみました

最近、システムトレードだとか自動売買なんて呼ばれる取引方法がよく使われているようです。

そのようなシストレツールを提供するFX業者が元々いくつか存在していたのは認識していたのですが、ここ数年でその技術もかなり向上した様子です。今では誰でも使いこなせるような簡単なツールから自分でプログラムを組んで行うかなりハイレベルなシストレツールまで、自分のレベルに合った自動売買ツールを選択できるようになりました。

金熊は基本的には裁量取引が中心なのですが、取引方法の選択肢としてこのような自動売買ツールの知識についても、少しまとめておいておこうかと思います。

と、言うわけで自動売買ツールを提供するFX業者一覧です。

FX会社 ツール名 特徴
インヴァスト証券 FX24 ・シストレ24(ミラートレーダー) 選択型
サイバーエージェントFX ・メタトレーダー4 選択型
ひまわり証券 ・エコトレFX 選択型
FXトレード・フィナンシャル ・オートFX
・MT4
選択型
FXCMジャパン ・ミラートレーダー
・MT4
選択型
IGマーケッツ証券 ・トレーディングセントラル 選択型
フォレックスドットコム ・MT4 選択型
マネックスFX ・マネックスJoo 選択型、プログラム
マネーパートナーズ ・ハイパースピードNEXT 簡単プログラム
マネースクウェアジャパン ・トラップリピートイフダン 簡単プログラム
セントラル短資FX ・クイックチャート・トレード

・みらいチャート

シグナルのみ
みんなのFX ・みんなのシストレ シグナルのみ
FXプライム ・ぱっと見テクニカル シグナルのみ

現在実用面でおすすめな感じの自動売買関連ツールを提供しているのは以上のFX会社です。

ちなみに「選択型」とはあらかじめ用意された売買プログラムを選ぶだけという一番シンプルなタイプで、シストレ初心者はまずはこのタイプがよろしいかと。

プログラム型は自分で取引ルールを設定するのでやや、敷居が高く上級者向けかも、、、、?でも、マネパやマネースクウェアジャパンは結構簡単なので、中級者向けくらいですかね。

シグナルのみとは、厳密には自動売買ではなく、売買のタイミングだけを示してくれるツールです。売買のタイミングは機械的に決めて、約定ボタンは自分でクリックという感じなので、半自動売買とでも認識しておくと良いかも。セントラル短資FXの「クイックチャージトレード」とFXプライムの「ぱっと見テクニカル」は秀逸過ぎて金熊も愛用中です。

では、この中から特にオススメなシストレツールを紹介してみます。

インヴァスト証券・FX24「シストレ24」

インヴァスト証券のFXではシストレ24という自動売買ツールが用意されています。無料で利用できて500種類の売買ストラテジーの中から自分で選んでポートフォリオに入れるだけです。

基本的には、用意されている売買システムの中から、自分好みのシステムを選択して稼働させるだけです。

左側にある「ストラテジー検索」から条件を設定して検索ボタンを押せばズラッと条件に合ったストラテジーが抽出されるのでそこからワンクリックで選ぶだけ。たったの2~3クリックで自動売買が出来てしまいます。

シストレ24へはコチラから

———————————–

ひまわり証券「エコトレFX」

ひまわり証券のシストレ口座で利用できる「エコトレFX」です。こちらの特徴も無料で簡単、選ぶだけ。

基本的には、用意されている売買システムの中から、自分好みのシステムを選択して稼働させるだけです。

あとは自動で売買がスタート。自動売買が初めての方には、まずはひまわり証券がおすすめです。

ひまわり証券へはコチラから

—————-

FXトレード・フィナンシャル「オートFX」

FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」ではミラートレーダーを使用した自動売買ツールです。

ミラートレーダーとはトレーデンシー社によって開発されたシストレツールで、独自のスコアリングであるTスコアなどの便利なオリジナル機能が世界中で高い評価を受けています。

「オートFX」では、そのミラートレーダーの機能がそのまま利用でき、なおかつマット今井こと今井雅人氏の「マット式ストラテジー」などのFXトレード・フィナンシャルオリジナルのおまけも使えるのが魅力。

取引は非常に簡単で、基本的な操作はシステムの検索、選択、稼働、という2~3ステップでOK。コチラもシストレ初心者でもすぐに自動売買が始められる、超簡単仕様です。Tスコアとは各ストラテジーの成績表のようなもので、ストラテジーの選択はTスコアを
参考にすると便利。「オートFX」もひまわり証券の「エコトレFX」同様に、最初のシストレツールとしておすすめ!

FXトレード・フィナンシャルはコチラから

—————-

マネーパートナーズ「ハイパースピード ネクスト」

マネパが提供を開始した自動売買が可能な多機能ツール「HyperSpeed NEXT」です。

こちらはストラテジーを選択するだけではなく、自分で条件を設定してオリジナルのストラテジーを組み立てるタイプです。難しそうに感じられるかも知れませんが、プログラミングの知識などは必要なく、実は結構簡単に設定可能。もちろん、ちゃんと利益が出せる戦略を構築できるかどうかは、独自の力にかかっていますけれど。

マネーパートナーズの「ハイパースピード ネクスト」はシストレ専用ツールではなく、シストレも使えるというツールです。はっきり言って万能なので、シストレ云々は別にしても利用できるとFX取引に大きな武器となるのは間違いありません。シストレトレーダーというよりは、全てのFXトレーダーにおすすめの超高機能ツールです。

