2017/09/30

マイナンバーカードの「自治体ポイント」で全国の特産品を購入できる通販サイト「めいぶつチョイス」が遂にオープン!使い方&マイキーID作成手順まとめ!

2017年9月25日、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営しているトラストバンクが画期的な通販サイトをリリースしました。その名も、「めいぶつチョイス」!牛肉や野菜、フルーツ等、全国の名産品が取り扱われている点ではふるさとチョイスと似ていますが、クレジットカード決済だけでなく「自治体ポイント」を使って買い物が出来る点で一線を画しています。しかも、過熱する返礼品争いに歯止めをかけるために総務省が自粛を要請した高級家電や家具なども商品として提供される予定であり、早くも関係者の間で話題沸騰中です。

自治体ポイントとは何か?どのように手続きを進めればいいのか?利用者が気になるめいぶつチョイスの使い方を具体的にまとめてみました。政府が推進している新スタイル通販サイトの魅力をとくとご覧ください!

自治体ポイントとは?

自治体ポイントは、その名の通り各自治体が独自に発行している行政ポイントです。地域で開催されているボランティア活動やラジオ体操などのイベントに参加すると付与され、貯まった自治体ポイントは公共施設の入場料や商店街での買い物などの支払いに充てることが可能。(1自治体ポイント=1円。)自治体ポイントを通じて地域の経済活動を促進する狙いがあります。

そして2017年9月25日から、マイナンバーカードと各種自治体サービスを連携させる「マイキープラットフォーム」の一プロジェクトとして、マイナンバーカードで自治体ポイントを管理できるサービスがスタートしました。

ICカードリーダライタでマイナンバーカードに付いているICチップの電子証明書を読み取らせてマイキーIDを設定すると、「自治体ポイント管理クラウド」にアクセスすることが出来るようになります。三井住友カード、三菱UFJニコス、JCB、クレディセゾンなどの各種クレジットカードのポイントや、日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)などの航空会社のマイル、NTTドコモや電力会社のポイント等をクラウド上で「地域経済応援ポイント」に一旦変更し、その後で自治体ポイントに移行・合算することができます。(有効期限はポイントの交換成立から300日間。)

マイナンバーカードの自治体ポイントは、地域の施設で使うだけでなく自治体のクラウドファンディングなどオンラインでも利用可能。今回サイトオープンした「めいぶつチョイス」もマイキープラットフォーム構想の一環であり、政府はより一層のマイナンバーカード普及に力を入れています。

ややこしいので整理すると、マイナンバーは確定申告等の際に提出しなければならない12桁(法人は13桁)の数字であり、通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)に印字されて自動的に各自に割り振られます。一方、マイキーはマイキープラットフォームの各種サービスを利用する際に必要な8桁の英数字であり、マイナンバーカードを持っている方が任意で作成できるIDです。全く別物なので混同しないように気を付けてください。

ちなみにマイキープラットフォームを活用すれば、マイナンバーカードで図書館の本を借りることも可能です。公共施設の利用カードを1枚にまとめられ、財布の中でカードがかさばる心配が無くなります。2018年2月頃には、マイナンバーカードを利用できるiPad・Androidタブレット端末向けアプリも配信開始予定であり、マイナンバーカードの利便性がさらに向上しそうです。

→マイナンバーカード発行手順について

めいぶつチョイスの利用手順

さて、それでは実際にめいぶつチョイスで買物する手順を見ていきましょう。

まずはサイトにアクセスし、会員登録を行いましょう。ふるさとチョイスの場合は会員登録しなくても寄附を行うことは可能でしたが、こちらでは自治体ポイント連携の兼ね合いから会員登録が必要です。(ふるさとチョイス会員の方は、同じIDとパスワードでログイン可能。)
新規登録ページにアクセスし、自分のメールアドレスを入力して「プライバシーポリシーに同意します」のチェックボックスをオンにして「登録確認メールを送信」ボタンを押してください。

