ビットコイン分裂により新仮想通貨「BCC(ビットコインキャッシュ)」が誕生!これから仮想通貨業界はどうなる!?

昨晩、2017年8月1日の午後9時20分頃、中国のマイナー業者がハードフォークを開始し、かねてから噂されていたビットコインの分裂現象が発生しました。分裂に必要な作業は現在進行形であり、まだ完了はしていませんが、世界最大規模の仮想通貨である「ビットコイン(BTC)」から「ビットコインキャッシュ(BCC)」という新たな仮想通貨が誕生する模様です。

ビットコインの分裂は何故起こった?

ビットコインは取引履歴をブロックチェーンという台帳にデータとして記録する仕様になっています。取引の際にこの台帳を参照することで整合性を確認できるので、通貨としての役割・信頼性が確立されています。

しかし、近年の仮想通貨ブームにより取引量が急激に増加。もはやシステムが対応できないレベルに達してきており、関係者の間で対応策を協議する事態となっていました。ビットコインの開発者グループは、台帳のサイズを変えずに書き込む文字を小さくして情報量を増やす「ソフトフォーク」という案を主張。しかし、この案が採用されればマイナー業者の受け取る手数料が減ってしまうため、マイナー業者側は当然反発。台帳そのものを大きくする代替案を主張することに。

「多くの報酬を手に入れたい」と画策するマイナー業者側と「少しでも手数料を減らしたい」と企図する会社側の対立が次第に鮮明化。結局解決策がまとまらず、世界最大の仮想通貨マイナー国である中国の関係者がビットコインの分裂という強行策に打って出ることになったのです。解釈の相違で分派が発生する宗教団体のように、仮想通貨の進歩は人類の歴史そのものを反映しているかのようです。

仮想通貨は特定の管理国・団体を持たない点に実在の通貨とは一線を画す利便性があります。しかし今回のケースで、中央機関が存在しないからこそ利害を巡って面倒な混乱が起きてしまうことが露呈してしまいました。ビットコイン分裂は起きないだろうとたかをくくっていた人々も、さぞ面食らったことでしょう。

仮想通貨業界は今後どうなる?

今回の分裂により、ビットコイン保有者には分裂直前のBTCの取引記録をもとにBTCと同じ枚数のBCCが発行され、併存して取引が続けられることになります。一見大儲けしたように見えますが、仮想通貨の価値は市場の需給バランスで全てが決定されるため、今後の流通次第で資産価値が下落する可能性も否定はできません。

実際、BTC/JPYはビットコイン分裂前後のタイミングに暴落し、一時30万台を割り込む動きを見せました。国内の仮想取引所は混乱回避のために、BTCの入金・取引など一部のサービスを一時停止。政府も利用者への迅速な情報提供を要請しています。

8月2日早朝時点ではそこまで目立った混乱はなく、トレーダーにとっては世間で騒がれているほど大したニュースではなかったと受け取られているのかもしれません。しかし忘れてはならないのは、ビットコインはオープンソースソフトウェアであり、理論上は誰でもオリジナルのビットコインコアから独自の仮想通貨を作り出すことが可能だということ。技術力のある団体が市場に揺さぶりをかけて、意図的にレートを操作するような事態も起こりうるのです。

ハードフォークの脅威が高まるたびにレートが桁違いの急変を繰り返すようでは貨幣としての安定性に乏しく、今後も仮想通貨が投機的な金融商品として扱われていくことは間違いないでしょう。株や為替より遥かに値動きが激しい仮想通貨取引は、まさにハイリスク・ハイリターンの筆頭。大儲けのチャンスが眠っていますが、まだまだ発展途上の分野ゆえにいつ不測の事態が起きるとも限らないので、仮想通貨を保有する際はくれぐれも経済ニュースのチェックをお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 11
    follow us in feedly

  関連記事

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」とは?仮想通貨を預け入れるだけで最大年率5%のインカムゲインを実現!

貸仮想通貨サービスとは?
2017年6月16日から、仮想通貨の取引サービスを提供しているコインチェック株式会社が「貸仮想通貨サービス」を再開しました。
→コインチェックの公式サイトで詳しく見る
貸仮想通貨サービスとは、 …

ハイパーインフレの続くベネズエラが「100,000ボリバル紙幣」の発行を計画中!仮想通貨は経済危機に苦しむ国民の救世主となるか!?

出典:DW.com
ベネズエラがデフォルト目前!?
南アメリカ北部に位置しているベネズエラ・ボリバル共和国が、世界中の金融関係者の間で話題に挙がっています。ベネズエラの経済は石油の輸出に大きく依存しており、近年の原油安 …

Zaif(ザイフ)はログインボーナスやコイン積立等のユニークなサービスに対応している取引所!【仮想通貨取引所比較】

レバレッジ倍率最大25倍のAirFX!
テックビューロ株式会社が2015年3月にリリースしたZaif(ザイフ)には、「AirFX」という仮想通貨取引サービスがあります。信用取引と違って取引価格が非常に現物価格に近いのが …

Kraken(クラーケン)は経済大国・アメリカ発祥の大手取引所!【仮想通貨取引所比較】

仮想通貨業界を牽引する技術力!
Kraken(クラーケン)は、2011年7月にアメリカのカリフォルニア州で設立されたPayward社が提供している仮想通貨取引所です。アメリカ、カナダ、イギリス、そして2014年10月に …

Z.comコイン by GMOは金融業界大手のGMOインターネットグループが手掛ける新興取引所!【仮想通貨取引所比較】

GMOインターネットグループが展開する仮想通貨事業!
Z.comコインは、2017年5月にサービス提供を開始した仮想通貨取引所です。運営会社は、2016年10月に設立されたGMO-Z.comコイン株式会社 。FX業界で …

coincheck(コインチェック)は12種類もの仮想通貨トレードに対応している取引所!【仮想通貨取引所比較】

シンプルかつユニークなシステム!
coincheck(コインチェック)は、コインチェック株式会社が2014年8月にリリースした仮想通貨取引所です。クレジットカード決済や指定の銀行口座に日本円を振り込むことで、簡単に仮想 …

bitflyer(ビットフライヤー)は国内ナンバーワンのビットコイン取引量を誇る老舗の取引所!【仮想通貨取引所比較】

仮想通貨取引所のパイオニア!
bitflyer(ビットフライヤー)は、株式会社bitFlyerが2014年4月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。近年業界を席巻している仮想通貨ブームが巻き起こる前から仮想通貨を取り …

bitbankTrade(ビットバンクトレード)は追証無し・最大20倍のレバレッジでビットコインの取引を行える取引所!【仮想通貨取引所比較】

圧倒的流通量と信頼性!
bitbankTrade(ビットバンクトレード)は、ビットバンク株式会社が2015年7月にリリースした仮想通貨取引所です。と言っても、トレーダーはbitbankTrade上で仮想通貨を取引するわ …

みんなのビットコインは17種類のテクニカル指標を搭載した高機能チャートを使える取引所!【仮想通貨取引所比較】

トレイダーズ証券グループが手掛ける仮想通貨事業!
みんなのビットコインは、2017年3月にサービス提供を開始した仮想通貨取引所です。運営会社は、2016年12月に設立されたみんなのビットコイン株式会社 。「みんなのFX …

南アフリカの罰金管理局Fines4Uが仮想通貨ビットコインで交通違反の罰金を支払えるサービスを展開!

出典:moneyweb
1BTC/JPYのレートが130万円を突破し、注目度がますます高まりつつある仮想通貨業界。そんな中、仮想通貨ビットコインを活用したユニークなサービスを行っている海外の団体が話題になっています。