マネーパートナーズFXへはコチラから

—————-

マネースクウェアジャパン「トラップリピートイフダン」

マネースクウェアジャパン「トラップリピートイフダン」、通称トラリピは自動売買ツールと言うか、注文・自動発注機能です。

「トラップリピートイフダン」機能はM2Jが特許を取得しているオリジナルのサービスで、一度設定すれば想定レンジ内で相場が動いている限り、常に収益チャンスを捉えることが可能な形で発注が行える機能です。

「トラップリピートイフダン」以外にも、「リピートイフダン」、「ダブルリピートイフダン」、「トラップトレード」、などの便利な注文・自動発注機能は利用できるので、一度試してみて下さい。

マネースクウェアジャパンへはコチラから

—————-

利用価値の高そうな自動売買ツールを簡単にまとめてみました。それにしても最近はシステムトレードといい、バイナリーオプション取引といい、便利で興味深いトレード手法が増えてきました。まだまだ、これからもFXが楽しめそうです。

今人気!→バイナリーオプション取引を比較!
話題のiPadでFXを試してみました!→iPadでFXへ。
操作がスムーズでスピーディなiPhoneでの取引レビューです。→iPhoneでFXへ。
快適にトレードするならすべらないFX
低リスク取引でFXを始めたい方は1000通貨単位FXを参考に
Android(アンドロイド) FXアプリを比較してみました!

          

金熊が断言!必ず持つべきFX口座はこの2社だ!!


米ドル円スプレッド0.3銭原則固定でトレードコストを抑えつつ、約定スピードが早く指定した注文レートで約定する環境が素晴らしい!!
IT系企業のFX業者だからiPhone・Androidアプリが秀逸!!スマホからもサクサクトレードできます!!
→ GMOクリック証券の公式サイトへ 公式サイトはこちら


全通貨ペア業界最安水準のスプレッドの提供で、一昔前とは打って変わってハイスペック業者へと大変身した外為どっとコム。約定スピードも最速0.009秒で注文して即約定!スピードレスポンスな取引環境が手に入れるなら外為どっとコムは外せないFX口座です。
→ 外為どっとコムの公式サイトへ 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9
    follow us in feedly

  関連記事

FX初心者必見!テクニカル指標の基本的な使い方まとめ その1

FXトレードの勝率を高めるうえで、テクニカル指標を用いたテクニカル分析は必須です。市場の動向を統計学的計算によって分析すれば、勘や運任せではなく理にかなった取引を実践できるようになります。
本来、そのスキルを確実に習得す …

米国の追加利上げ見送りにより円高圧力が強まるのか!?今後の為替相場の展望を予想!

出典:David Cameron
日本時間3月17日の午前3時頃、FOMC(米連邦公開市場委員会)終了後の政策金利が発表されました。大方の市場予想通り、金融政策は現状維持となり、追加の利上げは見送られることになりました …

歯止めがかからない円高相場に為替介入はあるのか!?今後の展望を探る!

出典:The Indian Express
日本政府が為替介入に踏み切る可能性は?
2016年4月14日(日本時間15日早朝)に、G20(財務相・中央銀行総裁会議)がワシントンで開幕しました。ここ数か月の間に急速に進む …

日銀が初めて導入に踏み切った「マイナス金利」とは?今後の相場はどうなる!?

出典:YouTube
2016年1月29日、日銀の黒田総裁が金融政策決定会合にてマイナス金利の導入を決断しました。FRBやECBが利上げ・追加緩和に向けて積極的に動いている今、日銀も急激な株安・円高に対処するために何ら …

コラム
高レバレッジ規制 -上限20-30倍はやりすぎ!?

前から言われていたことがついにきたという感じ。
FX、投機的取引に規制 金融庁、証拠金倍率20-30倍上限に(NIKKEI NET)
記事の内容は以下の通り。
金融庁は個人投資家に普及している金融商品「外国為替証拠金取引 …

バイナリーオプション取引が面白い!比較してみました

バイナリーオプション(BinaryOption)取引はご存知ですか?
バイナリーオプション取引とは、指定された時間、例えば今から一時間後にドル円のレートは今より「High」高くなっているか?「Low」安くなっている か? …

2016年の大納会は1万9114円で取引終了!2017年の相場はトランプ大統領次第で日経平均株価2万円台、1ドル120円超えの株高・円安展開か!?

本日12月30日は2016年度の大納会です。日経平均株価は前日終値から30円安の1万9114円で今年の取引を終了。ドル円は15時時点で1ドル116.6円台を推移しています。
振り返ってみれば、今年の相場はジェットコースタ …

コラム
テクニカル分析の方法と基礎知識

為替相場で使えるテクニカル分析のいろは
FXの取引でどこで相場にエントリーして良いのかわからなかったり、利食いポイントを知りたいなどなど、売買に関する悩みはつきないと思います。

日銀ショックに揺れるドル円相場!今後の為替相場の展望を探る!

2016年4月28日の正午頃、日銀が金融政策決定会合後に発表した追加緩和見送りの一報により、ドル円相場が崩壊しました。
公表からわずか数分のうちに、為替レートが111円台から108円台へ3円も円高に傾斜。その後開かれた黒 …

Andoroid FXアプリを比較してみました!

googleの携帯用OS Andoroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォンが現在大人気です。
FX各社がここ1年ほど iPhone FXアプリを充実させて来ていましたが、最近ではAndoroid用FXアプリをリリ …