登録したメールアドレス宛てにメールが送られてきます。記載されているリンクをクリックして、本登録を行いましょう。


ログイン用パスワード、氏名・住所・電話番号・メルマガ登録の有無(任意)を入力し、「プライバシーポリシーに同意します」のチェックボックスをオンにして「登録内容を確認」ボタンを押してください。

入力した内容に不備が無ければ、そのまま「登録する」ボタンを押しましょう。

これで会員登録は完了です。


ログインしている状態で商品を探しましょう。地域やキーワード検索などの機能を駆使して、日本全国から寄せられた素敵な特産品を閲覧することができます。

意中の商品に巡り合えたら、「カートに入れる」ボタンを押しましょう。

ショッピングカート一覧画面で「購入する」ボタンを押せば、注文手続きに移行します。

商品を届ける住所や氏名、連絡先などの必要事項を入力し、「お支払いにすすむ」ボタンを押してください。

支払い金額を確認し、決済方法を選択します。「ポイントを利用しないで進む」を選択すれば、自治体ポイントではなくクレジットカード決済を選択することもできます。


最終確認画面で「上記、お申込み前の注意事項に同意します」のチェックボックスをオンにして「注文を確定させる」ボタンを押せば注文完了です。

注文手続き完了後、注文確認メールが届きます。あとは、商品が到着するのを待つだけ。一般的な通販サイト同様、非常に簡単な手続きで魅力的な特産品を購入することができます。

自治体ポイントを活用してめいぶつチョイスを利用する手順

自治体ポイントを使って買い物するためには、マイキープラットフォームでの登録作業が必要となります。

マイキープラットフォームのポータルサイトにアクセスしたら、「マイキーID作成·登録準備ソフト」をダウンロードして起動しましょう。(推奨ブラウザはInternet Explorer11。他のブラウザを使うと、以後の作業に支障が出る恐れがあります。また、Internet ExplorerのActiveXフィルターもオフにしておきましょう。)


注意!!!
一時ファイルの位置をデフォルトから変更しているパソコンだと、InstallShield Wizardが正常にインストール作業を完了してくれない可能性があります。もしもインストールが途中で止まってしまって進まない場合は、システムのプロパティ→システムの詳細設定→環境変数をチェックし、「ユーザー環境変数」・「システム環境変数」両方の「TEMP」、「TMP」を「編集」で「%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp」の位置に戻してください。RAMディスクを使っている場合はそれも解除した方が無難です。インストールできないだけでなく×ボタンを押してもウィンドウが消えず、タスクマネージャを起動して強制終了するしかないので結構厄介な症状です。

インストールが無事に完了したら、次はマイキープラットフォームの「マイキーIDの作成・登録」ボタンをクリック。パソコンと接続したICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットし、利用証明用電子証明書パスワード(4桁)を入力してください。(マイナンバーカードを発行する際に登録したパスワード。)

マイキーIDを作成します。自動生成または手動作成(8桁)の好きな方を選択することができます。考えるのが面倒だったら、自動作成に任せましょう。

マイキープラットフォームの利用者マイページログイン用パスワードを登録しましょう。こちらはちゃんと自分で考えて決めなければいけません。並びに、自治体ポイント管理クラウドからメールを受けるためのメールアドレスを登録してください。

地域経済応援ポイントを自治体ポイントに移行する際の「基本自治体ポイント口座」を設定します。どの地域を選んでも構いません。全ての作業が終わったら、「登録」ボタンを押してください。

マイキープラットフォームの利用者マイページに移動しましょう。

地域経済応援ポイント移行用などのサービスID設定画面で、「めいぶつチョイス」のロゴをクリックします。

「めいぶつチョイス」のログインIDとパスワードを入力すれば、サービスIDが連携されます。以後、「めいぶつチョイス」のマイページで保有している自治体ポイントなどを確認できるようになります。

めいぶつチョイスを使ってみた感想

めいぶつチョイスのサイトは非常にシンプルな仕様になっていて使いやすいですが、マイキープラットフォームの方にやや難がある印象を受けます。手続きが非常に煩雑で時間がかかる上に、そもそもICカードリーダライタが無いとマイキーIDを作成できないので、これならマイナンバーカードを使わずにそのままクレジットカード決済した方が楽なのでは?とも思ってしまいました。(笑)ちなみにマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタは、家電量販店やAmazon、楽天といったインターネットショッピングサイト等で1,000~5,000円程度の価格で販売されています。

→マイナンバーカード読み取り対応ICカードリーダライタ一覧

まだサービスがスタートしたばかりなので商品数が少ないのが残念ですが、裏を返せばこれからどんな特産品が追加されていくのか非常に楽しみでもあります。興味のある方は、めいぶつチョイスをチェックしてみてはいかがでしょうか。

めいぶつチョイスのサービスはふるさと納税ではないため、税額控除の対象になりません。

→めいぶつチョイスはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

ご当地アイスで気分爽快!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2016年版!【夏バテ対策食材・アイスクリーム編】

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「アイス」!うだるような暑さの続く夏場には、やはり氷菓を食べたくなるのが人の常です。 …

全国のブランドポークでグルメを満喫!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2016年版!【夏バテ対策食材・豚肉編】

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「豚肉」!お盆を過ぎれば夏の暑さもピークを過ぎますが、それでも日中の最高気温が30℃ …

ネットを驚愕させた南あわじ市の独立宣言から一年!「あわじ国」に寄付して素敵な特産品を貰おう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2017年版!

出典:youtube
皆さんは「あわじ国」という国の存在を御存知でしょうか?さかのぼること一年前、2016年の1月11日に、淡路島南部に位置している南あわじ市がとある突拍子もないプロジェクトを立ち上げ話題になりました。 …

2月14日はバレンタインデー♪ふるさと納税を活用してオシャレで美味しいチョコレート商品を貰おう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2017年版!【バレンタイン用スイーツ編】

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「バレンタイン」!毎年2月14日の聖バレンタインデー(Valentine&#8217 …

8月11日は「山の日」!おいしくて栄養豊富な山の幸を食べて夏バテに備えよう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2017年版!

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「山の日」!本日8月11日は、2014年に制定され2016年から施行された「山の日」 …

6月から酒の安売り規制がスタート!値段が上がってしまったビールはふるさと納税で確保しよう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2017年版!

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「お酒」!今月の1日から国税庁が酒の安売り規制強化に乗り出し、全国のスーパーでビール …

広島カープの25年ぶりのリーグ優勝を祝おう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2016年版!【広島県編】

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「広島」!9月10日に開催されたプロ野球の巨人‐広島戦で巨人を6‐4で下した広島東洋 …

お歳暮に最適!ギフト包み・熨斗(のし)対応のグルメセットをお世話になった方々に贈ろう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2016年版!【お歳暮編】

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「お歳暮」!日本では昔から年の暮れになると、仕事の関係者や友人・知人、親族などに1年 …

【速報】花咲徳栄高校が2017年夏の甲子園を制す!!!第99回全国高校野球選手権大会を盛り上げてくれた球児たちにふるさと納税でエールを送ろう!

全国の中から、ふるさと納税の特典が魅力的なエリアをピックアップ!寄付金の還元率が高い自治体をまとめてみました。
今回ご紹介するテーマは、「高校野球」!8月8日に開幕した第99回全国高校野球選手権大会は、本日23日に花咲徳 …

遂に総務省がふるさと納税の過熱する返礼品争いストップに乗り出した!規制される前に高級家電を手に入れよう!個人投資家におすすめのふるさと納税特典・2017年版!

ふるさと納税は、地方と都市部の税収格差是正を目的として2008年から導入された税制です。任意の自治体に寄付を行うと、寄付額から2,000円を差し引いた分の所得税や住民税が減額。しかも各自治体からお米やお酒など素敵な特産品 …